« 2011年07月 | Main | 2011年09月 »
Save the Earth ! - セヴァンの地球のなおし方 -
1992年、リオデジャネイロで行われた地球環境サミットで、弱冠12歳の
セヴァンスズキが伝説のスピーチをしたことを、私は最近、環境をとても大切に
考えていらっしゃる、素晴らしい考え方を教えてくださるかたから伺って
初めて知りました。

1992年当時の私はニューヨークに住んでいて、自分のデザイン学校での課題や、
これからのキャリアや、自分のことで頭がいっぱいでしたから、地球の環境のこと
など考える知性や人間性を持たない、とんでもない自分本位の未熟者でした
なので伝説のスピーチのような崇高なニュースや出来事は私の耳には
まったく届かなかったようです

その記録をインターネットで検索し、読んでみて、20年近く前に、この12歳の
少女が身を呈して訴えたのだと初めて知りました



                 セヴァン 撮影当時 29歳 (現在は31)




セヴァン 1992年12歳 伝説のスピーチの写真



そして、今年の震災後の今、このタイミングで、彼女が自分の子供たちの
将来に向けて、改めて危惧を訴えて創った映画を、観ることができました。

『セヴァンの地球のなおし方』

地球を救わなくては! というお世話的な考え方ではなく、
『地球は自力で生き残れる』と彼女は言います。
『私たちが望むのは、幸せで健康な生活です。大切なのは生活の質と健康。
そして子どもなんです。
だから私は、自己中心的に、自分たちをどう救うかを考えていきたい!』っと。

とてもナチュラルな考え方だと思いました
撮影から2年、今はとてもかわいい男の子のママです。

私たちひとりひとりが、自分と家族、これからの子供たちの生活の質と
健康を大切にすれば、結果的に地球は宇宙の力で自然の四季を繰り返し、
全ての生命は、頂いた命を自力で全う出来る

一緒に見に行ったHiromiさんと感想をシェア出来て、やはりこういう映画は
一人より、価値観の共有できる仲間と観にいくと、感性の相乗効果が
産まれますね。 シェアしてくれてありがとう。

原発の将来への影響、水や空気、土や作物へのの思いがけない
広範囲の汚染、子供たちやその先の人間達への体内被曝が
そこここで取りざたされ始めた昨今、余りにタイムリーなメッセージの
映画にガツンと衝撃を受けた作品でした。

映像が美しくて、英仏日の言葉が飛び交う中の音楽も素晴らしい。
渋谷のアップリンクというマニヤックな映画館もとてもチャーミング

でももう終わっちゃうみたいだね?

ぜひぜひ、DVDになったらチェックしてみてください。
私たち、自分の健康、生活、人、未来、そして住まわせて頂いている地球という
星をもっと大切にしようよっと思いますから


NORIKO K



 2011/08/29 10:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Personal Jewelry - 進化してます! -
私のジュエリーのテーマは『素敵に歳を重ねて愉しく成長する』 
『ボンヌ・マチュリテ』はワインになれる熟成した葡萄に与えられる称号です。

約1年前から、このテーマで新しい素材や発想のネックレスを創っています。

そして、その方その方のパーソナルカラー、パーソナルボリュームに併せて
約10色ほど展開してきました。
1点ずつその方に併せて、ビーズと金属の色を選び、ボリューム感を一人ずつ
の個性に併せて創っています。

ボリュームのあるデザインでも、顔映りのいい色を選べば本当にしっくり
その方になじんで、コーディネイトがすっきり!
ジュエリーが貴方の個性を輝かすためのいい仕事をしてくれるんです







今回はボルドーワインカラー(まさにボンヌマチュリテ)のネックレスが
似合いすぎるほど似合う(笑) 60代の女性から、おそろいのブレスレットと
ピアスを!というオーダーを頂きました。

1アイテムを気に入って頂いて、それに併せたものをオーダーして
いただくことは本当に嬉しいこと

まして、とてもお洒落で、ご自分のことを解っていらっしゃる方からの
お話ならやりがいもひとしおです。

私が今回描いたテーマは『落ち着いた輝きと大人のエレガントなかわいさ』
を表現すること。
しっかり人生のキャリアをかっこよくつまれて来ていらっしゃる、その方の
内面や在り方をジュエリーで表現したいと思いました。

なので、両方に天然石のスモーキークオーツをさり気なく使って上品さを、
ブレスレットはクラスプをクラッシクなトグルにして、2粒だけ光沢のビーズを
入れて耀きをプラスしました。
ピアスはシルバーにピンクゴールドのコーティング。
チェーンの使い方を左右アシメトリーにして、遊び心を表現しました。
また、他のアイテムや着ける方の個性を邪魔しないように、
あえてボリュームは抑えました。

『意外性』を感じていただければ嬉しいです


               

NORIKO K.


そして、3点着けしても、おそろい過ぎていやみにならないよう
さりげなく (このバランスがポイントですっ!)

果たしてその意図は表現できているでしょうか?
そのお答えは、着けてくださるご本人が感じてくださることですね!




よろしかったらぜひ、貴方の個性を、耀きを、活かすジュエリーを
創ってみませんか

http://www.bonne-maturite.info/

今お休みしているジュエリーのリメークもぜひご相談くださいね。
どんな発想が飛び出すか そして何でもあり〜(笑)
なので、いつでもお気軽にお問い合わせください。

noriko@bonne-maturite.info  

アドバイス&コンサルテーションは無料ですよ〜


 2011/08/27 07:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

KIREI‐TEN - 人のふれあい -


日曜日、北鎌倉でのキレイ展に出展してきました

この会の主旨は、来る方たちが身体の中も外も元気に
キレイにハッピーになれる、プロ達がそれぞれの
プロフェッションを惜しみなく提供する場なんです。

メイク、アロマ、野菜、お米、酵母パン、ケーキとカフェ、
マナカード、マッサージ、ヒーリング、
そして『ボンヌマチュリテ』のジュエリーも



今回は私の大好きな『ローマングラス』と天然石のジュエリーをチョイスしました。

ローマングラスとは、アフガニスタンエリアの地中で静かに眠りながら
その風土独特の土のミネラルや鉱物によって変化し、宝石のようなオパール色の
イリデッセント効果が自然と現れて、何年も経って発掘されたひとかけらずつの
美しい破片たち。
『ガラスの化石みたいねっ』っといってくださった方がいました。

そうまさにガラスの化石かもしれません。

思いのほか好評で、人と話せて本当に接客で人と触れ合う愉しさを
久しぶりに味わいました。

そして気付いたときには写真を撮り忘れて片付けてしまったので(涙)
お見せできるものは私のピアスだけ。

           ↓↓↓

NORIKO K.


これがローマングラスです



今回の出展は久しぶりのジュエリー販売ということで、三越に出店していた
ときの仲間の弘美さんと一緒に愉しい時間を過ごしました。
私たち、ひととふれあい、みなさんがキレイになって喜こぶ、元気になる、
そんなことが大好きなんです。

楽しさって伝染するのですね。何人もの方たちが、この唯一無二のジュエリーとの
出会いをたくさんの方たちが喜んで下さいました。

バタバタでプライスを付けておく準備が遅くなったり
メールのすれ違いで、体調もお天気も悪い中せっかく北鎌倉まで来てくださった
お友達と会えず終いだったり・・・・と反省(ホオポノポノ)!も、たくさんたくさん
ありましたが、その経験も次に活かそう、そんな初体験になりました。

私自身も寸暇を惜しんで、マナカードでリーディングをしてもらったり、無農薬の
超オイシイお野菜(トマトやシイタケがプリプリですっ)や、酵母パンを食べたり、
パワーストーンを購入したり・・・っと、すごく愉しかったわ


次回は10月。
出店させていただけることになったら、今度はちゃんと前準備して、ブログでも
お知らせしますね


ところでマナカードリーディングってすごく面白いです。
私の現在はちょっとがんばりすぎで疲れてるけど、将来は明るいそう!
そして使命は『人を明るく喜ばせて元気にする』lですって。
まさにキレイ展の主旨ですねぇ

よっしゃ〜これからはその芸風で(笑)、自分と人の心をリラックスして癒しながら、
前へ前へ進みますよ〜




 2011/08/23 11:08  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Happy Holiday - お盆休み -
暑い日が続いていますね。
みなさまお元気ですか?

お盆休みもそろそろ終盤でしょうか?
どんな終末を過ごされましたか?

私のお盆休みは感性をアップ↑することを意識してみようかなっと

特別どこに行くのでもなく、気になった映画を観る、ふっと眼に留まった情報に
耳を傾ける、美術館に行って見る、気になった友達に連絡してみる、
観ていなかったDVDや本をチェックする、ゆっくりバスタイムをとる、
ガラに無くケーキを焼いてみる(笑)・・・
そんな日々を過ごしてみました

思いがけないDVDに出逢ってみたり、そこからとても有意義なメッセージを
頂いたりしました





NORIKO K.


日曜日はヤングガールフレンド(笑)のチャーミングなユカちゃんといろんな
トライをしてみました

まず、新しい映画『ツリー・オブ・ライフ』を観ました。
余りにもスケールが大きい自然の営みやアイスバーンから始まり、
恐竜も出てくるし(驚)
そして突き詰めていくと細胞レベルで自分を内観する・・・そんな意図なのかな〜

ブラッド・ピットとショーン・ペンのスター活躍ムービーと思って行くと、2時間半近く
かなり退屈かも

とても宗教色も強いので、クリスチャンでない私たちには、深いメッセージは
解り辛いところがあるなぁと思いました。
画像がとてもきれいで、メモリーをつなぎ合わせて断片的になっているから、
話が飛びまくります。

なのでまずは映像美を愉しもうって決めてみたら視覚と聴覚がとても喜びました。

そして最近のテーマ『セルフイメージは子供時代に植え付けられる』というメッセージ。
あ〜植え付けが起こってるという実感。
だからこそ、私的には願わくば最後、主人公ががもっともっと癒されて、終わって
人生の午後を向かえて終わって欲しかったな〜っと。

あれだけの壮大なテーマなのだから、斉藤一人さん的に言えば、カルマを
完了しそうな気配で終わるのではなくて、はっきり完了してハッピーエンドで
終わって欲しかったな〜っなんて思いました。
それは決して夢物語ではなく、リアルに起きることだから。

カンヌでパルムドールを受賞している映画です。





そして、夕暮れから、目黒の庭園美術館に行って見ました。
このお盆休み中限定で夜の8時までオープンしているの。

今公開中なのはロシアのエルミタージュ美術館秘蔵のガラスの器。
ヨーロッパ中から集めた繊細で美しいガラス器は、ヨーロッパの歴史や
国々の個性をしっかり醸し出しています。

イタリアの繊細さ、ドイツの実直さ、オーストラリアやボヘミアの素朴さ、
フランスの優雅さ、イギリスの斬新さ、そしてロシアの暖かさ、一言では
いえないけれど、それぞれの個性を、それぞれのガラス職人さん達が
しっかりと表現していて、その違いを見比べるととても興味深いです。

東京都 庭園美術館は朝香宮[あさかのみや]邸として
1933年(NYのエンパイヤステートビルと同い年だわっ) アールデコ
の代表として今も残る建築。ラリックのレリーフのエンタランスなど
とても繊細で大好きな建物です。

ゆったりまったりした時間を過ごして、外に出てみると、木々の間から
差し込む満月の光に浮かび上がる邸宅と庭園がとても美しく感動しました。

夜間オープンは今週金曜日までなのでぜひ行ってみては?


今までは映画や美術館は人と行くと面倒くさくて、だいたい一人で
観るのが好きだった私←(頑)
でも年齢も感性も違うからこそ、違いを愉しんだり、同じ価値観を見つけて
喜んだり・・・・感じることをシェアすると、はっとする意外性があって、
ホントにハッピーですねっ。

すごくステキな一日を過ごしました。
ユカちゃん、ほんとにありがとう


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


終末は建築バーで賑わった池ノ上アトリエ。
新しいことがどんどん始まっていますよ。
朝妻さんありがとうございました。お疲れさまでした。

今日は午前中は一日アトリエです。
よろしかったら、貴方の魅力を見つけにいらしてみませんか
ご連絡の上ぜひぜひお越しくださいね〜。
↓↓↓
http://www.bonne-maturite.info/

お会いできればうれしいですっ!

ではでは、Have a nice day





 2011/08/16 07:05  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

To be mature -日々のちょっと気付いたこと -
暑すぎる日が続いています
みなさまお元気でお過ごしですか?


暫く前、近くのお宅の庭先に、今なに初々しいマスカットグリーンの葡萄を
見つけました。
小さくて若々しく、溌剌としていました。

ネオマスカット・・・岡山生まれの私は、小さい頃から頂いていた、
この優しい緑も、味も、食感も、大好きです




NORIKO K.





そして数日後、葡萄の房たちはすっぽりとカバーに包まれていました。
これは『袋がけ』という作業で、病害虫の予防と着色を良くするために
行うそうです。

丹精に、手を掛けて、葡萄も人も成長していくのですね。
bonnne-maturite
私のジュエリーのコンセプトのような葡萄に出会えて、可視化出来て
とっても嬉しかったです





最近あったステキなこと。

いつもおしゃれにエレガントに装っていらっしゃる方が、珍しく
デニムスタイルでした。 意外性と、かっこよさがステキではっとしたので、
思ったままにそれを伝えたところ、
『わ〜、ありがとう。貴方に褒められなんてとっても嬉しいわっ』って!
こちらこそとても嬉しかったです。

その方は本当に相手の背景を読む、素晴らしい方で、いつも考え方を教えて
いただいています。

日本人の思考習慣に『謙遜』『遠慮』が美徳と思っているところがあって、
褒められると『いやいや』『ぜんぜん』『そんなこと無いですよ〜』みたいなのが
ありますよね。

これを外国人に言うと、思ったことを素直に言ったのに、へんな人!って
ことになります(笑)

だからって、『はい、ありがとう』もちょっとストレートすぎて・・・

なのでこれを言っていただいてはっとしました。
これって『承認返し』だわっ

これパクろうと(笑) 
この『気持ち』を参考にさせていただこうと。  

褒めたいところって、自分が認めて欲しいところとリンクするといいます。
だからこそ、いっぱい褒めちゃおう。

この嬉しい気持を隅々に浸透させて、日々会話をすれば、
ステキな『承認返し』や『褒め返し』のほっこり暖かい心の通った会話に
なりそうな気がします〜。


あなた自身もどんどんハッピーになると思いますよ。
如何でしょう?
よろしかったら活用してみてください




昨日のアクシデント。
炎天下を歩いていたら、サンダルのストラップがぶっつりと切れた!
わっ、歩けない!
まず思えたのは、『怪我しなくてよかった、くじかなくてラッキー!』
そして、たまたま持っていた安全ピンでストラップと金具を留めて、
一日過ごすことが出来ました。

汗だくにはなりましたけど、なんだか達成感もあったりして。
サンダルは『考え方のサンプル』になってくれました。

何か起こったら、これで済んでラッキーって、ぜんぶぜ〜んぶ思えたら
ラッキーですよねっ


『自分を愉しむ』ってそういうことかなって、最近思っています




さて、今週末も池ノ上カラーハウスは『建築バー』になります。(土日月)
ぜひ『建築バー』で検索して、お時間ある方は覘いてみてくださいね。







 2011/08/11 10:34  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ