« 2007年09月 | Main | 2007年11月 »
Apology & forgivness - あるアクシデント -
先日友達とスターバックスでお茶していたときのこと。

ある男性がマッチャフラペチーノを派手に落下させて、周り中の人々にかかって
しまいました。運悪く、私も!お誕生日にお友達から頂いたばかりのバーニーズの
黒のお仕事バッグが見事にお抹茶色に
慌てて拭いていると、生成りのスカートがかなりの被害らしい女性のクレームが始まり
ました。Wとても大切なスカートで気に入っていたのに、高いのに落ちなかったら
如何してくれるのですか??Wと繰り返し彼に迫っています。その迫り方が尋常では
なくて、私も一言Wお友達から頂いた下ろし立てのバッグが・・・Wなんて言って
みたものの、心ではアクシデントはしょうがないよね。自分が加害者になる事だって
あり得るのだから・・・と兎に角バッグを拭いていました。

正直いうとその男性もちょっとどん臭いよね。もちろん誤りはしましたが彼女に様子に
唖然としてか、ちょっと謝罪のタイミングずれてるな〜っと感じさせる節がかなりありました。
被害者は彼女だけでなく私や周りの方数名に及んでいたのですから、全員に然るべき
挨拶(お詫び+もし落ちなかった場合はご連絡くださいと名刺を渡すとか・・・)が有って
もいいと思うなぁ

さて一旦出て行った彼女は、マックスマーラでシミの検証してもらって戻って来ました!!
改めてまたWクリーニングでも落ちないらしい。如何してくれるんですか〜?Wの
ある意味いっちゃった剣幕にその男性は居たたまれなくなって一緒にマックスマーラに
行ってお話しましょうと出て行きました。そのときはもう私のバッグや他の被害者など
すっかり忘れてしまった様子。周囲への配慮も欠けてるね。
そしてその女性はきっと一時が万事そんな調子の人?だったらかなりエレガントな
品格に欠けるよね

まあそんなことが身近にあり、時は宛らボクシング界や食品界ほかでW誤り方と受け
入れ方W的な話題が持ちきりの中、こんなシーンをオンタイムで経験できたのもきっと
必然的な反面教師としてなのでしょうね〜。
W誤るセンスと許すセンスWがひいては人を受け入れる能力なのではないか、と
改めて教えて頂きました。


さて話は変わって写真は今年の秋を意識した、フレンチネール。秋色の銅色ラメに
流行のパープルのラインで引き締めて、バロック風味のアクセントを入れてもらいました。
黒系、茶系、紫系の洋服を意識した併せ易い色選びになりました〜



NORIKO K.
 2007/10/27 09:10  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Dramatic Life - 壮絶な人生 -
愛の讃歌」「バラ色の人生」などの名曲で知られるシャンソン歌手、エディット・ピアフ、
シャンソンと言えばピアフというくらい世界的に有名で素晴らしい成功を修めた彼女の
一生を描いた映画を見てきました。

パリで生まれたエディットが、母と別れ大道芸人の父と各地を回りながら何時しか歌う
ことを覚えていきいます。成人し街で見出されて名門クラブでデビューを果たした彼女。
が、オーナーの死で挫折。悲しみの中、師に恵まれ特訓を積んだ彼女は復帰後、
大スターとなり、米国へと進出するのですが・・・脚光の裏で起こった恋人の事故死など
彼女の悲劇も浮き彫りにした壮絶な伝記映画でした。


ピアフ役の女優さんが本当に乗り移った様な演技を見せてくれて、映画なのに私たちを
ライヴの世界に引き込んでくれます。
ピアフのあの歌声には彼女の数奇な経験、人生が織り込まれて人の心を打つのだと
改めて感動しましたね。でも、えてしてアーティストに共通な頑なさがもう少し
フレキシブルだったなら・・・と思うのは一般ピープルの発想なですよね

1920年頃からのパリ、ニューヨーク・・・ファッションやインテリアもアールデコでとっても
ステキです



NORIKO K.
 2007/10/24 08:58  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Image consulting - "似合うものを探すWということ -
今日からまたカラー&トータルコーディネイトの秋冬クラスが始まります。
新しいクラスを始めるときは何時も初めての方たちお会いするワクワクした緊張感が
ありますね。今期もステキな出会いがありますように


わたしがイメージコンサルタント&パーソナルスタイリストを始めて7年になります。
私の場合一度パーソナルを診て差し上げた方はライフタイムクライアントなんですが、
ここのところ以前診断をした方からのお問い合わせが重なって本当に嬉しい限りです。
結婚式の服選びのご相談や、正式ディナーにご招待されたので・・・などという
お問い合わせなどが、例えば愛知や福岡などからお電話や写メールを使ったりして
送られてきます。私を皆さんのパーソナルスタイリストとしてどんどん活用して頂きたい
ので、大歓迎だよね

そんなひとつが先日の母からの依頼でした。母は私のクライアント第一号ですから、
頭が上がりません。 「きちっとしたジャケットが一枚欲しいから見付けて来て〜。」
普段のセーターやスカートは何時も勝手に選んであげているので、母も気楽に頼んだ
のでしょう。一人で探しましたがさすがにジャケットばかりは本人抜きではフィット感が
いまひとつ読めず、改めて本人同行で探しに出かけることに。

年配の人のスタイリングする時の鉄則ですが、いろいろな場所を探し回りたくないので、
あるデパートのレディスフロアの中で絶対に最高の一品を見つけて購入することに
決めました。
ところがそこには思いのほか似合うジャケットが何枚もあって、本人混乱
もうどうでもいい状態に!!本当に何枚も着せちゃってごめんなさい。
でも最終的に、秀逸なジャケットが見つかったと思っています。なぜならば、
@着心地が良い A色が合わせ易い B着られるシーズンが広い Cカジュアル
過ぎず、フォーマル過ぎず D体型をスッキリ見せる E値段が納得できる・・・
こんなことを母に説明しながら一番出番が多くなりそうな一枚を選びました。
これが本人にベストだったかは判りません。何時だって、結論は私ではなくその方の
中にあるのですから。でも私に出来ることは、喜んで頂ける事を想定して、その時に
私に出来るベストのことを提供することによって、私自身がハッピーな仕事をさせて
頂けているかどうかなんですよね。

ちなみに母はそれはそれは喜んでくれて、湯葉会席をご馳走してくれました。ウフッ


さて秋も深まって、ますます今年のディスプレイはモノトーンですね。。。
ちょっと大人なファッションは、姿勢と歩き方、エレガントな所作も要求されそうよ〜







NORIKO K.
 2007/10/18 00:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Autumn Ocean - 江ノ島の秋 -
とかくエコとか環境問題とかが話題になっている昨今ですが、実際私たちとしては
思いつく手立てはエコバッグを使うとか、エアコン温度をマイルドにするとかくらい。

そんななか、江ノ島をクリーンアップするボランティアイベントに参加してきました。
ちょうど先日もTVでボランティアの人たちを紹介していて気になっていたのもあって、
私的にはすご〜いタイミングでしたね

海は刻々と人災によって深刻に汚染されているそうで、拾ったごみの種類の研究も
かねたボランティアのクリーンアップでした。
実際拾ってみると本当にプラスチックや硝子の破片、ネジ釘やタバコの吸殻といった
明らかに人によるものがいっぱいです。それを魚が食べ、鳥が食べてしまうそう。
改めて自然を破壊しているのは人間なんだなあっと思いましたね。

でも集まった人々は本当に一生懸命ごみ拾いをして、みんな気持ちよさそう!私も
何だかステキな達成感を味わわせて頂きました。
クリーンアップが終わると海辺で素晴らしいライヴコンサートを聴きながらしらす丼の
お弁当を食べて、さらにビーチサイドのイタリアンレストランでシラスのピザまで
ほうばって帰りました。

なんだか久しぶりに自然と戯れ、心地よい疲労感を味わった一日でした〜



NORIKO K
 2007/10/16 02:11  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Rouge Seduction - ガーネットの誘惑 -
最新リフォームリングです。
オリジナルはとってもクラッシクでオーソドックスなロードライトガーネットのリング。
それに、既存のリングからはずした、ダイヤを使うことがテーマです。

今回は着け手の方にお会いしたことが無いので、着けていらっしゃるイメージが浮かび
難かったので、イメージを決めるのがとてもむずかしかったですね。
そして周りに使ったダイヤもこのデザインの為に用意したものではないので、最初の
イメージからするとかなり大きすぎるの。(ダイヤが大きすぎるなんてやたらに贅沢な
悩みですけど

そのため何度か試作をかさね、ダイヤ部分をフラットにすると、サイズの微妙なバラつき
が目立つので最終的にテクスチャーでその部分のアンバランスを解消しました。
出来上がりはなかなかゴージャス〜
今回もリフォームならではの一点ものが出来上がったと思います。

このリングはこの冬のトレンド白黒のレザーとかのハード目なコートとブーツの装いに、
スパイスカラーとしてアクセントになりそうすごく映えそうなリングになりました




NORIKO K
 2007/10/13 00:14  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ