« 2008年09月 | Main | 2008年11月 »
Happy Helloween -カボチャの意味は・・・? -
先週の日曜日は、小さな子供たちが魔女やカボチャに仮装をしてキャンディを集める
姿がそこここで見受けられ、ハロウィーンがこんなに日本文化に浸透してるのを痛感
しました
本来ハロウィーンは今日10月31日。私も以前聞いたハロウィーンの由来ですが、
本当の意味を知っている人は少ないのでは??辞書で調べてみると・・・

『ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や
魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの
焚き火を焚いていた。601年に法王1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策と
して、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様が
いてそのために木を信仰し続けなさい。と広めなさい」と言ったのがいまのハロウィンに
なったきっかけでもある。
家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きな
ランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。
これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」
(お化け蕪)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or
treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。
家庭では、蕪の菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・
パーティーを開いたりする。
ハロウィンのテーマは不気味なものや怖ろしいもので、死、不死の怪物、黒魔術、
伝承の怪物などが含まれる。ハロウィンに関連する登場人物には、幽霊、魔女、
コウモリ、黒猫、ゴブリン、バンシー、ゾンビ、魔神、それにドラキュラやフランケンシュ
タインの怪物のような文学作品上の登場人物が一般的に含まれる。ハロウィン前後の
時期には、これらのシンボルで家を飾る。
黒とオレンジ色が伝統的なハロウィンの色である。「ジャックランタン」(Jack-o’-lantern)」
(お化け蕪、蕪ちょうちん)は、白色の蕪をくりぬき、刻み目を入れ、内側からろうそくで
照らしたもので、最もハロウィンらしいシンボルである。英国とアイルランドでは、今なお
カブを使っているところもあるが、アメリカへの移民たちは、刻みやすいカボチャを早くから
使い始めた。ハロウィーンを祝う家庭では、カボチャを刻んで怖い顔や滑稽な顔を作り、
悪い霊を怖がらせて追い払うため、ハロウィンの晩、家の戸口の上り段に置く。

ただし、1990年代以降、仮装の対象としてあまり扱われなくなったモチーフも多い。
黒人・インディアンなどは人種差別の見地から、妊婦や身体障害者なども同様の
見地から好まれないようになった。ひいては、長年ハロウィンの仮装の特徴だった
怪物などのおどろおどろしいモチーフすら廃れ、妖精や野菜など愛らしいものが
仮装のモチーフに好まれる傾向が見られる。』

歴史と変遷があるんですね〜
ニューヨークでもヴィレッジの大パレードがあって、マニアは1年がかりで仮装を創る
らしい。昔、観たWスライスピザWの仮装はいまだに忘れられません。
アパート内の子供たちがドア・トゥ・ドアでお菓子を貰いに来たこともあり、未だに
残っている風習です。

何時頃からこの催しが日本に浸透したのかしら?みんなこの真意を理解していると
いいですねけど、ベントになっているのがちょっとびっくり
とは言え、子供たちの仮装はカワイイし、私たちハロウィーンに託けて、今夜は
ホームパーティしちゃいましょう









NORIKO K.
 2008/10/31 11:53  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

CYAKAI - 融合の空間 -
東京ミッドタウンでTokyo Midtown Design Touch 2008 というイベントを
やっています。
その一環でニューヨーク発のショップSMPでのTea Ceremony に呼んで頂き
参加してきました

トラディショナルな茶道は茶室に於いて、土・木などの自然の日本の伝統工芸の
粋を集めた茶道具は機能美を追求して時代ごとの日本文化を築いてきました。
茶人の嗜好で選ばれる茶道具はその美意識を表現するものだったそうです。

SMPでは 西洋と日本の融合の中でのWMITATEW『見立て』・・・物の本来在る
べき姿を超え、新しい茶道具を選ぶ・・・を通して、新しい茶室の空間のおもてなしを
表現しています。
NYのアーティストの作品の無垢のテーブルの上で、カナダ製の硝子の茶碗や棗を
用いてたてられるお茶のスタイル・・・オーナー松浦ご夫妻のMITATEには彼らの
長いNY生活の中から生まれたエクレクティックな感性を感じました。
『モノ』を扱いつつ、何時も『コト』の提案をし続けている彼らの姿勢が素晴らしいと
思いました。

茶道の心得が無い私も、若手茶道家 岡田和弘氏のたててくださるお手前を頂戴
しながら、書や花、器、などのお話しなど伺っていると、普段の生活の中に無い
茶道というものが、一部の切り取った世界ではなく、全体の場の共有、共感を提供
しているおもてなしなのだと言うことが、とても理解できました。

NYのParson’sで受けた授業のひとつに『日本の美』というクラスがあり、そこでは
私たち日本人は素晴らしい独自の文化を持っているのだと学ぶチャンスになりました。
日本を離れて日本を観ると、独自性や個性、美しさが見えてくるもの。
この企画のように場や志向が融合している空間は、私たちを本来の軸に戻してくれる
気がしますね。
そんな事を思わせてくださったWCYAKAIWでした







NORIKO K.


 2008/10/26 09:48  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)

Every little thing - デザインと言うより・・・ -
先日承った彩織ちゃん和子さん親子のリクエストが全て完了しました

彩織ちゃんにはタイのストーンカッターによる、珍しいスクエアファセットカットの
ローズクォーツを、彼女のカラー&スタイルのタイプやライフスタイル、イメージに
併せてデザインして、細めのオメガで完成。
小学校の先生をしている彼女には、優しくてかわいくて、しっかり軸の通った
イメージに仕上げたかったんです。
和子ママのリクエストは、パールを短くして、取ったパールでイヤリングを創ったり
割れてしまったラピスラズリの代わりに、大振りのバロックパールを見つけて
それに広めのオメガを併せました。バロックのサイズがピッタリだったのには
ほんとうに感謝感動しました。
因みにお預かりした割れたラピスは先日明治神宮に行ったときに、お納めしました。
ラピスって古代からエネルギーのある石とされていると聞いたことがあるので、
なんだかそうした方が石が喜ぶかなっと思って。


イメージにしても、ジュエリーにしても、色んなビフォー&アフターがあるわけで、
皆さんのビフォー(現状=主観)を、私がお手伝いしたアフター(成果=客観)によって、
その人その人の個性やジュエリーがもっともっと輝いてくれていたら、そんなに嬉しい
お仕事は無いなぁとつくづく思います

もっと知らない自分に逢って見たい人、自分の可能性を知りたい人に、私の持つ
客観性をいっぱいお伝えしたいと思います。そうしたら、私自身が皆さんから教えて
頂いてもっと知らない私に逢えるのだから




NORIKO K.
 2008/10/22 10:16  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Come and Go - おくりびと、おくられびと -
引き続きパフォーマンスづいていて、昨日は私のはとこの玲ちゃんが出演している
WマドモアゼルシネマWのコンテンポラリーダンス公演をセッションハウスに観に
いきました。
叔母の生前には母と3人で何度か観にいったことがあるのですが、軸となっていた
素晴らしいダンサーをガンで亡くされたり、本当にいろいろなことを経て、人は成長する
のだと見せてくれたようでした。玲ちゃんをはじめ7人の彼女たちの演技はハンガリー
公演などを経て以前よりもっと奥深いものになっていたように思えました。
これからも応援していきたいね

そんな先日、このWおくりびと、おくられびとWを観たばかり。今話題のこの映画は、
なんだか私たちの年代が観ておかなければいけない気がしていました。
そして観てみるとそこに流れる静かで優しいトーンがとても心地よい映画でした。
印象に残ったのは、納棺のときにもっくんのなんとも愛情を感じる表情と、美しい
流れるような所作でした。
そして、火葬場の職員さんの「私は門番です」という言葉は心を打たれました。
この淡々とした映画が、モントリオールでグランプリを取り、アカデミー賞の候補に
なるのは解るような気がしますね

びっくりなのは、新宿ピカデリーが大変身をしていたこと。不覚にも何時リオープン
したのか気付きませんでしたが、真っ白を基調とした広々とした空間のシネプレックス
スタイルにびっくり。併設された無印良品も何だかとってもスタイリッシュですよ。
すご〜くきれいだし観易いので、映画の頻度が復活しそうな気配です。




NORIKO K.
 2008/10/19 10:03  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Opea season - 芸術の秋 -
10月は芸術の季節。本を読んだり、美術館や映画に行ったりして、知性を
研くと大変良いそうです。
きっとオペラもかなり良いのでは!?
久しぶりに新国立劇場のオペラWトゥーランドットWを観にいきました。

このオペラはプッーチニの遺作で、彼がリュ−の死まで書いて、そのあと確か、
弟子のマスカーニだっけ?が仕上げたことで有名なオペラですが、昨今はフィギュア
スケートの荒川静香さんが金メダルを取ったイナバウワーWだれも寝てはならぬ!W
WネッソンドルマWの曲と言った方が有名かも。
音楽も構成もとっても素敵なオペラだとは思う私ですが、マダムバタフライ同様、
蝶々さんやリューというオリエンタル娘をどうしても軽視しているかのようなプッチーニの
ストーリーにちょっと憤慨を覚えてしまう、心の狭いオリエンタル娘な私です

メトで観たゼフレッリの湯水のように演出にお金をかける、超豪華なステージと比べては
いけませんけど(あれも水の表現は素晴らしかったけど、竹の床張りの音が人が歩くたび
キシキシ響いてしまい、えっ何で〜と思って決して最高な演出では無かった記憶が・・・)
大変生意気なのですが、正直今回の演出は何だかしっくり来ないものでした。
始まりは一体何のオペラが始まるの?トゥーランドットと言うよりパリアッチ?みたいな
なんか違うものみたい・・・だったし
タイトルロールは威厳のある姫の割には音の終わりの丁寧さがちょっと弱く、もう少し
ステイタスを表現してほしいなぁ・・・だったし。メインロールは本来パバロッティの十八番
だけにその印象があまりに強くて、ちょっと物足りない・・・だったし
以上かなりマイナスに書いてしまいましたが、結果的に指揮とオーケストラはとても
素晴らしく、すごく楽しい時間を過ごさせていただけました。ありがとうございました。

何より東京新国立劇場の水と光の演出は、各国のオペラハウスと比べても、独創性、
高尚性などが大変優れていると思います。
ぞれぞれにオペラと言う時間を共有する人々が集う空間は、素敵な気が流れている
ようですね。

この秋はもっと舞台芸術に勤しんでみたいものです





NORIKO K.
 2008/10/16 12:32  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ