« 旅 | Main
還暦うさぎのチャレンジ


素肌美のためのスキンケアとして誕生したレナジャポンは、

昨年の11月に晴れて満三歳のお祝いを迎えました。

七五三でいえば、最初の女の子のお祝いです。

ここまでこられたのも、レナジャポンを信じ、

愛し、愛用してくださっているみなさまのおかげです。



今年は兎年。

兎は飛躍の象徴ですが、一方で、ウサギとカメのお話にあるように、お調子者の代表でもあります。



レナジャポンは奢ることなく、カメの気持ちで、動きはウサギのごとく、さらに皆さまに愛されるブランドとして大きく成長したいと思っております。



奇しくもカニママンは年女。還暦は干支が一巡し、起算点に戻る年ともいわれています。赤い服は魔よけの意味で産着に使われたため、生まれた時に帰るという意味でもあります。



初心に戻る年。一人でも多くの方々の素肌美のために、原点を忘れずに、次なるジャンプに挑みます。これからも引き続き皆様のあたたかな声援とサポートをお願い申し上げます。



レナジャポン代表、カニママンこと蟹瀬令子
 2011/01/18 18:44  この記事のURL  / 

速報!!クロワッサンに紹介されてます、LENAJAPON.
うれしいおしらせ。
1月25日売りのクロワッサン726号 特集「美しい素顔をつくろう。まだまだ肌は若返る」に蟹瀬令子・令奈母娘のレナジャポン商品開発秘話が紹介されました(P56〜57)。ヤッホー。
お読みになった方はご感想などお寄せください。
cs@lenajapon.comお待ちしています。


また今回クロワッサンを読んで下さった方でレギュラーサイズの本品をお買い上げのかたには【2/10まで商品のご購入金額からクロワッサンご紹介割引】をさせていただきます(スペシャルスターターセットを除く)。クロワッサンを読みましたと紹介者欄にご記入ください。1回限りの特典です。お待ちしています。使用後の感想もよろしくね。

美しい素肌になりたい人はクロワッサン726号を買ってね。
 2008/01/25 13:50  この記事のURL  / 

LENAJAPONへのコメントは熱い応援歌3
LENAJAPONのスキンケアをお使いの方からのコメントです。




<現在オランダに在住>しており、Iさんにミニサイズを頂きました。ミニサイズの量がたっぷりあり、効果を感じるまで使えたので、感激です!この度、ちょうど日本に帰国するので、その際に受け取れるよう、注文しました。
(オランダ在住 S女史 30代)


<今年は大変ミラクル化粧品レナジャポンに出会えて感激>しております。がんばって使い続けて蟹瀬様のようなお肌と女性になるのが2008年の目標です!!
(英国在住 Y女史 30代)


<早速使っています!>5日に母が娘に会いに来たのですが、その日の夜にちょうどグッドタイミングで届きました。突然のプレゼントに母もとても喜んで早速その夜から二人で使い始めました。さすが!!です!!!(生意気な言い方ですみません・・・)まず、あの配送用の箱、なんてかわいいんですか!!娘が生まれてから、結構いろんな通販を利用しているのですが、配送用の箱があんなにかわいいなんて、ほかにないですね。やっぱり、化粧品はそういうとこにも気を配ってくれると、女心はグーッときますね。いくつになっても。

そして、そしてあのポーチ。ボンボン、ステキじゃないですか!薄いピンクと濃いピンクの2色使い。相当こだわったのではないですか!?でもって、一番感激したのは、ソープトレイ!!!!!きちんと水切りがあるんですね!!!!!相当、感激しました。レギュラーサイズのソープ用トレイに水切りはあっても、こういったお試しセットのようなミニソープにはなかなか水切りがついていません。使い勝手の良さをしっかり考えてあって、それをきちんとカタチにしているところが、ほんとにウレシイ限りです。そして使用感。ソープの泡のきめの細かさ!!20代から洗顔はソープ派で、それこそいろんなソープを使ってますが、こんなにきめの細かい泡はなかなかないです。洗いあがりも、さっぱりなのに潤いはきちんと残してる(与えてる)感じです。

化粧水は、ほんとにこの2種だけで、なぁ〜〜んにもいらないんですね!!ライトをつけて、そのあとにリッチを朝晩つけてますが、この乾燥の厳しい季節にしっかり潤ってます。
「とろみ感」がちょうどイイ!!化粧水はしっかりパチャパチャ使いたい性質なので、とろみのありすぎるのは、ちょっと苦手だったんです。でもこのとろみはちょうどいいですね。スゴイ。使って3日ほどですが、なんだか顔が明るくなってきた感じですよ!(思い込み??)近所への買い物や百菜との散歩は、堂々とすっぴんで行けそうな・・・(笑)母も久々にステキな化粧品を使って、楽しそうです。って、かなり興奮してコメントしてしまいました。私は、蟹瀬さんの会
社の「回し者」みたいですね(笑)でも、ほんとうに感激しました。ありがとうございます!!
(主婦 M女史 30代)

LENAJAPONのスキンケアをお使いになった方へ、感想をお寄せください。さらによい商品開発のために参考にさせていただきます。
LENAJAPON関係者一同。
 2008/01/11 22:33  この記事のURL  / 

LENAJAPONへのコメントは熱い応援歌2
LENAJAPONへのコメントをご紹介します。使っていただいた方の生の声です。



<奇跡の水>20年近くアレルギーとストレスが原因と勝手に思い込んでいた、 顔の痛痒感を伴う肌荒れが3日で治りました! 今までステロイド の入った軟膏で抑えていたものがです。ステロイドも怖いので、 滅多に使わなかったのですが、ぼぉっとテレビなんぞを見ていると 無意識に掻いてしまい、リンパ液なんぞが滲み出て来て、痛痒 かったのなんの。そとが乾くと今度は肌がプラスチック状態と化し、最後はフケみたいに皮膚がハラハラと落ちる(んか汚いですね) の繰り返しだったのです。それが嘘みたいに治ったどころか、
一週間程でしっとりとさえ。今まで一体なんだったんだろう・・・
とにかく凄い! ありがとうございました!!
取り急ぎ、お礼と感想まで。
(オランダ在住 S女史 航空会社勤務 40代)


<何より衝撃的でした>のが 蟹瀬様のプルプルのゆで卵のようなお肌です!!
火曜日より頂いたキットを使い始めましたが、段々私のごわごわ肌がプルプルになってきました。びっくりしています!毎朝洗顔後の自分の肌を触って満足感が味わえるのは久しぶりで、鏡の前でいい気分、ハッピーな一日になっております。
すばらしい物を ご紹介していただいて感激しております!
先ほどインターネットで注文をさせて頂きました、わたくしも蟹瀬様のお肌みたいに早くなりたいです。
(イギリス在住 Y女史 会社経営 40代)


<NYは到着翌日に初積雪>となり、日々マイナス6度前後の朝を迎え、本当に久しぶりに寒い日々を過ごしました。お陰様で頂戴した「レナジャポン」をパシャパシャ使わせて頂きバンバンに乾燥したホテル内でも、お肌は快適に過ごすことができました。本当にすごい頼りになるスキンケアでした!!!開発してくださり、そしてご紹介いただきとても感謝しています。そして私もファンデーションをとうとう止めました。現地であまりの寒さと乾燥で、ファンデが顔面で邪魔になりだんだんファンデが必要ない人に・・・。20年で初めての出来事です。周りのスタイリストや編集の子にも、肌の調子がすごく良さそう!と指摘され微力ながらPRもさせて頂いています。送っていただいたパッケージも可愛くて、とても幸せな気持ちになりました。これからも引き続き愛用させていただきます。
(ファッション関係 O女史 40代)

LENAJAPONへの応援歌は明日も続きます。ぜひごらんくださいね
 2008/01/10 19:47  この記事のURL  / 

LENAJAPONへのコメントは熱い応援歌1


念願のスキンケアブランドLENAJAPONをロンチさせて2か月が過ぎた。サイレントロンチといって、3か月は広告もせず、大きなプレス発表も控え、しずかにお客さまだけの反応をみる。その間に本格的な販売方法を確認するという独自のマーケティング手法を取り入れた。

スキンケア商品は食品でいえば、お米や味噌、醤油の類になる。気に入ったら、親子2代、3代と絆理論のマーケティングが実践される。母から子へ。この絆マーケティングは舌で覚えた味と似ていて、同じDNAを持つ肌で覚えた商品は次の世代へもつながっていく。私はそういうロングセラーの商品を作りたかった。だから、開発に時間をかけ、成分となる原料や、テクスチャー、効果にこだわった。50名以上のモニターの方には成分も知らせずに使ってもらった。肌が感じる感覚。肌が発見する効果。それを実感してもらいたかったからだ。これも普通のマーケティングテストと異なる。頭で理解したものがかならずしも感覚で理解できるとはいえない。長年そう思ってきた。今、日本の美容マーケティングは理屈ばかりを前に押し出し、消費者を教育しようとしている。しかし、本当の心地よさは使う人の肌が知っている。理屈では説得できない。「感性は説得されない」のだ。スキンケアのマーケティングはお客さまの感性に委ねるしかない。だからこそ、美容マーケティングは面白い。

成分には自信があった。だからこそ、伏せた。香りはどうだったか。使い心地はどうだったか。肌はどう変化したか。どんなことを実感したか。そんなことを調査した。そして、それぞれのモニター反応はうれしいほどのプラスであった。この調査の結果、私は消費者の肌力を信じることができるようになった。彼らの感性は生きている。そこに賭けよう。そうやって、発売への糸口を探っていったのだ。
そして、2か月が過ぎた。LENAJAPONのスキンケアの経験者から、続々とうれしい声が届いた。その声をブログに載せてしまえばうそっぽくなる。だから、公開を躊躇した。しかし、友人たちの温かい声に励まされて、公開することを決心した。

私には「芸術、文化を志す若者を支援する」という大きな使命がある。そのためにはまずこのLENAJAPONのスキンケアをロングセラーに育てあげなければならない。
ここまでこだわって作り上げた念願の商品をひとりでも多くの方に使ってもらい、ひとりでも多くの人にハッピーな素肌を感じてもらう。このこともミッションのひとつである。だから、あえて、LENAJAPONへの応援歌を紹介させてもらうことにした。
一生懸命やること、そこにかならず道が開ける。そんな気がしてきた。応援歌を寄せてくださった方々ありがとう。「あなた方の言葉が勇気をあたえてくれています。これからも応援をお願いします。−LENAJAPON関係者一同」

皆さまからのコメントは明日から。お楽しみに。
 2008/01/09 09:19  この記事のURL  / 


当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
プロフィール
蟹瀬 令子(かにせ れいこ)
上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

蟹瀬令子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/kanise/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード