« 前へ | Main
軍艦島デジタルミュージアム
迫力あるデジタルマッピング



「軍艦島デジタル ミュージアム」の外観、入口


「軍艦島コンシェルジュ」で行く島巡りを更に興味深いものにしてくれるのが、
松ケ枝の船着場から3分ほどのところにある、「軍艦島デジタルミュージアム」、ここでは当時の島の様子や島民の生活風景等を、かっての島民や多くの方々から提供された
5,000点にもおよぶ写真や動画を、館長自らコツコツと収集し、そこから3,000点余の写真をもとにコラージュの手法で当時の軍艦島の生活風景を再現していて一見の価値があります。館内の横幅30メートルにおよぶデジタルマッピングは迫力満点です。










上空から見た廃墟となった軍艦島の一部


アパート群


アパートのX型の階段でくつろぐ子供達




夏には花火も打ち上げられたそうです


また別コーナーでは炭鉱夫が使用したツルハシや靴、そして立ち入ることのできない
ところはドローンを駆使し、また島に上陸しても入ることができない場所や、アパートの内部を再現した部屋が当時の島民の生活を彷彿とさせてくれます。最盛期には5,000人超の住民が住み、世界一人口密度の高い島だったそうです。
船で行く軍艦島上陸とはまた一味違った、知らない世界の体験ができます。



作業を終えて戻って来た坑夫の人たち


ケース内の黒い塊は石炭の原石



忠実に再現されたアパートの部屋





坑夫が使用した作業靴





ミュージアムの3〜4階に設けられた端島神社



当時、長崎と端島、高島に就航してた、日本で初めての鉄造船、"夕顔丸"
奇しくも私の亡父は2代目の船長だったときいている。


ボードに書かれた"サヨナラ" の文字がなぜか切ない


生憎、天候に恵まれず船が欠航した際は、迷わずここへ行くことをお薦めします。

軍艦島デジタル ミュージアム 〒850-0921 長崎市松が枝町5-6
TEL:095-895-5000 Fax:095-895-5005
e-mail : info@ gdm.nagasaki.jp

軍艦島コンシェルジュ 〒850-0843長崎市常磐町1-60 常磐ターミナル102号 
TEL:095-895-9300 Fax:095-895-9550    
             http://www.gunkanjima-concierge.com/


 2017/06/20 17:13  この記事のURL  / 
当ブログに含まれるコンテンツを複製・転載・二次利用することを原則として禁止します。


« 前へ | Main

プロフィール


大石一男 (おおいしかずお)
KAZOU OHISHI


写真家・フォトジャーナリスト

長崎市生まれ。大学卒業後、テレビ番組の制作に8年間携わる。1979年に初めてパリコレクションを撮影。以降、ミラノやロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルと世界のコレクションを長年に渡り撮り続ける。 東京ファションウィークには、第1回目からオフィシャルカメラとして参加。

2013年、第31回「毎日ファッション大賞」鯨岡阿美子賞受賞。著書に「カメラマンのパリコレクション」(読売新聞社)、おもな写真集に「Paris collection 1981〜2000」(新潮社)がある。

大石一男 オフィシャルサイト
http://www.kazouohishi.com/


2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ