« 2006年11月 | Main | 2007年01月 »
Good old days −大掃除、ちょっと一休み−
最近Wそうじ力Wが何かと話題に上ります。そんなテーマの本も沢山出版されている
みたい。自分の周りの環境を飽和状態にしておくと、新しい情報や新鮮な考え、出会いが
滞ってしまうと言われています。更に換気を心掛けたり、お手洗いや水周りをピカピカに
するのもとても大切。確かに周囲を整えると自分の考えや行動もクリアになる気がするよね。

来年はもっともっといろんな人に出会いたいし、では今年中に大掃除しましょ♪っと始めたものの,
只今なかなか手ごわいガラクタと格闘中です。来年の目標は「整理整頓」〜って
これ小学生レベル!?基本は大事よね。


そんな中、棚の奥を片付けていたらスタイリスト時代の作品に遭遇。あの頃は本当に
広告黄金時代でしたよね。
ミラノで撮ったホンダのバイク、Mr.Paul Mewmanと一緒にNY〜フロリダへ行った
日産スカイライン、初めてのパリ/フランスロケのポカリスエット、サンフランシスコの坂道で
ロケ敢行のキリンメッツ、かと思えば都内のプールで、ドレスを水浸しにして夜中に撮影したり・・・
などなど他にもいっぱい!・・・其々に大変でそれぞれに楽しく思い出深い、本当に
素晴らしい作品に携わらして頂いていたと思います。改めてスタッフに思い出し感謝です
そしてこれを観ていたらなんだか元気を貰った気がする。
お家にある要らないガラクタは今日いっぱい処分するけれど、今の自分にパワーチャージ
してくれる過去の自分の思い出はそっとしまって置きましょう


NORIKO K.
 2006/12/30 16:44  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Happy New Year −良いお年を−
英語のHappy New Year はあけまして・・・ではなく、良いお年を!の方が近い。
したがって本来は2006年内に言うのが正解。因みに年明けにももちろん使います


今年の初めにスタートした、たまプラーザのジムでの私のイメージアップウォーククラスが
ちょうど一年経ったので、今日は区切りの日でもありました。
いつも出席して下さっている方たちの、ここのところの上達がめざましいのに
とっても驚かされ、嬉しく思っています。
姿勢と歩き方は、まさしく意識の継続だと、私が生徒さんから教わるくらい。
来春にウエディングを控えたあきちゃんは、この半年、カラー、ウォーキングと
良くがんばりました。チャーミングなブライドになるためのドレス選びや、
会場のカラーコーディネイトのアドバイスも出来たので、きっとばっちり美しい花嫁よっ
皆さん、一年間私を成長させて下さって本当にありがとうございます。来年も
楽しい、有益なクラスになるよう、がんばるね。
良いお年を!は素敵な日本語だと思います。本当に皆でハッピーな年を迎えたいですね。

今日はお花屋さんが美しくW和Wを奏でていました。もうみっつ寝るとお正月〜です。

NORIKO K.
 2006/12/29 02:09  この記事のURL  /  コメント(2)  / トラックバック(0)

On and after X'mas day−季節行事のルールー
一枚目の写真は25日の夕方、オペラシティのパティオで野外コンサートをしていました。
X'masソングを外の空間で聴くのも素敵な企画ですよね。

そして後の写真は今夜(27日)の様子。あの大きなX'masツリーが見事に跡形も無く、
閑散としています。すばやい撤収にびっくり。
クリスマスの一週間後に日本本来のビッグイベント、お正月が控えているから、
早くX'masデコレーションを初めて、即撤去>お正月飾りの運びとなるのね。
この時期の飾り物は本当にめまぐるしいね。ディスプレイのスタッフは、さぞかし
忙しいシーズンでしょう。

ニュースで時折ニューヨークのイルミネーションを写すので、懐かしい気分で観ています。
アメリカの場合は、New Yearはそれほどビッグイベントという訳でもないので、飾りつけは
取り立ててありません。サンクスギビング(11/27位)が終わったら一斉にクリスマス
の飾りつけ。X'mas一色になります。この時期はご挨拶がWMerry Christmas"から
"Season's Greeting"に変わっても、街の華やかさは変わりません。
ショッピングなどの盛り上がりはイヴまでで、25日はうって変わって静かになり、
其々の家族と楽しく過ごすのが一般的。
そしてその後の暮れの街はなんだか世話しなく、一年が終わり、タイムズスクウェアの
カウントダウンとセントラルパークの花火で新しい年を迎えます。この日は夜通しでパーティ
なんかが多いね。ハッピーに新しい年を迎えましょうって態度のよう。
私はおせちの真似事を作ったりしてお友達を呼んだりしていましたっけ。
NYの街のX'masデコレーションの撤去はまちまちだけど1/6辺りが多いかなあ。
そして静かで厳しい冬を過ごすんです。

日本はこれからお正月の飾りつけ。W和Wの飾りは心がなごみます。
新年は厳かなお正月がやっぱり良いですよね。

NORIKO K.
 2006/12/27 23:56  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

Nuts cracker−クルミ割り人形のネズミです。−
バレエWクルミ割り人形Wはクリスマスに必ず掛る演目です。
NYのリンカーンセンター内、ステートシアターで毎年NYCバレエカンパニーが、
オペラの合間を縫って毎年行うプログラム。子供達にもとっても人気があります。

これは先日書いた特殊メークアーティスト、二ール氏の作品で、実際ピューロランドで
のパフォーマンスでダンサー達が着ているものですって
口内のメッシュの部分が中の人の眼、顎が口です。そして中にヘルメットが入っていて固定。
バレエを踊っても大丈夫には作ってあるけど、これで踊るってそうとう大変よ
子供の夢をかなえる素敵なお仕事は決して楽ではないですね。

私がいた頃のNYでもジューイッシュの人たちにはクリスマスは無いし、宗教上の
挨拶はいろいろあるので、メリークリスマスよりWハッピーホリデーWと言っていましたが
最近ではある大手デパートが、Merry Christmas禁止で物議を醸し出し、断然後者の
挨拶が主流になっているんだそう。
では、皆さん、Happy Holidays、素敵な、ホリデーをお過ごしください。

ノリねずみでした


NORIKO K.
 2006/12/25 23:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

MerryChristmas −皆さん楽しいクリスマスを♪−
我家のクリスマシーアイテムを集めてみました。
私もイヴの今日はお友達のお宅でパーティです。
皆さん、暮れで忙しいとは思いますがどうか楽しいクリスマスをお過ごしくださいね
NORIKO K.
 2006/12/24 05:58  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)

| 次へ
プロフィール
河面 乃浬子 Noriko K.(かわも のりこ)
広告のスタイリストを経て渡米。ニューヨークで12年間、インテリアデコレーターやジュエリーコーディネータとして活躍。ハリソン・フォードの通訳コーディネートも務める。
 5番街H.Sternジュエリー販売も手がける。アメリカやヨーロッパ生活で学んだ感性と経験を活かし、ステキに見える色・デザイン選びや歩き方、オンリーワン・パーソナルジュエリーのデザイン、インテリアのコーディネート術まで指南する、日本初の“ジュエリスト”であり”ライフ・スタイリスト“個人のセルフイメージコンサルティングやアドバイス、パーソナルジュエリー創りを中心に、ハッピーカラーレッスンや、まるごとコーディネイトワークショップ、ビフォアアフター変身術でテレビ出演など多方面で活躍中。

乃浬子Noriko K. プロフィール
ホームページ「 bonne maturite 」
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ