« 前へ | Main | 次へ »
コレクションーその光と影−17
著名デザイナーと世界の有名人

 以前、パリコレでは著名なデザイナーと世界的な有名女優の仕事上での密接な繋がりがよく見られたが、昨今ではそうしたこともあまり見かけられなくなった。なんといっても有名だったのはユベールド・ジバンシーとオードリ・ヘップバーンだろう。ジバンシーはとくに、「ティファニーで朝食を」、「おしゃれ泥棒」「麗しのサブリナ」、「シャレード」など、世界的にヒットした映画で、主演のオードリーのために数多く衣装を製作している事でも知られる。
私は幸運にもジバンシーとは3度ほど一緒に仕事をさせていただいた。最初の仕事は80年秋冬オートクチュール”と81年春夏ヌーベル・ブティック”でのジバンシー来日コレクションだった。11月14日、ホテル・オークラでおこなわれたこのショーは、日本での本格的なパリコレとあって大成功裏に終わった。

  
ジバンシーの直筆サインとショースタッフからの誕生祝いのメッセージ
(Hubert de Givenchy 1980aw-Haute couture / 81ss-Nouvelle de Boutique)

そしてショー終了後の打ち上げ会場で、私がジバンシーさんに、「明日は私の誕生日ですので、このパンフレットにサインをしてください」と申し出ると、彼は笑顔で、およそ2メートル近くもある大きな体とは不釣り合いな、ほそい小さな文字でサインしてくれた。
そしてその後、パリコレの会場で顔を会わすと、いつも優しい笑顔で接してくれたのを思い出す。    

ジバンシーと私 (Hubert de Givenchy)

また「ジバンシー30年回顧展・華麗なモードの世界 THE GIVENCHY Show」 「83春夏コレクションオートクチュール,美は時の流れを超えて」で4月に来日したときは東京、大阪公演のスタッフとして一緒に参加させていただいた。
このイベントは、前年の82年にニューヨークで30周年記念のショーを開催し、翌年、日本で開催する事がきまっていたようだ。そしてオードリはこのイベントの名誉会長として初来日を果たしたのである。

オードリー・ヘプバーン (Audrey Hepburn)

この時のショーで、いまでも印象的に残っているのは、ショーのフィナーレで、ステージにスモークが漂い、ムーン・リバーの曲にのって、憧れのオードリ・ヘッブバーンが現れたときだった。私はもちろん、会場中が感動とため息で満ちあふれていたのをいまでも昨日の事のように憶えてている。オードリーがジバンシーへの感謝の言葉を述べると、ジバンシーもステージに登場した。私は無我夢中でカメラのシャッターを切ったが、興奮で自分の手が震えていたを憶えている。

ジバンシーとオードリ・ヘプバーン (Givenchy & Audrey Hepburn)

またジバンシー同様、イヴ・サンローランとカトリーヌ・ドヌーブも仕事上でのパートナーとして有名である。カトリーヌ・ドヌーブはサンローランのショーたびによく会場に姿を見せていた。


カトリーヌ・ドヌーブとイヴ・サンローラン( Catherine Deneuve & Yve Saint Laurent)

そしてエマニュエル・ウンガロとアヌーク・エーメ。ヴァレンティノ・ガラヴァーニとシャロン・ストーンなども有名である。もちろんコレクションには女優さんだけではなく、世界的な俳優や文化人、アーチストといった人たちも数多く訪れる。


エマヌエル・ウンガロ(上左中央前)とアヌーク・エーメ
(Emanuel Ungaro & Anouk Aimee)

ヴァレンティノのショーに世界的大スター、シルベスター・スターロンが訪れたときは、特にイタリア人カメラマンたちが大騒ぎしたのを思い出す。私もちゃっかりとカメラケースにサインしてもらった。

シャロン・ストーンとヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Sharon Stone & Valentino Garavani)

シルベスター・スターロンと私 (Sylvester Stallone)

そして世界的な歌手で女優のマドンナも、J.Pゴルティエやミラノのドルチェ&ガッバーナのショーに訪れる事も多い。


J.Pゴルティエとマドンナ (J.P Gaultier&Madonna)

やはりパリ・コレクションは世界の花形社交場であることにまちがいない。

 2015/03/28 09:55  この記事のURL  / 

« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール


大石一男 (おおいしかずお)
KAZOU OHISHI


写真家・フォトジャーナリスト

長崎市生まれ。大学卒業後、テレビ番組の制作に8年間携わる。1979年に初めてパリコレクションを撮影。以降、ミラノやロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルと世界のコレクションを長年に渡り撮り続ける。 東京ファションウィークには、第1回目からオフィシャルカメラとして参加。

2013年、第31回「毎日ファッション大賞」鯨岡阿美子賞受賞。著書に「カメラマンのパリコレクション」(読売新聞社)、おもな写真集に「Paris collection 1981〜2000」(新潮社)がある。

大石一男 オフィシャルサイト
http://www.kazouohishi.com/


2015年03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ