« 2008年02月 | Main | 2008年05月 »
これはうまいそ、OISIX(おいしっくす)。
「高島さんから野菜が届くよ。」仕事から戻った夫がOISIXの記事を渡しながら言った。
はじめて聞く会社名。OISIXは「おいしっくす」と読む。高島さんは東大を卒業後、外資系コンサルタント会社に勤め、そこをやめて食材の会社をスタートさせた。独自の安全基準をクリアして安全食材を全国宅配し始めて、すでに20万人以上の顧客をもっている。
といっても、食材の宅配会社は今や日本中に山のようにある。だからあまり期待せずに待っていた。

今までいろいろな食材宅配を利用したことがあるが、どれも働く私にとっては不便なものであった。無農薬だが、毎回何が入っているかわからない、または量が調整できない。泥つきはいいが、すぐに使えないので、いつの間にか腐らせてしまう。沢山の失敗をした結果、食べ切りサイズの食品を買うことにきめ、スーパーでできるだけ有機野菜を選ぶ方に切り替えた。安全であることと、無駄をしないことを両立させようとすると、この選択肢が夫婦と娘だけになった今の状況には一番合っている気がする。

そう思っているところに約束の野菜ボックスが届いた。それはいままでと全く違ったものであった。冷蔵庫に収まりきれる量の元気な野菜たち。葉付き蕪に真っ赤なかたいトマト、ちょっぴり泥がついたニンジン、小芋サイズのジャガイモなどなど。

その日のうちに届いたばかりの野菜で、ホワイトクリームシチューを作った。蕪はごく甘。ニンジンはあの昔のニンジンの味。そして、きわめつけはジャガイモ。クリのように黄色くて甘い甘いジャガイモ。さつまいもでクリのようだということはあるが、ジャガイモでは初めての経験。9種の春野菜をたっぷり使ったシチューは超うまで、家族みんな大満足の夕食となった。おいしい食材があれば、味付けはいらないね。OISIXが目指しているものが何となくわかった気がする。

こんな美味しい野菜をつくりつづけている生産者のみなさん、ありがとう。そして、高島さん、がんばってくださいね、とエールを送りたくなるほど、おいしっくすなディナーでした。


 2008/04/22 00:13  この記事のURL  / 

都をどりと一力茶屋
友人夫婦に招かれて、京の都をどりを見に行った。祇園の舞妓さん芸妓さんたちが日ごろの精進を発表する場とあって、お贔屓さんも多い。華やかや舞台の裏では、涙ぐましい努力がされているのはどこの世界でも同じだが、ひとつ違うのは舞台がはねた後、彼らにはお座敷という本業が待っていることだ。



踊りを見た後、一見さんお断りというというあの祇園一力に初めて足を踏み入れた。赤茶色のヘイの中はどんなだろう、と前を通るたびに思っていたあの一力である。そして、そこにあらわれたのが、先ほど舞台に上がっていた舞妓さんと姉さん格の芸妓さんたち。舞台前にお茶をたててくれた芸妓さんもきてくれた。

彼らは美しいだけでなく、とにかくかわいい。気配りもすごい。話もうまい。そして、なによりも上品であった。背筋をピンとのばし、どんなしぐさも舞いのような型をもっている。こんな女性たちに囲まれたら、女性の私でもいい気分になってしまうのだから、男性たちはなにをかいわんや。仕事で参加できなかった夫が本当に悔しそうにしていたのが分かる気がする。



祇園がいい大人のボーイズクラブだと聞かされたいたが、実際にいってみたら、納得がいった。舞妓、芸妓という職種の一流のビジネスウーマンが美しく働いている祇園。それはまさに日本の高級ブランドのひとつといえる。
 2008/04/18 23:01  この記事のURL  / 

めでたい記念日について
色々な記念日があるが、二人で祝うのは結婚記念日。二人が揃って元気でいれば、銀婚式、金婚式などめでたい日を迎えることができる。その日にはおしゃれなレストランにでかけてシャンペンを開けるもよし、趣向をこらして結婚式を挙げたホテルに一泊するのもいいだろう。だが、毎年結婚記念日がやってくると現実は毎回きっちり記念日に二人でというわけにもいかない。仕事があれば、じゃ、明日にしよう、ということにもなる。しかし、記念日は「その日」に意味があるのであり、明日という記念日はない。

私たちは4月11日に32回目の結婚記念日を迎えた。あっという間に30年を過ぎた。記念日になにか特別な計画もなく、その日を迎えた。

当日私は、去年、新しくスタートさせたブランド、レナジャポンの新製品、モイストシマ―UVの発売日とあって、発売記念日の方に気を取られていたので、例年のようにカードだけでも用意しなくてはと思っているうちに夜になってしまった。
結婚記念日と新商品の発売日が重なるのも何かの縁。幸先がよさそうでそれはそれでいいように思えた。

そういえば、結婚記念日の2−3日前に航空会社の月刊誌の企画で、東京ミッドタウンのガーデンテラス4FにあるBillboard liveにliveを聴きに行った。アーティストはドッド・ラングレイ。「ハロー・イッツ・ミー」などのヒット作があるロック界の異才といわれるアーティストだったが、私にはハードロックすぎて楽しむ域まではいたらなかった。しかし、この企画のおかげで、二人で久々に音楽を聴きに行くことができた。しかも、期待をしていなかったディナーがすこぶる美味しかった。この日は記念日の数日前ということもあり、前哨戦のような感じになった。

翌日はなんとサントリーホールへ。三枝成彰氏のモノオペラ「悲嘆」に招待された。昨今次々にオペラや鎮魂歌など素晴らしい作品を生み出している三枝氏の初めてのモノオペラとあって楽しみに出かけた。演じるのは世界のオペラ歌手、中丸三千絵さん。一人で80分を歌い上げるという快挙を成し遂げ、日本のクラシック音楽界にまたあたらしい風をもたらした。

振り返ってみると、私たち夫婦は偶然とはいえ、結婚記念日を結構周りの人々に祝ってもらっている。30年目の真珠婚式は婦人画報の企画の真珠婚に出演依頼があり、プロのカメラマンに真珠をつけた二人の写真を撮ってもらったし、今年はハードロックとモノオペラ。

11日の当日も、今年4月から始まったオトナチャンネル BS11(BSデジタル ハイビジョンテレビ局)の収録を終えた夫が、立派な蘭の鉢を抱えて帰ってきた。テレビ局の人が結婚記念日と知って、プレゼントして下さったとのこと。全くもってありがたい話である。そして、なによりもありがたいのは、こうやって、二人で元気に記念日を迎えることができることだ。若いころは躍起になって記念日のためにケーキやプレゼントを企画したものだが、この年になると一年、一年、一緒にその日を迎えることができることに感謝の念を覚える。

「一緒にいるとき大切に思う人より、一緒にいられないとき大切に思う人が本当に大切な人」という一文に出合った時、「そうだ」と納得したのは年のせいかもしれない。なによりも今年も元気に二人でその日を迎えられたことがめでたやめでたや。




 2008/04/13 23:00  この記事のURL  / 

待望のUV登場。
スキンケアはシンプルに限るという思いを形にしたのが、レナジャポンのスキンケアプログラム。ダブル洗顔の後、保湿のための美容化粧液を2回つけるだけ。ダブル洗顔は毎日の汚れをしっかり落としてくださいという意味であり、それはひとによって1回であってもいい。またフルメイクの人は手持ちのクレンジングでメイクを落として石鹸で洗顔をすることを勧めている。化粧液を2回つけるのは保湿をたっぷりして下さいという意味。3回必要な時もあれば、1回でいいこともある。すべてがその時の自分の肌の状態による。

自分の肌をこんなにしっかり見るようになったのは久しぶりです、という友人がいた。肌は生きものだから、毎日きちんと手入れしていると、きちんと応えてくれる。

保湿の後、日中は保護が必要になる。朝は3ステップ。夜は2ステップ。いずれにしてもシンプルだから、続けられる。


明後日(4月11日)、いよいよこの保護のためのUVが発売される。
LJモイストシマーUV。SPF30でPA++。
念願の保湿とシマーが入ったUVである。化粧業界に携わりながら、いつも探しあぐねていたのがUV。重すぎたり、顔がバリバリになったり、落とすのがたいへんだったり、でこれというものがなかった。ならば、作ろう。というので保湿を入れて、肌が光って見えるシマーもいれた。おかげで、肌がきれいにしっとり見えるので、ファンデーションなしでもすごせるようになった。発売前3か月ほど自分の肌で試してみたが、すこぶる調子がよい。商品開発にいつも協力して下さっているモニターの方がたからはうれしいコメントが続々届いている。

振り返れば、最初研究者と話をした時「こんなものはできない」ときっぱりいわれた。しかし、そんなことはないはずだ。今までの経験だけで仕事するのではなく、ぜひチャレンジをするつもりで仕事に取り掛かってほしいとお願いした。

最初のサンプルが届いたとき、その期待以上の出来に感動した。希望がすべてその中にはいっていたからだ。軽い着け心地、持続するしっとり肌、光る肌。これぞ長年さがしていたUVである。その後何度が改良を重ねた後、最終サンプルを決定。UVの効果測定を米国の公式機関に委ねた。納得いくものを作ろうとすると費用も時間もしっかりかかる。産みの痛みがいつか喜びに変わる日が来ることを信じて、まい進することをいとわない。


3ヶ月後届いた書類にはSPF30.8 PA++と書かれていた。
こんなに軽くてこの効果。私たちは歓声をあげた。やればできる。

今までの思い込みをひとつづつ壊していくこと。そこに新しいものが生まれてくる。
私たちは商品だけでなく、ビジネスすべてを通して、新しい道を探し続けている。


 2008/04/09 21:33  この記事のURL  / 

「あなたのさくら色」」募集中
レナジャポンというスキンケアのブランドを3月6日に本格ロンチした。去年の11月1日にソフトロンチといってテストマーケティングを踏まえての商品販売を始めたが、正式な発売は今年になる。ソフトロンチをしてから3か月はとにかく、不具合を調べるのに費やされた。HPの改善、フリーダイヤルの設置、その応対の方法の確定、Eコマースによる販売の支払方法の確定や改善、商品説明の不備の改善、物流倉庫の確定など。やらなければいけないことは天まで届くほどだった。人力もたりない。私を含めてたった3人という少人数でスタートした。

スタートしたばかりのこのビジネスをとにかく軌道にのせようと私たちを駆り立てたものはレナ・ジャポン・インスティチュート(株)が掲げているミッションの一つ、社会貢献活動としての「さくら芸術文化応援団」の存在である。売上の一部を芸術文化を志す日本の若者の育成に役立てる。大きな夢を追いかけている。だからこそ大変も楽しい。

利益があがるまで、社会貢献活動はできない、と思っていたが、やはり、利益が上がるまで待たないで、小さくてもいいからスタートさせよう、ということになった。もちろん、ありんこのように小さなスタートである。それが今回始めた「あなたのさくら色」募集。さくら芸術文化応援団のオープンニングイベントである。

「あなたのさくら色」。それは百人百色のさくら色でもある。レナジャポンにとってさくら色は「幸せを運ぶ大人のピンク色」。ボトルカラーでもあり、メッセージカラーでもある。自分がさくら色と感じたものを写真で撮って、応募してもらい、作品をレナジャポンのHPに発表する。HPにはたくさんのさくら色が並ぶ。その日がたのしみだ。未来のプロカメラマンの作品群。そう思うと心が弾む。おもしろそうだと思ったら気軽に応募してほしい。感じたままに、美しい作品を、楽しい作品を待っている。詳細はレナジャポンへ。

 2008/04/08 21:58  この記事のURL  / 


当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
プロフィール
蟹瀬 令子(かにせ れいこ)
上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

蟹瀬令子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/kanise/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード