« 2007年06月 | Main | 2007年08月 »
Bead reform - 初めてのビーズ体験 -
出来上がりの写真がこれですが、これに関してbeforeの記録をしておかなかった
のが、とっても残念
お預かりしたのは、
@ゴージャスだけどちょっと年配っぽさがきになる琥珀のネックレス
A長さが短くなってしまったオレンジ色のさざれ珊瑚のネックレス
B石のクオリティは良いけれどボリューム感の少ないアクアマリンのネックレス
C糸の切れてしまったお気に入りクリーム色のシェルパールのネックレス。

その方のスケール、色素、雰囲気を最大活かせるようにと、この三つの作品になりました。
まず@+Aで、ツイストネックレスに。間にサンドストーンをスペーサーにしてちょっと
きらきら感を出すものの、同系色で纏めたので、派手になり過ぎないように抑えてあります。
Cのシェルパールはカットのシトリンで透明感を出し、シェルのスペーサーを使って
ラリエットに!夏のお洋服に映えますよね。
琥珀と珊瑚、シェルパールは相性もいいので、一緒に使っても。かなりゴージャスな
ネックレスに変身します!
最後はBのアクアマリン。顔回りに来るとボリューム感が足りないので、2連にして
ブレスレットにしてみました。間にはコントラストをつけるためにスモーキークォーツを
入れて、クラスプをゴールドのクロスで遊びを入れてみました。

今まで眠っていたジュエリーたちを活き返らせるのはビーズも同じこと。
「どれから着けようかしら〜」っと喜んで頂けた笑顔を見れた瞬間は、私が
本当に嬉しかった瞬間でした


NORIKO K.
 2007/07/30 10:27  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Theme of Interior - 家具選びの醍醐味 -
先日リサーチを始めたインテリアコーディネイトの締め切りがいよいよ近づいてきました〜
家具選び、ドレープ選びなど大物決めがカキョウ入っていて、かなり慌しい毎日

インテリアデザインの難しいところは、お洋服選びと違って、サイズとコーディネイトの
スケール感でしょうか。お洋服は等身大で、バランスが診易いですが、ソファやカーテン
などは、対お部屋のスケールだし、しかもいったんオーダーしてしまってサイズが意外
だったり、素材や柄の大きさの雰囲気がいまひとつ読みきれていなかったり・・・
なぁんて決定することの怖さがいっぱい。
もちろん住んで使う人々の住み心地が一番大切だからそこを加味しないとね。

アジアンリゾート風がテーマイメージなので、ウォーターヒヤシンスのカウチがフォーカル
ポイントになりますね!!
早く家具を選びきって、小物のコーディネイトに入りたいと言うのが本音な私・・・。
テーブルランナーやクッション、壁掛けやラグなどなど・・・バリ・ベトナム・タイなどの
小物がとても気になる今日この頃です





NORIKO K.
 2007/07/24 02:02  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Hair Spray - ポップなミュージカル♪ -
渋谷文化村のオーチャードホールで、ブロードウェイミュージカルWヘアスプレーW
が始まりました。
久しぶりの舞台だし、昨年秋にニューヨークに行ったとき、観そびれたミュージカル
なので、期待いっぱい


この作品、一見ポップで華やかなだけのミュージカルのよう見えますが、実はとっても
奥が深いんだな〜という作品です。
お話は1960年代のボルチモア(東海岸の小都市)が舞台。誇張されヘアスプレー
で固められたビッグなヘアスタイルとファッションをモチーフに、この頃のアメリカの
数々のテーマが織り込まれています。今は死語になりつつあると思われるニグロや
カラードと言った黒人差別、政治問題、家族愛などなど・・・。
さすがにトニー賞受賞のロングラン作品です。
あの頃の黒人たちは今では考えられないほど、偏見を受けていたのね!

これをNYで観るより、字幕つきで東京で観た方が、はるかに理解度が高くなるので
、こちらで観れて本当によかった。何しろ歌の部分なんて聴き取れませんから
チケットをゲットしてくれたチカちゃんに感謝〜
その上、ロンドン時代(1977年来!?)の友人せっちゃんがヘアスプレーの通訳を
していて、幕後に久しぶりに出来たし!!
素敵なセレンディピティな一夜でした
NORIKO K.
 2007/07/21 08:50  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Match to Face - 夏の明るい顔映り -
そして最近のネックレスたち

これは3人の方のオーダーですが、それぞれのカラー・ライン・スケールに合わせての
拘りのデザインです。ひとつひとつ、それぞれのお顔をイメージしながら考えると、面白い
ようにデザインが浮かんできます。
きっと石の波動が着ける人に伝わるのかな?本当に似合っていて素敵です
取り替えて着けてみると一目瞭然。似合うものってこんなに違うのね!?

これからのシーズン、似合う石のビーズジュエリーで顔周りをより明るくして、襟の開いた
夏のトップを颯爽と着こなしましょう

NORIKO K.F
 2007/07/18 09:09  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Reform as you like - 直してみました -
今回はビーズのリフォームです。お客様が持っていらしたのはルチルクウォーツの
イラスティック仕上げ(ゴムタイプ)のブレスレット。今や人気ナンバー1のパワーストーン
ですが、カットの入っていない丸玉はスプリング・ウィンターのカラータイプの方には正直
言ってちょっとお地味になるためにお数珠っぽい感じが否めない・・・。

そこでしずく型にカットされた黄緑色のぺリドットと、クロス型のクラスプを使いリフォーム1
をしてみました。初めはゴールド色の丸玉ブレスレットだけだったのが、ブレスとネックレス
とピアスに変身
ぐっと明るく若々しい感じになりました。

さてこのリフォームにとっても喜んでくださったこのお客様・・・実はグラフィックデザイナー
さんなので、すてきなアイディアが浮かんじゃったみたい。更なる難題を持ってきてくれ
ました。せっかくクラスプが同じでネックレスとブレスレットを繋げるので、それに付ける
可動式のペンダントヘッドが欲しいと!!
私とビーズの作り手さん、ゴールドの職人さんみんなにとって色々な意味でチャレンジ
でしたが、力を合わせてこんなリフォーム2が出来上がりました
さらにピアスもチェーンで下がるタイプに直して、バージョンアップしたセットになりました
ご自分のデザインが形になったことで、この方は本当に喜んで下さいました。

こんな感じで、常にフレキシブルな脳で個々に喜んで頂ける、オーダーメイドな仕事をして
行きたいですね〜。
ビーズ製作のみきちゃん、ゴールドの加貴さん、いい仕事をして下さって本当にありがとう。

Reform-1

NORIKO K.Reform-2
 2007/07/14 07:19  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ