花粉症季節の肌対策。
ゴルフ大好きの私はこの季節がとっても憂鬱。
ゴルフはしたいが、花粉症がこわい。


茶色の杉がぬくっと立ち並ぶホールでは、マスクにメガネといういでたちでボールを追う。まるで泥棒ゴルフだ。パットをしようと、下を向いた瞬間、鼻水がだらーっ。ガキのスポーツじゃあるまいし、洟垂れ女子はいただけない。プレイ中になんども保湿やUV対策はするのだが、18ホール終わるころには重度の花粉症になっている。



その後、どんな対策をするか。それが問題だ。

まずは花粉だらけの身体と顔をしっかり洗う。レナジャポンのモイストバーなら、保湿しながら洗顔ができるので、便利。2度も3度も私は洗ってしまう。



そして、美容化粧液。普段は2度使いだが、鼻をかみすぎて赤くなったところなどは何度もつける。もちろんティッシュなどがこすれて赤くなっているのだから、しみる。そこを我慢して、しみなくなるまで、つける、つける。つける。



それでもだめなら、コットンに美容液をしっかりしみこませて、部位にコットンパック約3分。肌がよみがえるまで、続ける。ここまでやれば、次の日、肌が回復していること間違いなし。私も昨夜、この肌対策をとことんやって、一晩休んだら、肌がしっかり元気になっていた。

http://www.lenajapon.com/productlineup_moistshimmer


これからの季節、太陽や風、花粉から肌を守るにはまず保湿です。

お忘れなくね。



レナジャポン
 2011/03/07 18:44  この記事のURL  / 


還暦うさぎのチャレンジ


素肌美のためのスキンケアとして誕生したレナジャポンは、

昨年の11月に晴れて満三歳のお祝いを迎えました。

七五三でいえば、最初の女の子のお祝いです。

ここまでこられたのも、レナジャポンを信じ、

愛し、愛用してくださっているみなさまのおかげです。



今年は兎年。

兎は飛躍の象徴ですが、一方で、ウサギとカメのお話にあるように、お調子者の代表でもあります。



レナジャポンは奢ることなく、カメの気持ちで、動きはウサギのごとく、さらに皆さまに愛されるブランドとして大きく成長したいと思っております。



奇しくもカニママンは年女。還暦は干支が一巡し、起算点に戻る年ともいわれています。赤い服は魔よけの意味で産着に使われたため、生まれた時に帰るという意味でもあります。



初心に戻る年。一人でも多くの方々の素肌美のために、原点を忘れずに、次なるジャンプに挑みます。これからも引き続き皆様のあたたかな声援とサポートをお願い申し上げます。



レナジャポン代表、カニママンこと蟹瀬令子
 2011/01/18 18:44  この記事のURL  / 


新しい発想からスキンケアシャンプー
スキンケアのブランドを立ち上げて、3年目。おかげさまで順調に愛用者が増え、たくさんのうれしい声が届くようになった。私の何よりの励みはやはり、「肌がきれいになったよ」というお客様の声にほかならない。

スキンケアを立ち上げた後、次の商品はシャンプーと心の中で決めていた。

実はこれは誰にもナイショであった。

というのも「スキンケアは化粧品、シャンプーはトイレタリー」とジャンルが分かれており、業界では不文律であったからだ。

しかし、私は昔から、顔のシワを減らしたければ、頭皮を若く元気にしておく必要があると信じていた。顔も頭皮も一枚の皮膚でつながている。だからこそ、いいシャンプーで頭皮ケアをしながら、顔のスキンケアを同時にすることが大切である。

こう信じてやまない私は20代から、美容院でシャンプーをし、家で洗う時はぜいたくにもサロン用シャンプーを使用していた。そして、50代も終わろうとする今になって、やっぱり、自分の信じていたことが正しかったと実感したのだ。


おでこのしわが少ない。元気な頭皮が引っ張ってくれているから?そうかもしれない。



というわけで、レナジャポンのスキンケアをつくった時と同じのように、

「成分にこだわり、敏感肌の人も赤ちゃんも使えて、地肌がきれいに、そして元気に。

髪はもちろん、しっとりさらさら。洗うほどにバージンヘアのように。

使い方はいたってシンプルに、少量で泡がたち、すっきり洗い上がる、リンスいらずで」と欲張った、

そんな理想のシャンプーの開発に着手した。


ここまできたら、もうボランティア精神で開発するしかない。一人でも多くの人から「ブラボー」と幸せそうな声が戻ってきそうな商品を作ることに専念した。

そして、それがやっとこの5月に発売できるまでにこぎつけたのである。

「レナジャポン モイストシャンプー」5月中旬新発売!!

発売に先駆け今日3月19日からLENAJAPONのHPでシャンプーのモニター募集が開始される。
やっとサンプルの数がそろってきたので、ぜひ、興味のある方、シャンプーをお探しの方、頭皮と髪のケアに興味のある方、髪や地肌にお悩みの方はお試したいだきたい。

きっと満足いただけるとことと信じている。

レナジャポンはまだ弱小企業ですから、大会社のようにはいかず、

モニター用サンプルはたったの500個。

先着順でお願いしている。



55歳で起業し、商品の数は少なくても、ひとつひとつ自分で納得いくものを作ろうと、頑張っているのは、ほかでもない、自分自身への挑戦かもしれない。このひとりの挑戦に伴走してくれる力強い仲間たちが大勢いる。「レナジャポン モイストシャンプー」はそんな素晴らしい仲間たちと一緒に誕生させた自信作でもある。

応募はこちらからどうぞ
 2010/03/19 00:47  この記事のURL  / 


初めてTVのメインキャスターを務めます。ドキドキ。


【CS朝日ニュースター「経済の達人」のメインキャスターを務めます。】

昨年、世界を震撼させた世界同時不況。そして今も厳しい環境下にある日本経済。
時代を生き抜く経済戦略はあるのか?

2009年10月からスタートしたこの番組では、今、最も注目されるビジネスパーソンや
エコノミスト、研究者ら“経済の達人”をゲストに
月替わりで担当するメインキャスターが深く鋭い視点で問題点の解決策を探ります。


【2010年1月は蟹瀬令子による「文化を支える企業経営者の眼」】

「経済と文化」は一見何の関係もないように思えるのですが、実は経済が育んできた文化、そして経済が支えてきた文化があります。

その文化に焦点を当てて、ゲストのお話を伺いながらこれからのビジネスや社会貢献について考えていきます。

4回のシリーズ。ゲスト予定 小林照子氏、成毛真氏 細川佳代子氏、茂木賢三郎氏

放送日 1回目 1月7日(木曜) 23時 (新年のため時間が変わります。)
2回目以降  1月14日、1月21日、1月28日 毎木曜日22時 


【レナジャポンのビジネスと社会貢献−さくら芸術文化応援団】

レナジャポンは商品・スキンケアを通して「しあわせな素肌づくり」をお手伝いするだけでなく、売上の一部を日本の若者の芸術・文化活動に役立てる「さくら芸術文化応援団」を設立、運営しています。
http://www.lenajapon.com/csr_index

あらゆるジャンルの芸術文化において、若者がそのポテンシャルを発揮する場を提供するだけでなく、審査委員に現在活躍中のその分野の第一人者を迎え、彼らの確かな目でこれからの可能性ある若者を発掘し、将来大きく日本から世界へ、文化の発信ができる人材に育てるお手伝いをしています。


.
【MCJ−伝統工芸のビジネス的支援】

「さくら芸術文化応援団」はプロも支援しています。それがMCI(MEETS THE CREATION IN JAPAN)日本には伝統工芸と言われる世界に誇れる芸術・文化・技術が数多く存在しています。

しかし、年々、ビジネスに効率や利便性ばかりが追求されるにつれ、工場での大量生産が主体となり、丁寧な手仕事の「伝統工芸」はひっそりと影をひそめるようになりました。

そこでレナジャポンはこの「伝統工芸」が作りだす美と機能性を毎日の豊かなくらしに役立てるため、若き担い手たちとビジネス的コラボレーションを行い、その文化、技術を支えています。

【番組最後でご紹介したレナジャポンの文化貢献活動の一環としての商品】

◆有田焼×レナジャポン(1月14日ご紹介)
「オリジナル有田焼石鹸置き」
http://www.lenajapon.com/productlineup_soapdish

◆高崎だるま×レナジャポン(1月7日ご紹介)
「美ねこ」「幸ねこ」
http://www.lenajapon.com/campaigndetail?ckey=79



【放映の撮影秘話―第一回「経済の達人」1/7(木】


(スタジオでのスナップは蟹瀬令子と司会の鈴木ともみさん)

●新年第一回のゲストには50年間、美容家として活躍中の小林照子先生をお招きし、メイクアップアーティストという手仕事から発展したさまざまなビジネス、そして、それを通じて行う社会貢献についてお話を伺います。小林先生はスキンケアブランド「レナジャポン」を開発する際にアドバイザーとして支えて下さった方です。




●小林先生にお会いしたのは先生が55歳の時でした。もう20年近く前のことです。メイクアップアーティストだと思っていた先生から「学校をつくるのよ」というお話を聞き、びっくりしたのを覚えています。それから、ずーと、私にとっては、「美容について、社会貢献ができるビジネスについて、そこから生み出す幸福文化について、そして生き方について」の良き指導者でもあります。「美しくなると、人は放っておいても楽しそうに笑うし、やさしくなる、だから、美容家はやめられない」と先生。

私が最後の大仕事としてスキンケアブランドの立ち上げを決心したのは、こんなお話をいつも先生のそばにいてきいていたからなんだと、インタビューをしながら気づきました。感謝。

ひとりでも多くの人の「素肌を美しく、強く、そして幸福にしたい」。その思いは74歳の小林先生からしっかり私に引き継がれ、今、「レナジャポン」として生まれた、新しいスキンケア商品のひとつひとつにいかされています。


 2009/12/29 14:43  この記事のURL  / 


夢への挑戦
7月にブログで娘への投票をお願いして、もう2カ月が過ぎた。

LUXAUDITIONというハリウッド女優発掘のプロジェクトに娘が参加して
毎日ハラハラし通しであったが、ようやく、出口が見えてきたようだ。

みなさまの大きな大きな応援のおかげで、FINALの4人に残り、8月にハリウッドで映画のプロフェショナルによる特訓を受け帰国。今、最後のオーディションの準備にはいっている。
みなさまの応援が涙がでるほどうれしかった。

英語でのオーディション。それはとても手の届かないと思われている世界への挑戦でもある。目的に向かい、一粒の迷いもなくまっすぐ進んでいるその姿は見ていてすがすがしい。

この経験は彼女にとって、これからの人生を支えてくれるとてつもなく大きな礎になるだろう。彼女のがんばりは、今LUXFILMで見ることができる。

FINALに残った女性たちはだれもが輝いている。
しかし、最後に輝くのは一人。
それがAUDITIONの世界だ。発表は来月の初め。

親としては彼女の成功をこころから、心から、祈るばかりである。
 2009/09/17 16:26  この記事のURL  / 

前へ | 次へ

当ブログ内の全ての文章・画像・映像の無断転載・転用を禁止します。
プロフィール
蟹瀬 令子(かにせ れいこ)
上智大学文学部英文学科後、博報堂に入社し、コピーライターやコピーディレクターとして活躍。
1999年、「ザ・ボディショップ」を日本で展開するイオンフォレストの代表取締役社長に就任。
ケイ・アソシエイツ代表として、外資系企業、および国内企業のブランディング、マーケティングを手がける。2007年スキンケアブランド、LENAJAPONを立ち上げ現在にいたる。

蟹瀬令子 プロフィール
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/kanise/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード