« 2006年10月 | Main | 2006年12月 »
夫婦でゴルフ
 長野の熊野神社の神主さんに会う機会があった。お坊さんにしても神主さんにしても実に話が面白いが、この方は元学校の先生であっただけに格別だった。「ネギにはねぎらうという意味あるんです。」「お父さんが仕事から帰ってきたら、ネギの入った味噌汁を出して、お疲れさまとねぎらう。そして、味噌汁の中のネギを食べたお父さんは、今日も美味しい食事をありがとう、とお母さんをねぎらう」だから、ネギは何の料理にもあうのだという。久々に「ねぎらう」という言葉と出会った。ずいぶん昔に置き忘れてきたような気がする。

 お坊さんの話で思い出したことがある。実は夫の母方の実家はお寺さんで、ナント、祖母がお坊さんであった。新婚時代に金沢のお寺を訪ねたときのこと、「毎日手を合わせて感謝をしなさい」といわれたが、そのあとの説明が穿っていた。「手のシワとシワを合わせてしあわせを願う。」なるほど、語呂合わせのようでもあるが、わかるような気がした。こうやって、昔から、人々に伝えられたものはスーと心に届くから不思議だ。

 最近の新聞の特集にパートナーとの関係を円滑にする一言というのがあった。「お疲れ様」「ありがとう」をいうだけでも関係がよくなるというのだ。当たり前のことなのに、新聞記事になってしまう。夫婦間に「ねぎらい」の言葉がなくなりつつ現代を反映しているようであった。我が家ではいつも「ありがとう」が飛び交う。お茶を入れてもらっても、ありがとう。新聞を取ってもらっても、ありがとう。電気を消してもらっても、ありがとう。家族であっても、何かやってもらったら、ありがとうという。習慣になってしまうと、毎朝顔を洗うように普通になり、言ったあとは洗顔後のようにすっきりする。こんな美しい言葉があるのだから、その言葉に働いてもらわない手はない。

 私たち夫婦は50歳になるまでゴルフはご法度だった。共働き夫婦の休日は子供へのサービスデイでもある。そんな大切な日を日長ゴルフに興じるなど、もってのほかというのが理由だった。で、51歳になった時、夫は待ってましたとばかりにゴルフをスタートした。何でも始めるとある程度上手になるまで集中してやらないと気がすまない夫は時間があるとクラブを握っていた。コースにも出るようになり、少し上手になったとき、「これからは二人でゴルフだ」と言い出した。その年のホワイトデイにレディス用のクラブセットを買ってもらい、練習場で2−3回練習しただけで、私はコースにデビューする羽目になった。実に電光石火。「私には向いていないんだけど」とか「どうしてやるの」とか言っている暇はない。

 練習場でもゴルフ場でも「もっとボールを見て」「左腕をまっすぐ」などなど、注意の豪雨。止まっているボールなのに当たらない。緊張している上に注意が続くので、自然と機嫌が悪くなる。頭の中でぶつぶつぶつぶつ、文句の数珠ができる。「自分だってまだ上手じゃないのに」「わかっているから黙っていてよ」と。結果、自分の腕の悪さや集中力の欠如を夫のせいにしてしまう。こんな日が続いたあと、ふと、気づいた。こんなことをやっていてもうまくなれない。うまくならなきゃおもしろくない。だったら、少し前に始めたとはいえ、運動センス抜群の夫のアドヴァイスを素直に聞こうと。しかも夫をコーチにすれば、レッスン料は無料。こんなに安いコーチはいない。そのうえ、たまたま私が「ナイスショット」を出すと、まるで自分の事のように喜んでくれる。私は私で、ほめてもらうと、テストで100点を取った子供のような気分になる。二人で目と目を合わせて笑いあう。ずいぶん前の記憶、そう、新婚時代のように。この瞬間、ちょっと照れくさいけれど、妙に嬉しかったりする。50代に入って二人で何かを始めるって小さな発見がいっぱいあって、なんだかいいかもしれない。


 白州次郎と正子の夫婦円満の5つの秘訣が雑誌に載っていた。そのひとつに「なるべく一緒にいないこと」とあった。個性の違う二人なのだから、一緒にいないほうがうまくいくに決まっている。でも、普通の夫婦は違うかなと、思ってしまう。お互いをわかるためになるべく一緒にいる。そうして、できればマイナスの面ではなく、お互いのいい面だけを見て、過ごしていく。そうやっていけば、ミドルエイジも「楽しく二人で」が実現できそうな気がする。ねぎらいながら、感謝しながら、「ひとりより、ふたり」。昔の丸井の広告コピーを思い出した。
 2006/11/20 00:19  この記事のURL  / 

令子は今。
今日は、最近の動きをすこし。

☆今、来年1月に出版予定の本を書いています。テーマは「キャリアについて」かな。中学生の方でも読めるように、やさしい言葉を捜しながら、自分の通ってきた道、道で考えたことを少し書き留めていっています。書き始めると、本当にいろいろなことをやってきたのだなとあらためてビックリする次第。出版の暁には、働く方々やこれから社会に出ようという方にぜひ読んでいただきたいと思っています。


☆友人のひと言がきっかけになって化粧品を本気で作っています。「今でも化粧品ジプシーで、自分にあったものが見つからないのよ。令子さん、なにかいいものない」何人もの友人が、とくに仕事をバリバリやっている女性達からの質問です。忙しいし、スキンケアに時間はかけられないし、といって、人前に出ることが多いので、肌は気になる。そんな友人達です。奉仕精神がめきめきと頭をもたげてきて、「そうだ、こんな友人のために、何か役に立たねば」なんてね。で、得意分野でもあることだし、と走り出しました。さて、さて、どんなものが出来上がるか、楽しみにお待ちくださいな。


☆日本の若者の文化芸術活動を支援するためのファンドを準備中。実現はいつのことかわかりませんが、この活動を通して、若者の健やかな精神の育成に寄与できたら、という大きな夢を追いかけています。日本中の人を巻き込んでいけたら、なんて、ちょっと欲張りでしょう。でも、夢って大きいほうがいいです。しぼんでいかないから。現在はこの話をあちこちで話しては、一緒にやってくれそうな方々を探しています。


☆本業であるマーケティングのお仕事もやっています。今はマーケティングというより、企業のブランディングのお手伝いが多いです。マーケティングは短期勝負で商品を売る戦略を考えますが、ブランディングは長期スタンスで商品や企業のカタチを作っていくものです。結構地味にこつこつですから、辛抱の時間がいります。ソニーやナイキなど世界ブランドになっているものも、長い年月に紆余曲折を乗り越えての今ですから。

☆ジャーナリストの夫とバレーリーナを目指す娘の「ときどきマネジャー」もやっています。マスコミ界や芸術界での活動には現実を把握しておく人がそばにいる必要があるからなんですね。それには私はうってつけです。いつも裏方が大好きですから。そういえば、高校生の時演劇部に属していたのですが、その時も舞台に立つ俳優ではなく、舞台を照らす照明係を希望していましたね。照明の力って、舞台を活かすことも殺すことも出来るんです。この醍醐味を体験したせいか、裏方の力って面白いと思っています。


☆趣味の声楽のレッスンを再開しました。声楽は6歳から習っていたのですが、コレばかりは、声が勝負。練習をしないとすぐにさびてしまいます。6歳から18歳まで、そして、しばらく休止して、30歳からまた再開。かなり続いたのですが、42歳で起業すると忙しくなってまた休止。そして、今度が3度目のスタートです。声をだすってきもちいいだけなく、知らぬ間に垂れだしたお腹の筋肉を引き上げるのにも役に立ちます。レッスンを始めたと同時に、以前から参加していて、これも海外生活のため休止していたゴスペルの練習に参加し始めました。発起人はかの有名な音楽評論家&作詞家の湯川れい子さん、指導はゴスペルの母、亀渕友香さん。このおふたりが率いるその名も「東京女声合唱団」の団員として歌うのです。団員資格はありません。この合唱団はあちこちにボランティアででかけては歌っています。津波災害が起こったときはサントリーホールで催されたチャリティコンサートに参加し、多くの募金を集めました。また、クリスマスにはホテルでチャリティコンサートを開き、細川佳代子さんが日本でスタートさせた知的障害者のための「スペシャルオリンピックス」のための募金活動などをしました。地球、子供、動物を救うために歌う集団です。私はでたりはいったりで、真面目な団員ではありませんが、それでも気持ちだけは合唱団の仲間とともにあります。

ってな具合で忙しい毎日を楽しんでいます。
「この年になったら、楽しいことだけをやるのがいいわよ。今まで大変なことはいっぱいやってきたのだから。」と美容界の第一人者、小林照子さん。「大変でも楽しいと思えることをやる」ってことです。70歳を過ぎた人生の先輩の言葉が胸に残りました。
 2006/11/12 11:19  この記事のURL  / 

中年女性を女にする法。

「女を捨てちゃ駄目だよ」
このセリフはきつかった。もちろん男性が女性を振る話ではない。中年女性があきらめ顔に、「もう年だし」とか「この年でいまさらね」とかいって、女らしくなくなった理由を年のせいにしてしまうことである。

19歳の娘から、「あのさ、まだまだ女でいなくちゃね。それには大事なことがあるんだけど」ときりだされた時は耳がダンボになった。うーん、大事なことね、それって、綿パンではなくシルクのパンティをはけってこと。ちょっとデコルテがみえる服を着るとか、ね。と思っていたら、「あのさ、どんなセクシーな服をきても。胸よりお腹が出てたらそれはNGなんだよね。それに気づいてる?」と続いた。よく見てるな母の姿を。わが娘ながら、その観察力に感服した。そう、最近はどんな素敵な服を着ても、胸よりお腹がでてしまうのです。シルエット台無し。色っぽさ皆無。鏡を見るたびに腹筋20回と思うけれど、3日坊主で続かない。

「あとさあ、あのクシャミ。部屋の物が全部飛んでいきそうな勢いのあのクシャミは、百年の恋も冷めるよ。」そう、私は一年中、花粉症で、朝一番のクシャミはまるで、とまらない目覚まし時計のようでうるさいらしい。時々注意されてはいたが、出るものは止まらない。この開き直りがいけないのである。そういえば、若いときのクシャミはかわいかった。ボーイフレンドに子犬のクシャミのようだといわれたこともある。しかし、今はどうだろう。同じ人間とは思えないほどのクシャミ。象のクシャミだ。おばさんはクシャミで作られる。

「それからさ」と講義は続く。
「ゲップ。気づいてないでしょ。食後によくしているよ」
えええ、ゲップ。コレは男性の専売特許と思っていたのに、私がゲップ。確かに時々意識していたが、無意識にたくさん出ていたとは。コレはまずい。どうも中年になると、この手の音に鈍感になるらしい。ちょっと前まで体からでる音に敏感だったのに。いつのころからだろう、あまり気にしなくなったのは。おならをするためにトイレに駆け込んだ日もあったのに。あのころはどこに行ってしまったのだろう。まったく、ね。

「そして、おなかの肉をつかんだり、さすったりしたりしないこと。もう、ホント、色気なくなるから。中年おじさんと同じだからね。それでもてようなんて、絶対無理。」こうもきっぱり断言されると、寂しいものがある。おばさん坂を転がりおりていく自分が怖い。

「最後に背中を丸めて歩かない。せっかく、お父さんと一緒に歩いていても、背中が丸いと10歳くらいふけて見えるからね。それじゃ、お父さんかわいそうでしょ」
何度注意されても直らない丸い背中。インターネットで矯正下着を調べたら、あるある、お腹にヒップ、バストに背中。最新作の背中の部分がバッテンになった矯正下着は姿勢をよくして、歩く姿を美しくしてくれると書いてあった。これ必要かも。でも外で美しいのは大事だけれど、ヤッパリ、矯正下着をはずしたら、ダラーンじゃね。

毎日5分の腹筋と20分の自転車こぎ。効果はゆっくりだけれど、やらないよりいいかもしれない。

それにしても娘を持つ母は幸せである。自分が娘時代に恥ずかしいと思っていたこと、たとえば、からだから発するさまざまな音や、身体的な変化を思い出させてくれるからだ。
「まだ、磨けば光るでしょ、いくつになっても女を捨てないことよ」
娘のこの一言で気づいた。シミ、シワ、たるみのケアも大事だが、もっと大切なことは、恥らうことを忘れないことである。図々しくなると、美しさもなくなる。いつまでも女でいることは、女として生まれた特権なのだから、自分から積極的に女を捨てないことね。ホント、ホント。
 2006/11/07 01:09  この記事のURL  / 


当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
プロフィール
蟹瀬 令子(かにせ れいこ)
上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

蟹瀬令子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/kanise/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード