« 前へ | Main | 次へ »
コレクションーその光と影ー5
飛行機を停める    

前回につづき今回もミラノでの話です。
ミラノコレクションは、およそ1週間で70〜80人のデザイナーがショーを行い、1日に平均10前後のショーが行われます。私の場合、撮影するのは (可能なのは) 30人前後です。実際、総てのコレクションを一人で撮影するというのはほぼ不可能です。何故ならばコレクションの撮影は、基本的には1媒体にカメラマンは一人で、ショーはおよそ1時間ごとにあり、会場はフィエラだけでなくミラノ市内全域だからです。もちろんアシスタントなどはもってのほかです。
ただし有力メディアの中には複数の新聞、雑誌等を発行してる関係でその媒体ごとにカメラマンを申請してるところもあります。

Fiera di Milano (フィエラの 2006s/s ミラノコレの主会場入口)

そして何よりも大変なのが、それぞれのショーごとに移動する交通手段です。パリではメトロが発達してるので然程の不便は感じませんが、ミラノではそう簡単にはいきません。
タクシーに至っては、拾えればラッキーといったところです。

G.V.EmanueleU(ガレリア・V・エマヌエルU)

また各国のコレクションでは当然のこととして、絶対的に撮影しなければならない、いわば必須条件的なコレクションがあります。だからスケジュールがでると、そのコレクションを軸に、そこからその日の撮影予定をジャーナリストと決めるわけです。
もちろん撮影したくても、相手方からの招待状や許可が下りないこともままあります。この時が一番落ち込み疲れます。
また運良く招待状がきたとしてもこうした重要なデザイナーほど、フィエラの主会場ではなく、それぞれが独自にプライベートの会場でショーを行うため、前のショーが終わるやいなや真っ先に会場を飛び出しタクシー乗り場へと駆けつける訳です。

Castello Sforzesco (スフォルツエスコ城)

'80〜'90年代、ミラノの3Gといわれた、G・アルマーニ、G・ヴェルサーチ、GF・フェレがその代表です。フェレは私の記憶ではフィエラで2〜3回やりましたが、アルマーニとヴェルサーチがフィエラでショーをやった記憶はありません
今ではアルマーニさんだけが健在ですが、いつまでも元気でやって欲しいものです。

Duomo di Milano (ドウオモ)の夜景

さて前置きが長くなりましたが、今日の本題です。
ミラノが終わると、いよいよパリコレです。私は長い間、ミラノからパリへの
移動は朝9時40分発のAF1213便と決めていた。

その日もいつもと同じように、前夜予約していたタクシーが朝7時にホテルへ迎えに来ると、リナーテ空港へはいつものように30分ほどで着いた。
すでに出発カウンターには列ができている。
「おはよう!おはよう!」、周囲はコレクション関係の顔なじみの人達ばかりである。やっと自分の番にきたのでパスポートとチケットを差し出すと、
いかにもゲイの人らしいカウンターのスタッフが、両手を顔の前で併せ、首を傾げながら、「ああ、オオイシさん、すみません!、次のフライトにしていただけませんか?!、ダブルブッキングです!」

予期せぬ言葉に、「だめです!絶対この便じゃないと、パリですぐ仕事があるんです!」私は反射的にそう言った。

そしてそんなやりとりをしている私の背後から突然、
「大石さん、どうしたの?」と声がする。振り向くと知人のYさんが立っていた。彼は身長180センチ、体重120キロの巨漢である。
私がダブルブッキングされ困っていると話すと、彼は何を思ったか、いきなり日本語でゲイの彼にまくしたてた。余りの勢いに圧倒されたゲイのお兄さんは、「モメント(待って)、モメント!」と言うと、いきなり受話器をもって必死の形相で何やら早口で話しだした。
そして次の瞬間、私に首を大きく傾げ、差し出した手のひらの指を大きく曲げると、スーツケースをもって連いてこいという。慌てて私は彼の後に従った。

エレベーターを降り、行った先には誰も乗っていないリムジンバスが停まっていた。彼は私を誘導すると一緒に乗り込んで来た。どうなっているのか不安に思う私の思惑とは裏腹に、バスは滑走路前の駐機場めがけて走り出した。そして飛行機のすぐ横に停まったバスから私は降ろされると、急かされるままそのままタラップを上り機内へと入った。

何と予定のフライトより一つ前の飛行機に乗せらされたのである。

しかし私は機内に入った途端、異様な雰囲気を察した。乗客の冷たい視線と迷惑そうな顔が私にははっきりと解った。
座席に着くと、隣の席にいた売れっ子モデルのイヴ・サルヴォイユが、
「遅れてる人がいるので待っている、とのアナウンスがあったのよ。あなただったのね!」
えっ、ちょっと違うけど、まあ良いかと私は思った、、、

サンディカ(組合)発行の各シーズンのカメラマン証 (Paris)

各メゾン発行のカメラマンパス
(Paris)
参考までに私が何故9時40分発の飛行機にこだわるかというと、決して意地悪してるのではなく、丁度昼すぎにパリのホテルへ着き、運がよければそのままチェックインし荷物から解放される事はもちろん、何よりも撮影に大切なカメラマン証をパリコレの事務局へ受けとりに行かなければならないからである。
そして夕刻からは、今度はパリコレクションの撮影が始まる、、、


 2014/08/25 00:05  この記事のURL  / 
当ブログに含まれるコンテンツを複製・転載・二次利用することを原則として禁止します。


« 前へ | Main | 次へ »

プロフィール


大石一男 (おおいしかずお)
KAZOU OHISHI


写真家・フォトジャーナリスト

長崎市生まれ。大学卒業後、テレビ番組の制作に8年間携わる。1979年に初めてパリコレクションを撮影。以降、ミラノやロンドン、ニューヨーク、東京、ソウルと世界のコレクションを長年に渡り撮り続ける。 東京ファションウィークには、第1回目からオフィシャルカメラとして参加。

2013年、第31回「毎日ファッション大賞」鯨岡阿美子賞受賞。著書に「カメラマンのパリコレクション」(読売新聞社)、おもな写真集に「Paris collection 1981〜2000」(新潮社)がある。

大石一男 オフィシャルサイト
http://www.kazouohishi.com/


2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ