« 2011年04月 | Main | 2011年06月 »
Japanese Beauty - 写楽展行ってきました -
昨日は朝から土砂降り〜。こんな日は美術館空いていそう〜っと
ワクワク出かけたら、みんなそう思うのかなぁ、結構込んでました(笑)

写楽展〜震災でスケジュールが変わったため、上野で今やっています。

一言で言うと『日本独自の文化〜江戸時代の粋』 って感じ。
この展覧会のために海外の美術館にお住まいの作品たちが里帰りを
しています。
ボストンやNY、ヨーロッパなどから!それもすごいよね。

これだけ浮世絵を一堂に会してみたことがないから圧巻だったし、
江戸時代の粋な文化にうっとりでした




ほとんどが歌舞伎、あと少しお相撲。要するにエンター
テイメントのポスターやブロマイド的な役割かな?
だから役者さんが本当に活き活きと描かれているの。

一緒に行ったカオリンによると、絵師さん(写楽やその
同業者たち、ライバル達)が絵を描く(筆)、彫師さんが
木版画にする、刷師さんが印刷をする。
この流れだったそうで、例えば今のデザイナー、
パタンナー、制作みたいなかんじかな。

で、すごかったのがプロデューサーだそうで、彼の力で
写楽にしても他のアーティストたちも、世に出て行った
そうなんです。
なるほど、いつの時代も人とのコラボレーションで大きい
ことは産みだされていくのですね


NORIKO K.


@ 所作、表情が本当にインパクトがあって、粋です。
A 和の穏やかな色彩がなんともエレガントで美しい。
B 版画なので、ほとんど影のないフラットな表現が日本文化独特でシンプル。

この展覧会を観させて頂けて、私は日本人に生まれてよかったなぁっと思いました

カオリンチケットありがとう




 2011/05/31 14:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Shop Channel OA ! - 非日常を愉しむ -
新しいチャレンジはワクワクとドキドキの交差点

ショップチャンネルの今回のチャレンジタイムは始めての深夜、23:00〜24:00でした。
アイテムは『クラッシクリゾート』なティアードドレス、チェニックブラウス、麻コンカーゴ風
パンツ。夏の楽しさをイメージしながらコーディネイトの提案をします。

今回のキャストさんはダンディな嶋田ひろしさん。とても優雅で愉しいキャラクターで
本当に愉しくリラックスモードでやらせて頂きました。
最後は掛け合いな会話で、売り上げもSOLD OUTが結構あって、ほっと一安心
この仕事でつくづく、数字って貢献なんだっと解ってきました。

そして本番にめっぽう強いこのチャンネルのチームワークにホントに脱帽です。
みんなぁ、かっこいいよ〜





帰りは遅いのでホテルを取って頂きました。
タクシーでも帰れるかなっとも思ったのですが、
せっかくのオファーですし、なんだかそんな
非日常がちょっと愉しいわっ♪ってことで。

夜はバタッと倒れて眠り、翌朝5時半ごろ
起きて、都会の早朝を散歩しました。

⇒⇒ショップチャンネルのビル。
この時間も『お客さま〜』と、言っていらっしゃる
だろうな〜
24時間ナマ放送のすごさとエネルギーを改めて
感じますね。


NORIKO K.

ホテルの部屋からの眺め。 
都心が次第に目覚めていく。

次第に通勤の人が集まってきて、時間が経つにつれ、風景が、
人と車によって変わっていくのが新鮮。




早朝は都心の水路もとっても静かで安らぎすらを感じます。



ちょっとしたことですが、普段味わえない非日常を楽しみました。

例えば、ホテルのフロントのみなさんの制服のスカーフが、
とってもかわいかったわっ。
今度真似しよ〜っと、そんなことも感じてみたり。



そこでふっと気付いたこと
私たち、日本人はすばらしい独自の言語を持っています。私がこうやって
ブログを書いて読んで頂けるのも言葉のおかげ。日本語というツールに
わたしの気持を託して読んで頂いているのですよね。

だからこそ、私たちは時としてちょっとその言葉に、そしてその言葉の
通じる相手に甘えてしまいます。
発言や文章が、暗黙の了解や、察してちょうだいね、になってること
ありませんか?

例えばはっきりと時間やランチを約束していないお友達と会うときに、
『13:00ころ到着しま〜す』 だけでなく、
『ぜひランチをご一緒したいわ。』
さらに
『ご都合よろしければ待っていて頂けませんか?』

1時に着くんだから、お昼待ってるでしょ!っていう自分の価値観や枠で
勝手に憶測して、なんだよ待ってないのかよって、どこかに思ってた
気がする。
ちゃんとこうしたい、こう思うと伝える、そんな心遣いしてなかったなぁ。

目の前の人だけでなく、電波を介して人と繋がっていく、メッセージが
広がっていく、そんなチャンスを頂いたからこそ、自分の想いははっきりと
言葉(言霊)に乗せて届けていきたいと思います。

そういえばニューヨークでは、それぞれが出身国も言葉も習慣も違う外国人
だから、ちゃんと自分の意見を主張しないと、意味不明な人になりがちで、
もうちょっとちゃんと発言してたかな?


『大人としてのメッセージを届けていく。』

改めて人としてのコミュニケーションの大切さを感じている今日この頃です








 2011/05/25 20:47  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Art Gallery - ワクワク愉しい切り絵の世界 -
急に初夏めいてちょっと蒸し暑い〜

みなさんはこの夏間近な感じ、好きですか?

さて、外苑東通り、四谷3丁目と信濃町の間に、左門町と言う町があります。

その左門町から入った、住宅街にひっそりとある『アート・コンプレックスセンター』
というスペースで、お友達の切り絵作家ナカニシカオリさんの個展をやっています。

昨日はステキなスペースで、チャーミングな作品にあえて幸せな時間を
すごしてきました。


『いろんなき』 というタイトルの個展




パッチワークの『木』




NORIKO K.

なんか似ている『気』がする。

彼女の世界観とても愉しい





『貴婦人と奇人のストーリー』
ロココチックなシリーズで大好き。
左の貴婦人のドレスのドレープが、すばらしい〜





木が集まって森になる!
爽やかで、優しい作品だな〜





大きな木にいろんな人生が乗っかってる。



先日ニューヨークで1ヶ月個展をしてきた彼女は、とても愉しそうに美術館と
ビール三昧のニューヨークライフスタイルをお話してくれました。
メト、クロイスターや、フリックコレクション・・・また行きたくなったわっ



実は左門町は私が最初にスタイリストをさせて頂いたフォトスタジオがあった
ところなんです。
今はもう道路拡張で左門町20-4 はありませんでしたが、右も左も分からない
我侭娘が仕事のイロハを教えてくださった大切な経験でした。

思いがけず今の自分と過去の自分が交差するとき、なんだかとっても
懐かしくって、ほろっとウレシイ気持になったりしませんか?

貴方はそんな経験ありますか?


カオリン、ステキな作品と場と時間をありがとう



この週末、ぜひチェックしてみてね

『アート・コンプレックスセンター』 03-3341-3253 で明日まで。
1回のパティオ風カフェがとってもお洒落ですよ。


 2011/05/21 11:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Happy chain reaction - Fw: ありがとうございました -
おはようございます。

一昨日ネックレスをお渡しした方からすごくウレシイメールを頂きました。

↓↓↓

のりこさん、 今日は 本当にありがとうございました

ペンダント、本当に本当に 素敵な仕上がりで、 大満足です♪
さらに 素敵なガラスのペンダントトップ、私の好みを見抜いて下さっていて、感激
のりこさんの全てに感謝です

中略


本当に ハッピーの連鎖ですね みんなが笑顔になれるって、本当に素晴らしいですね

毎日がとても楽しく、明日が楽しみ。未来が楽しみ
翡翠のリングも 楽しみ楽しみ

ランチもとても美味しかった持ち帰ったピザも、先程美味しくいただきましたまたワインも飲んじゃった

のりこさんのおかげさまで、 本当に 楽しい毎日 、温かい気持ちになれる毎日です。

この気分が、周りのみんなに ハッピーな連鎖になるといいなー

↑↑↑

人が喜んで下さるのはなんて幸せなことでしょう。

今思うと以前の私は『私の価値観で貴方を喜ばせてあげる』的な発想が
どこかにあったこと否めないな〜っと思います・・・
それって上から目線でやな感じ〜

ジュエリーをつけるのは私ではない、その方です。
もちろんプロとして私の価値観を提供することが仕事ですから、
その価値が、お客様のニーズウォンツを充分満たした上で、さらに
その上のサプライズになるにはどうしたら〜〜〜

そこを私が愉しんで『おもてなしの心』で創っていって、それを出来る限りの
演出で喜んで頂いて、その対価を頂戴するというしごとのスタンス。
この土台の『在り方』がぜったいに必要!

そんな風に思うのです。


ちなみにローマンガラスのペンダントヘッドは、私と同じく乳がんを超えて
健康に戻る決意をなさった彼女への応援のプレゼントで、スタイリング
しました

『ハッピーの連鎖』と言ってくださったように、
中から外から元気で笑顔になれる、みんなでそんな生き方をシェア
できたらウレシイです


NORIKO K.
 2011/05/20 06:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Start !- リメイク完成しました  -
初夏らしい爽やかな日々、大好きな季節です。
みなさんは如何お過ごしですか?

先日書いたワックスのジュエリーが出来上がりました。
本当に喜んで頂けました。さあ、これからがスタート!
今日は時間がないのでゆっくり書きます。

こんな感じ♪
先ずは写真でお楽しみくださ〜い

今日は数年ぶりにあう、三越のジュエリーブランドを立ち上げたときのお友達と
数年ぶりにあいます。彼女の今〜これからのことを聴かせて頂くのが
ホントに愉しみです。

では行ってきま〜す!

みなさんもステキな一日を過ごしてくださいね。






NORIKO K.
 2011/05/19 10:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ