« 2009年08月 | Main | 2009年10月 »
Looks delicious - 意外性 -
美味しそうなスウィートショップですが、さてここは何処でしょう
正解はJR秋葉原駅の総武線下りホームなんです
このケーキ屋さん、とってもカラフルで楽しいレイアウトで、明るくエネルギッシュ!
電車の乗降客にとっても、す〜っと気軽にギフトやバースデープレゼントなんか
買えたりして、嬉しい駅中ショップだなぁっと思いました。
スタッフの掛け声も結構若々しい軽いノリでいい感じでしたよ。

私たちの生活はもうありきたりのものはホントに必要ないよね。この不況下のご時勢
ですから人々のお財布の口は相当堅く閉ざされています。
そんな消費の冷え込みが、更なる不況に繋がるらしい。そこで必要なのは、
『意外性』+明るさ、楽しさ、カラフルさ、便利さ、気軽さ・・・みたいなことが必要に
なってくるのでは〜!?

このケーキやタルトを見てたら楽しくなるもの。思わず写メしちゃうもの。
そんなちょっとしたハッピーな意外性がワクワクしました。そして今、それが大切
なのかなっと思いました。

私たちそれぞれに『意外性のあるアイディア』を生み出せる発想力を発揮したい
ものです。
私は例えば池ノ上のアトリエをもっとどんどん活用しま〜す!!
(詳しくはぜひHPを観てください

まずはジュエリーのリメイク作品集をカラフルにまとめてみることから始めよう





NORIKO K.



 2009/09/28 23:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Autumn has come - もう秋色 -
シルバーウイークも中盤が過ぎ、秋分の日、お彼岸お中日になろうとしています。
何でも24,25をお休みして、19〜27までの9連休!の方もいらっしゃるとか!?
いーなぁーっ そんなバケーションを心から楽しむには時間と経済と周りの
人たちとのバランス、自分自身の心身のバランスが取れていていたなら、ほんとうに
うきうきと楽しめるよね。反対にどれか一つが欠けているだけで楽しいハーモニーに
なりません。
やっぱり全てのW調和Wが大切だと思う今日この頃、まだまだ修行中の『調和の
道』を邁進したいと思っています。


今月は私の誕生月。(お誕生日は旧敬老の日です。子供の頃は自分のお誕生日が
必ず祭日で嬉しかった
以前は寒い冬に向かい出す入り口のような9月があまり好ましくなかったけれど、
最近はこのクリアーな空の高さが大好きになりました。
秋の自分のカラーがオータム・ウインター・・・つまり似合う色のシーズン到来なんです!
洋服の色は季節とコーディネイトすると美しく映えます。オータムの人は思いっきり
オータム色を。それ以外の方は顔周りはなるべく自分に似合う色を持ってきて、
全体の色調をオータムに纏めると、ご自分にぴったりなこの秋の装いになりますよ

お休みに遠出はしませんが、家族とお彼岸のお墓参りに行ったり、初秋の北鎌倉で
ちょっと秋色を探してみたりしました。
栗がもう茶色になっていたり、ススキの穂がキラキラゆらいでいたり、スタートした
ばかりの紅葉を見つけたり、そして彼岸花の鮮やかさを思い出したり。
いよいよ秋本番になっていきますね。










NORIKO K.
 2009/09/22 07:57  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Diamond Cross - 縁とは味なもの… -
とにかくこのダイヤモンドクロス、惚れました

先日書いたジュエリーフェアーでのこと。 一見して、この滑らかなマイクロパヴェ
セッティッグといい、シャープな中に緩やかなカーブのフォルムといい、ブラックと
ホワイトのリバーシブルといい、素晴らしいっって思いました。
見せて頂こうとブースを見ると、なんと私がNY時代からの長きに渡ってジュエリー
関係で親しくさせている業者さんだったんです!彼はこの景気のあおりで低迷して
いるジュエリー業界の中で、ずっと活躍なさっていた老舗を辞めて,今年になって
独立なさったツワモノ! なんとか応援したくて連絡しようと思っていた
まさにその人が、超広いビッグサイトの展示会で、しかも私の惚れたそのクロスの
出展者としてそこに居ました!!
再会を喜び合い、クロスを拝見し、ストーリーを聴いて改めてステキ〜っと目を
輝かせて帰って来ました。(惚れるのと私に似合うの別物です)

さて翌日、これまた色いろなハプニングや偶然が重なって、あるお友達に久しぶりに
遭遇!その方は何点もオリジナルジュエリーを創らせて頂いているのですが・・・、
お会いした途端、このクロスのことが浮かんでしまいました。
絶対似合うんだも〜ん!二人を(彼女とクロスを)逢わせなければ!!って
お見合いおばさんよろしくマッチメーカーの勘が冴え渡ってしまい早速プレゼンする
ことになりました。
ちなみにそのお友達とは、彼女の女子高時代のクラスメイトが、私のNYからの友達や
最近知り合った友達だった!という奇遇が連続しているので、今回も、『あっ、また
出逢いを引き寄せちゃったね〜!』って思いました。
果たして、ネックレスは見事にぴったりで、お見合い成立!だって本当に似合ってて
かっこいいの〜 最高のカップリングだと思います。
併せたのはホワイトとピンクのリバーシブルのオメガと。こうするといろいろな
組み合わせで表情の変化が楽しめるクロスになりますね♪

人と人との出逢いが織り成す、不思議な縁が思わぬワクワク
出来事に導いて下さるのだとつくづく感じました。
人と人とってご縁、そして人とジュエリーもステキなご縁で出会っていくのだと
改めて思った、とってもハッピーなハプニングです









NORIKO K.
 2009/09/17 05:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Foolish-Stylish - 恋するバルセロナ-
本当に久しぶり、ロードショーの映画を観てきました。
映画って私的には観出すと止まらないくって、観ないと本当に観ないのでワクワク
実はココ・シャネルを観ようと友達と待ち合わせたものの、映画館に行ったら、夏前から
観たい!っと思っていた『恋するバルセロナ』に遭遇
2人の意見も一致して、こちらを見ることに。こんなチョイスってよくあること。そのときの
決断がいいか悪いかなんて関係ない。だって選ぶのはどちらか。観た方と観て無い方が
入れ変るだけだよね。
この『恋するバルセロナ』はウッディアレンの最新作でペネロペクルズとスカーレット
ヨハンセンが出ているコメディです。
私的に今一番行きたいのがバルセロナ、もう一度観たい触れたいのがガウディなので
バルセロナはすごくステキ。
でもウッディアレンのコメディについていくほどやっぱり大人になっていないのかも。
アニーホールでダイアンキートンに惚れて以来、ウッディ作品は観まくって来ましたが、
20年位前の真夏の世の夢でありゃ〜?って思ったおんなじカンジが妙に懐かしかった。
私が精神的に成長してないのかもしれないね。
コメディにメッセージ性を求めるべきではないかもしれないけど、それで振り出しに
戻る・・・ちゃんちゃん!っという終わり方はちょっとはぐらかされた感じ。
ミョーに真面目が悲しいラルフローレンシャツのアメリカン男と、やたらセクスィを
プンプンさせるヨーロピアンの対比はうふふ・・・でした。

巨匠アレン氏のメッセージは何なんだろう。人間はためらいながらも(ためらうことを
楽しみながらも)期限付きアバンチュールはトライしたいけれど、結局コンフォートゾーン
から抜け出る勇気より、日常の自分の枠の中に戻るチョイスを選ぶってことかな?

ペネロペ以外の誰もが多かれ少なかれ本音を押し殺して人間関係を築いているし、
最終的にコンフォートゾーンに戻るというのがちょっと空しさの残る映画です。

ウッディは最初っからきっとそれを描きたかったのかなだとしたらすごく意図の
ある映画かも?
誕生日お祝いって映画とお食事をプレゼントしてくれたチカちゃん、本当にありがとう。









NORIKO K.
 2009/09/12 00:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Good old days - 今昔物語 -
先日、わたしが小学生の頃から住んでいて、ず〜っと一昨年まではその頃とほとんど
変わらなかった実家近辺に行ってみる機会があったのですが、それはそれは大変な
変わり様にびっくりしてしまいました

庭のあった元実家が取り壊されてなくなってしまって、その敷地内に2件がパツパツに
建てられているし、その近辺の風景がすっかりチェンジしていて、例えば斜向かいの
自動車学校のフェンスがコンクリートから金木犀の生垣と街路樹に変身!
以前の面影すらありません。 まさにここは何処〜??状態
1年余りで街並はこんなに様変わりするのだと本当に驚きました。
ずっと育った環境はどこかずっと変らないような錯覚、変わってほしくないような願望を
持っていますが、それ自体も自分の枠だったり思い込みなのですね。

何ごとにも変化ってなかなか受け入れにくいもの。コンフォートゾーンはなかなか
抜け出しにくいけれど、変化を起すには、まずは古い家やフェンスをこわして
取り除かなければ新しいものは創れません。
街が以前の町並みに何の執着もないかのようにこんなに見事に変わるならば、
私も過去に拘らずに新たな自分に変われるかしら〜っとわくわく思った街角でした。






NORIKO K.
 2009/09/09 13:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ