« つぶやき | Main | 嬉しい出来事 »
今、きれいでいたい人のための深呼吸洗顔
順天堂大学のK教授とご一緒したとき、とても面白いお話を伺いました。

「自律神経のバランスを保つコツは、
副交感神経から交感神経に移行するとき
とてもゆっくりとその移行をおこなうこと」というのです。

確かに、朝起きぬけのまだ副交感神経が働いているときに
あせって何かやろうとしてもうまくいかない。
逆に疲れて夜すぐに眠りにつこうとしても
日中の興奮がさめやらない間は眠りにつけない。

こんな朝夕に有効なのがレナジャポンおすすめの「深呼吸洗顔」。

「ゆっくりと泡を立て、もっちり泡で、肌をいつくしむように
優しく時間をかけて顔を洗う。
そして、ちょっと温かめのお湯で10回以上柔らかく泡を洗い落とす」

それはまるで大きく深呼吸するような感じです。
太極拳にも似た動きの洗顔。
この時間が副交感神経と交感神経のチェンジに一役買います。
ああ、気持ちよかったという気分、それが大切なのですね。

ちょっとしたことですが、
毎日洗顔のとき、「深呼吸」してみてください。
驚くほど、肌だけでなく心まで調子よくなりますよ。
 2014/04/17 21:42  この記事のURL  / 

私の今年の花粉症対策は完全?
「花粉症に○○が効く」と聞くとすぐ試してみるのですが、
今年はさらに新しく二つの健康食品が加わりました。
それはオーガニックプロポリス丸粒(QBG)とジャバラジュース(谷井農園)



プロポリスを飲み始めて6か月、ジャバラジュースは3か月。
そろそろ効き目がわかるかなあと思った頃に花粉症シーズンがやってきました。
驚くなかれ、今年は軽い、というよりまだ来ない。

毎日バナナ入りヨーグルトいただき、外出前には
クリスタルヴェールα(エーザイ)を鼻の周りに塗って、
ご丁寧にその上から花粉用マスク(3Mまたはユニチャーム)、
そして花粉用メガネ(KOWA)で完全武装です。
そうそう、オフィスでは甜茶(サントリー)も飲んでいます。



もちろん朝夕、LJモイストバー(レナジャポン)で入念に洗顔し、
LJモイストバランスR(レナジャポン)でたっぷり保湿するのは忘れていません。
肌が花粉で乾燥しないように本当にたっぷり3回ほど保湿します。
ミニサイズを持ち歩いて、肌が乾いたなあ、かゆくなるかなあと感じた時は
すぐに保湿をしています。



スキップしたくなる春なのに、晴天より小雨の降る日がよくなった昨今。
いつか「花粉症よ、さらば」とキッパリいえる日が来るといいのにね。
お悩みのみなさま、お大事に。


レナジャポンのスキンケアサロンでは花粉症対策もレッスンしています。
HPからみてみてね。
 2014/03/06 17:03  この記事のURL  / 

花粉症季節の肌対策。
ゴルフ大好きの私はこの季節がとっても憂鬱。
ゴルフはしたいが、花粉症がこわい。


茶色の杉がぬくっと立ち並ぶホールでは、マスクにメガネといういでたちでボールを追う。まるで泥棒ゴルフだ。パットをしようと、下を向いた瞬間、鼻水がだらーっ。ガキのスポーツじゃあるまいし、洟垂れ女子はいただけない。プレイ中になんども保湿やUV対策はするのだが、18ホール終わるころには重度の花粉症になっている。



その後、どんな対策をするか。それが問題だ。

まずは花粉だらけの身体と顔をしっかり洗う。レナジャポンのモイストバーなら、保湿しながら洗顔ができるので、便利。2度も3度も私は洗ってしまう。



そして、美容化粧液。普段は2度使いだが、鼻をかみすぎて赤くなったところなどは何度もつける。もちろんティッシュなどがこすれて赤くなっているのだから、しみる。そこを我慢して、しみなくなるまで、つける、つける。つける。



それでもだめなら、コットンに美容液をしっかりしみこませて、部位にコットンパック約3分。肌がよみがえるまで、続ける。ここまでやれば、次の日、肌が回復していること間違いなし。私も昨夜、この肌対策をとことんやって、一晩休んだら、肌がしっかり元気になっていた。

http://www.lenajapon.com/productlineup_moistshimmer


これからの季節、太陽や風、花粉から肌を守るにはまず保湿です。

お忘れなくね。



レナジャポン
 2011/03/07 18:44  この記事のURL  / 

新しい発想からスキンケアシャンプー
スキンケアのブランドを立ち上げて、3年目。おかげさまで順調に愛用者が増え、たくさんのうれしい声が届くようになった。私の何よりの励みはやはり、「肌がきれいになったよ」というお客様の声にほかならない。

スキンケアを立ち上げた後、次の商品はシャンプーと心の中で決めていた。

実はこれは誰にもナイショであった。

というのも「スキンケアは化粧品、シャンプーはトイレタリー」とジャンルが分かれており、業界では不文律であったからだ。

しかし、私は昔から、顔のシワを減らしたければ、頭皮を若く元気にしておく必要があると信じていた。顔も頭皮も一枚の皮膚でつながている。だからこそ、いいシャンプーで頭皮ケアをしながら、顔のスキンケアを同時にすることが大切である。

こう信じてやまない私は20代から、美容院でシャンプーをし、家で洗う時はぜいたくにもサロン用シャンプーを使用していた。そして、50代も終わろうとする今になって、やっぱり、自分の信じていたことが正しかったと実感したのだ。


おでこのしわが少ない。元気な頭皮が引っ張ってくれているから?そうかもしれない。



というわけで、レナジャポンのスキンケアをつくった時と同じのように、

「成分にこだわり、敏感肌の人も赤ちゃんも使えて、地肌がきれいに、そして元気に。

髪はもちろん、しっとりさらさら。洗うほどにバージンヘアのように。

使い方はいたってシンプルに、少量で泡がたち、すっきり洗い上がる、リンスいらずで」と欲張った、

そんな理想のシャンプーの開発に着手した。


ここまできたら、もうボランティア精神で開発するしかない。一人でも多くの人から「ブラボー」と幸せそうな声が戻ってきそうな商品を作ることに専念した。

そして、それがやっとこの5月に発売できるまでにこぎつけたのである。

「レナジャポン モイストシャンプー」5月中旬新発売!!

発売に先駆け今日3月19日からLENAJAPONのHPでシャンプーのモニター募集が開始される。
やっとサンプルの数がそろってきたので、ぜひ、興味のある方、シャンプーをお探しの方、頭皮と髪のケアに興味のある方、髪や地肌にお悩みの方はお試したいだきたい。

きっと満足いただけるとことと信じている。

レナジャポンはまだ弱小企業ですから、大会社のようにはいかず、

モニター用サンプルはたったの500個。

先着順でお願いしている。



55歳で起業し、商品の数は少なくても、ひとつひとつ自分で納得いくものを作ろうと、頑張っているのは、ほかでもない、自分自身への挑戦かもしれない。このひとりの挑戦に伴走してくれる力強い仲間たちが大勢いる。「レナジャポン モイストシャンプー」はそんな素晴らしい仲間たちと一緒に誕生させた自信作でもある。

応募はこちらからどうぞ
 2010/03/19 00:47  この記事のURL  / 

おへそでハイヒールをはく
ピラティスを始めてから、身長が1.2センチのびた。この年になってまだ背が伸びるのかと
喜んでいたら、どうも縮こまっていた骨が、正確には骨と骨の間が伸びたかららしい。

英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活躍する吉田都さんに会った時に背が伸びた話をしたら、「そうなんです、私も経験あります」とのこと。やっぱり、ピラティス効果なのかなあ。

私が通うピラティスは、もともとは英国で戦後の負傷兵のリハビリとしてスタートしたもので、数年前、日本にはいってきてからも当初の目的と技術を受け継いでおり、用具を使っての訓練をする。英国ではプロのバレエダンサーの訓練をはじめ、普通の中高年、高齢者の健康維持のためのメソッドとしても幅広く知られている。

健康維持のために何をやっても続かない私が、珍しく続いている。
そのコアにある考え方、内筋を鍛えて、体を元気にする、を実感できるからだ。はじめはインストラクターに言われたとおりの息ができず、外筋にばかり力がはいっていたが、通ううちにだんだん、内筋を感じながら息ができるようになった。

朝起きても、気がつけばすぐに息の仕方を変える。吸った息を体の中心の筒にむかって吐くようにする。これだけで、背筋がしゃんとして、まっすぐ歩けるようになる。

おへその周りの内筋が強くなったら、なんと、ハイヒールを昔よりきれいに履けるようになった。体が軽い。これは自分の体を体の中心(コア)、おへそで支えているからに違いない。これまではハイヒールを履くときに背筋を伸ばそうと試みてもうまくいかなかったのに、コアが鍛えられたら自然に背筋も伸びるようになった。本当に人間の体って、可能性がいっぱいだ。まさに何事も「へそに力をいれよ」だ。

アンティエイジングバレエを提唱する深沢先生とご一緒したときのこと。
「蟹瀬さん、若々しく見えるにはどうしたらいいか知ってる?化粧やフリルのついた服を着ようとするでしょ、それだけでは若々しく見えないの。姿勢と動き。背中がピンとしていて、動きが早いことが大事なの。」と先生。

聞けば、教室に通っている69歳の生徒さんは動きが早くなったとたんにファッションもすっきりしたものを着るようになって、みるみる若返っていったという。「もう年だから」は通用しない時代だから、ハイヒールでピーンってのも格好いいかも。
 2009/03/04 19:14  この記事のURL  / 

| 次へ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
プロフィール
蟹瀬 令子(かにせ れいこ)
上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

蟹瀬令子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/kanise/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード