« 2010年07月 | Main | 2010年09月 »
Gaia Symphony - 地球交響曲 -
恵比寿の写真ミュージアムで『ガイアシンフォニー第7番』を観て来ました




前作を見たのが2年ほど前。そのときは綺麗だけど正直言って何がなんだか良く
解かんない。って言うか、マニアックで眠くなった記憶が〜(汗←すみません^^;)

今回はどうだろうっとちょっとドキドキしましたが、観て見ると美しい自然の写真集を
ぺらぺらとめくっているような画像、 明治神宮や伊勢神宮など、神道の慣わしから
伺われる自然に対する心からの感謝が流れるように表現されていて、こんなに
ステキな映画だったけ?っと

今回出演の3人が本当に魅力的・・・生き方、在り方に人間の魅力って溢れ出るの
だな〜っと感じました。
やっぱり人間の魅力ってそこなんだね。

日本と言うこんなステキな国に生まれながら、ともすると全てを相対的に見て、それに
比べて私はどうなのよ・・っと比較で落ち込むこともしばしばです。(疲れますよね

さてっと、そんな自分も受け入れて、これから何が提供出来て行くのかなぁ。
受け入れる、許す、許可する、感謝する、愛する。そんな大らかな気持ちが
すこ〜しずつ解かって来たのだとしたら、きっと答えは見えてくるかもしれません


楽ちんに想い通りに活きて行きたい人は、gaiasymphony.com で検索してみてね。


NORIKO K.
 2010/08/30 08:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

See through with glasses - 見方、見られ方 -
こんなステキなメガネフレーム発見

正面の顔にはあまりメガネ自体が主張せず、着ける方の個性を活かし、横顔、つまり
他人からだけ見えるサイドにフレームの個性を活かした、なんとも"for you"なデザイン
だなぁと思いました。



『メガネは顔の一部です』と言うCMのフレーズ覚えて
いますか。今でもスゴイ名コピーだと思います!
スタイリングをしていて、メガネを選ぶのが、ある意味
一番難しいかもしれません。
なぜならば、顔の一部と化すので、その人の個性に
直接関わるから

似合うか似合わないかだけで選ぶとその方の与える
(醸し出す)イメージや、人柄のコーディネイトとは言え
ませんね。外見だけではないちょっとその上の意識、
つまりあなたが「私は・・・・こんな人間なんです。
よろしくおねがいします!」
(・・・・にこう在りたいと想う形容詞を入れてください)
という表現ツールとして自分で選ぶより、
メガネフィッターさんやスタイリストに客観的にこの
アプローチで相談されると、よりあなたの個性を
演出する小道具としてのメガネが選べていいですね。
特に、接客や営業など、人とのコミュニケーションが
大切なお仕事の方はちょっと意識なさって見るのも
良いかも知れません。

NORIKO K.     

眼で見る世界が、メガネを通すと視点やフォーカスが変わります。
サングラスで色が変わります。
私たちが、毎日自分の眼で見ているモノやコトは、ぞれぞれのレンズを通して
見ています。
例えば私がある色を見て『少しくすんだ、こっくりと濃い、おとなぽい、リッチな、
秋らしい、落ち着いた、豊かな、茶に近い赤 』=WボルドーWっと、想ったとして、
あなたもそんな風に見えているのかしら〜っと時折思うことが有ります。
意外と全然違うイメージを持ったり、色自体も違って見えているかもしれません。

私のレンズ(フィルター=心)を通して、私の感性を活かして、ある色(ものごと)を
見たり感じたりすること、それ自体が私の個性なのだから、他人が見て、聴いて、
得ている情報は全てその人のフィルターで変るのですよね

起きている現象や現実を見るそれぞれのレンズ(価値観)を尊重して大切にする。
他人のレンズはもしかして全く違うフィルターかもしれないと受け入れる。
そしたら相手へのイライラが減って、お互いの個性をゆとりを持って楽しめて、
楽ちんな人間関係になるはずですね〜

実は私は超臆病ものなんですが、こんなこと解かるとちょこっとワクワクしてきました
 2010/08/26 10:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

INCEPTION - 植え付けられた思い込み -
お勧め映画のWインセプションWを観てきました

ちょっとストーリは私の拙い表現力では難解なので、映画ストーリを読んでみましょう。

『人がもっとも無防備になる夢を見ている間に、潜在意識の奥深くに入り込み、
貴重な情報を盗む“エクストラクト”(抽出)。この危険な技術で世界最高の腕を持つ
産業スパイのコブ(デカプリオ)は、反対にアイデアの芽を潜在意識に植え付ける
“インセプション”をサイトー氏(渡辺謙)から依頼を受ける。このほぼ不可能とされる
任務を成功させるため、コブは世界中からメンバーを厳選し、最強のプロフェッショナル
集団を結成する。
だが彼らがいくら周到に計画を立てようが、どれだけ優れていようが、計画を根底から
揺さぶる“敵”の存在を、コブはひそかに感じ取っていた…』





この映画はスペキュタキュラーなCG映像が目立ちますが、実はすごーい心理的な
映画ですね〜。
インセプション(本来は『初め』とか『発端』という意味。)つまり自分の潜在意識に
誰かになにを植え付けられるかで、現実が大きく変化する、その潜在意識のレベルも
何層にも折り重なっているゆえに、一つ謎解きが出来ても、まだまだ気付かない深い
植え付けがなされている

コマが回りながら、終わったラストは現実か?もしくはそちらの方が植え付けられた
アイディア=ゆめなのか・・・が観る人に寄って両論あるそうですが、乃浬子的には
○○で終わっていると思います。


NORIKO K.

私のあさ〜い表層感想・・・

謙さんががんばっていました。やっぱりウレシイ

私たちも成長して行く中で知らず知らずの内に家族や学校などで『世間の常識』
というインセプションが植え付けられます。その枠の中で私たちは不安になったり
恐れたり・・・。そこを解き明かすと本当の幸せと安らぎがあるよ〜
この映画はきっとそんなことを啓示したかったのでは〜っとワクワクメッセージを
受け取りました。
なので、このストーリーをもっと現実味溢れるテーマでリメイクしたら、心理的に臨場感が
出て、面白いのではないかと(誰か創って〜)

そして、あまりにも入り組んだ深層心理の立体感に私の脳ミソではしばしばついて
行けず・・・もう一度チャレンジしに行きたいなぁっとおもったのでした。

ぜひ観てみてくださいね
で、解釈はそれぞれなので、あなた的な感想をシェアしていただけると嬉しいです!


 2010/08/21 09:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Love your name & yourself - 三銃士 -
名前に関してカノンさんから『結婚して変った場合はどうなんだろう?』という
ステキな質問を頂きました。ありがとう

本来の名前は生まれてずぐに付けてもらうので自分の意思は入らない、
言わば『宿命』の名前。
結婚後の名前は、相手も含めて自分で選択するものだから『運命』の名前
といいうことになりますね。
そう、名前はこの子に幸せになってほしいと願う家族からの最初の祝福の
プレゼントなんですよね。だから名前はとっても大切!
そして女性の場合、自分で選び取った二つ目の名前にも、きっと色いろな
意味があるのでしょう。

名前の棘を見つけてから、参考にさせて頂いたひすいこたろうさんの本、
『人生が100倍楽しくなる名前セラピー』の中にあって、はっと気付いたことがあります。

『名前は人のためにある』

確かに、家族から頂いた自分の意思ではないもの。自分のものなのに、他人が
使うもの・・・・・
これは私がコンサルティングでみなさんにいつもお話ししている

『外見は人のためのもの』

と、とても共通すると思います。
外見は自分のものなのに、自分より他人のほうがはるかに観る。メラビアンの
法則によると、自分の表現の55%が所作などを含む外見で占め、更に語調、
アクセント、トーン、などの言葉による表現38%と併せると、93%が
『人のために在る自分』と言うことになるのかもしれません。

人は見た目が9割などという所以がそこにあるのです。
人間は人の間で生きていくのですから、9割をWfor youWで考えよう、ということ
なのではないでしょうか?

名前も外見も Wfor youWの気持ちで人のためになると思って、ありがたく
愛して扱うと、ラッキースパイラルゾーンに行っちゃうかも〜ですね



日曜朝NHKの『三銃士』高校生の頃大好きで読んでいたワクワクする話で
洗練されたステキな人形劇なので楽しんで観ています。

人形劇って子供だけのものではなく、わが国は素晴らしい人形浄瑠璃という
伝統芸術があるし、チェコなどでは人形劇で本格オペラを上演する劇場も
あるんですよ。

私たちもそれぞれの時代にヒットした思い出の人形劇が在るのでは?
私は『ひょっこりひょうたん島』とか(古!)『里見八犬伝』とか(ワクワクドキドキで
釘付けでした〜


NORIKO K.  

人形と言う私たちのイマジネーションで創った 『外見』 に、魂を託して
縦横無尽に活躍してもらうことが楽しいのですね
人間によるお芝居を超えた何かがあるのかもしれません。(外見の神秘!)



そして名前の神秘。。。
私も以前に聞いたので多分ご存知の方も多いと思いますが、改めて感動したので
最後に書いてみます。
『おわだまさこ』さん、『かわしまきこ』さん、ジグザグに読んでも同じ名前になるんですね!

カラー&スタイル診断的には、ウインター/スプリングで、ストレートなまさこさまと、
スプリング/サマーでソフトなきこさま、全く間逆なこの二人の、本当に不思議な
ご縁で繋がっているんですね←(これを発見した人がスゴイ^^;!)
名前にはどうやら色んな秘密が隠されているらしいですよ〜

名前や外見を好きになって、あなたのハッピーな使命を見つけませんか
 2010/08/18 06:40  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Memory of childhood - 名前は大切に! -
お盆で故郷に帰省なさっていたり、バケーションだったりのかたも多いのでは?
夏真っ盛りですね。と言うか、もう既に朝晩はちょっと秋の気配?
先週から残暑お見舞ですね〜。早いものです。

皆さんお盆はお墓参りにいらっしゃいますか?
本来お墓参りは春と秋のお彼岸の行事で、お盆は先祖が帰ってくるから家でお迎え
するのだとか。
でも帰省なさる方にとっては、故郷でのお墓参りを大切にしたいですね



岡山から絶品の桃が届いたので、お盆スペシャル、私の
胸キュンな思い出です

瀬戸内海に面した小さな町で生まれ、こんな桃を直接
木からもいで食べていました(笑)
繊細で本当に優しい香り、品のいい色、滑らかな肌、
舌触り、甘み、とろける音・・・・・。
5感を満たしてくれる幸せな思い出のアイテムです。

桃を頂くと子供時代を色いろ思い出します。(きっと
皆さんにもそれぞれのキーアイテム、キーワードが
在るのでは?)

偶然にも桃の香りの中で読んだ本に、『人生が上手く
行ってモテル人の共通点は自分の名前が好き!』
っと書いてあって、ギクッとしたのでした。
それを読んで改めて気付いたのですが、そういえば私、
祖母がつけてくれた名前(ファーストネーム)の由来に
・・・それがほんの大人のジョークだったにしても・・・
 子供の私はグサッと来て傷ついたまま、どうやら
トラウマになっていたようです

さらに東京に転校した私は、中学校で男子達に名前
(ファミリーネーム)をからかわれて、苛められました。
辛かったし誰にも言えなかった。

今思えば気に掛けてくれたのかもしれませんが←(自分で言う^^;)
無邪気って怖いものですよね〜。

私は知らず知らずの内に、名前というご先祖さまから受け継がれる、自分の
アイデンティティーを否定していたのかな〜っと。
モテないのはそこだったんですかぁ(汗)!?


そんなことで!と思われるかもしれません。でも『そんなこと』だから、気付かない。
気付かないから、性格だと諦めているんですねっ、なるほど〜
結果的に名前に左右されない海外に行って暮らしてしまったのだから、すごい
エネルギーだし、その力に今は感謝しています。

NORIKO K.

河の水面に花びらが散った様子を『花筏-はないかだ-』と言うそうです。いと風流♪
そんな綺麗な名前なんだなぁ。大好きになろ〜っと

そしてそんな苗字に合う、ステキな名前をつけてくれた祖母に改めて感謝できる
今年のお盆です。今だから気付いて良かった。気付かせてくれてありがとう

あなたもセルフイメージに繋がる幼い頃のキーワードが何かあるかも?
( それって映画 『インセプション』の中のキーワードのようなものらしい!
映画を観た方がいたら教えてください。 )
覚えてもいない潜在意識の片隅の小さな棘が、ずーっと密かに刺さったまま!
なんてこと、誰もがあるみたいです。

ふっとした拍子に、その棘に気付くチャンスに恵まれたらラッキーだから
そっと抜いて癒して見てはどうでしょう?

自分の知らないセルフイメージにワープするチャンスかもしれません!
私もどんどんもてちゃっていいんですね〜(笑)
桃の香りにも感謝です。

<ついしん>
この経験をこれから、みなさんが中からキラキラ耀く、イメージコンサルティング
のワークに還元して活かすぞ〜(^_^v と、ワクワクしています。

素晴らしいタイミングで今、切り絵アーティストの中西香織さん(ステキなお名前で
ステキな方!)に、新しい名刺をお願いしています。ジュエリーとカラーの仕事への
想いとを、『大人可愛い耀き』というテーマで製作中〜。とっても楽しみにです♪

これからず〜っと、名前を本当に大切にしよう!

 2010/08/14 13:17  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ