Main | 次へ »
日本の心・日本の絆 きものショー
美しい自然・彩りの着物

今年で7回目を数える東日本大震災復興支援チャリティー、
「日本の心・日本の絆」“美しき自然・彩りの着物” ショーが、5月31日
鎌倉・鶴岡八幡宮 直会殿と舞殿において開催された。
木々の緑と彩りの着物が織りなす舞台は、何ともドラマチックで爽やかな初夏のひとときを味あわせてくれた。



直会殿(なおらいでん)での、着物ショー










ショーのフィナーレ


舞殿(まいでん)への参道を歩くモデルさんたち


舞殿での奉納



 2017/06/02 16:25  この記事のURL  / 

KOREA BEST DRESSER 2016 Swan Award
2016年 韓国の各界で活躍したファッション・リーダーたち

12月12日夜、韓国ソウルで、老舗イベント会社”LINE C.C. Model Line”主催による
第31回 「KOREA BEST DRESSER 2016 Swan Award」の授賞式が、グランド・ハイアットホテルに600余名のゲストを迎え行われた。



グランドハイアットホテルの屋外に設けられたアイススケートリンク


レセプションホール


レセプションホールに設置されたスワンの氷像


人気女性アイドルグループ・"少女時代"のイム・ユンアさん


俳優のチ・チャンウクさん


男性アイドルグループの"B1A4"


(左)俳優のリュ・テジュンさん、中央は Model LINEの李会長、(右)俳優のジョ・ヨンウさん


韓国の著名なデザイナーの先生方。白い服は元SFAA会長のチン・テオク氏


授賞式会場

2016年、韓国で活躍した政治、経済、文化、スポーツ、芸能といった、8分野 (個人、グループを含む)の、男女のファッション・リーダーの方たちが受賞した。
日本でも人気がある「少女時代」のメンバーで女優のイム・ユンア、人気急上昇の若手男性ユニットグループ “B1A4”や女性グループの “SISTAR” が登場すると会場は興奮に包まれていた。



オープニングは「WHEE」のコレクションで幕開け



(写真左)司会は韓国の有名アナウンサーとモデルさん/
(右)韓国の有名なサキソフォン奏者


(左)経済部門受賞者 コーウェイ理事のイ・ヘソン氏/
(右)政治部門、ソン・ヒェウオン氏(中央)と国会議員のシム・ジェチョル氏(右側)


文化部門、ポップ・アーチストのイム・ジビン氏(左)とユン・ソクファ氏(右端)


(左)スポーツ部門、ゴルファーのチェ・ナヨン氏(女性)と空気拳銃選手のチン・ジョンオ氏/
(右)功労賞、ジャズ・アーチストのユン・ヒジョン氏


歌手部門、男性ユニットの"B1A4"と女性ユニットの"SISTAR"のメンバー


(左)挨拶する"B1A4"のメンバー/
(右)挨拶する"SISTAR"のメンバー


(写真左)俳優部門、チ・チャンウクさん(右)と歌手で女優のイム・ユンアさん(左)/
(右)挨拶するお二人、中央は韓国の有名俳優


(左)俳優のチ・チャンウクさん/
(右)女優で歌手の"少女時代"のイム・ユンアさん


(左)功労賞、グローバル・アチーブメントは、中国人女優のFEIRさん(右側)/
(右)モデル部門、イ・ビョンさん


授賞者と関係者の記念写真



会場で来客者全員に配布されたパンフレットに、恥ずかしながら小生の紹介が掲載されていました。



 2016/12/15 10:46  この記事のURL  / 

2017 春夏 Hat collection
2017春夏 Hat collection

暑い夏が終わったばかりですが、早くも2017春夏 “オートモード平田” (デザイン=石田欧子)が、Maison d’ H (メゾン・ドウ・アッシュ)で、10/12〜14日まで行われている。是非一度覗いて見てください。

会場:港区南青山7-14-2 連絡先:03-5774-1023

お問い合わせ先:オートモード平田



会場のMaison d’H


会場入口からの全景




デザイナーの石田欧子さん









 2016/10/13 13:08  この記事のURL  / 

世界のデザイナー高田賢三
15年ぶりに服をデザイン

8/18日は世界的なファッション・デザイナー高田賢三氏が、セブン&アイ・ホールディングスとコラボし、期間限定でオリジナルデザインした、
「SEPT PREMIERES by Kenzo Takada」(セッ・プルミエール)の展示発表会が”アンダーズ東京”で催された


ずらりと並んだ「SEPT PREMIERES」の商品





発表会はセブン&アイ・ホールディングス、そごう、西武の松本隆社長の挨拶ではじまり、賢三さんの花をイメージしたデザインポリシーなど、そして今回のCMソング”rever,(夢)”“を担当した小室哲哉氏、乾杯の音頭をデザイナーのコシノジュンコ氏と多彩な顔ぶれであった。


そごう、西武の松本隆社長



松本社長と賢三さん


作曲家小室哲哉氏と賢三さん


乾杯の音頭をとったコシノジュンコ氏と賢三さん


クールジャパン機構社長太田伸之氏(左)と元、Mr HIFASHION編集長 執行雅臣氏(右)


小生と賢三さん


CMソングをライブ演奏する小室哲哉氏とシンガーの大森靖子さん

なお商品の発売は本日8/19からイトー・ヨーカドー、西武、そごう系で販売される
 2016/08/19 12:53  この記事のURL  / 

追悼 写真家 ビル・カニングハム
ファッション写真家 Bill Cunningham

 私が写真家として最も敬愛するビル・カミングハム氏が25日、87歳で亡くなった。

60代のパリコレでのBill Cunningham

長年ニューヨーク・タイムスの写真家として活躍した彼は、ハーバード大学を中退すると、パリコレがまだオートクチュール全盛期の1952年、“ユーベルト・ド・ジバンシー”のショーを撮影してから現在まで半世紀以上にわたってパリコレを撮り続けてきた。

Hubert de Givenchy


そしてとくに彼の名を世に知らしめたのは何と言っても、パリコレの会場前で、訪れる人々のファッション・スナップや、地元ニューヨークでも愛用の自転車に乗り、道行く人々のファッション・スナップを撮ることだった。
いつも青い作業着のジャケットを着て、首からカメラをぶら下げてる彼の撮影スタイルは変わらない。
ニューヨークで自転車に乗って走る彼に一度遭遇し、声をかけると気軽にペダルから脚を離し、立ち話したのが懐かしく想い出される。

パリコレ会場入り口前で被写体を探すビル(奥の青いジャケット姿)


パリコレの入場制限は厳しいが、どんなメゾンでも彼だけはフリーパスだった。
それは彼の持つ人間性と、仕事への妥協を許さない厳しさにあったと思う。 
しかし普段の彼はいつも笑顔で優しい人だった。
ある時、ツーリストらしき人が、ビルと一緒に記念写真をお願いすると、彼は
“私は写真家だから、、”と丁重に断っていたのを憶えてる。
2010年には「ビル・カミングハム&ニューヨーク」という彼のドキュメンタリー映画が上映され日本でもヒットしたが、彼の知られざる一面を垣間見ることができた。
そして2008年にはフランス政府から文化勲章オフィシェも受けている。
今はただ彼の冥福を願ってやまない。

2013年10月、パリコレ会場前で

私は、パリコレの舞台で彼と一緒に仕事できたことを誇りに思うと同時に、彼の事を一生忘れない。
 2016/06/27 13:48  この記事のURL  / 

Main | 次へ »

プロフィール


大石一男 (おおいしかずお)
KAZOU OHISHI


写真家・フォトジャーナリスト

長崎市生まれ。大学卒業後、テレビ番組の制作に8年間携わる。1979年に初めてパリコレクションを撮影。以降、ミラノやロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルと世界のコレクションを長年に渡り撮り続ける。 東京ファションウィークには、第1回目からオフィシャルカメラとして参加。

2013年、第31回「毎日ファッション大賞」鯨岡阿美子賞受賞。著書に「カメラマンのパリコレクション」(読売新聞社)、おもな写真集に「Paris collection 1981〜2000」(新潮社)がある。

大石一男 オフィシャルサイト
http://www.kazouohishi.com/


2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ