« 2014年02月 | Main | 2016年05月 »

ささやかな光をコントロールすること。
ささやかなものにこそ、
光と真実がやどる。


わたしは、たくさんの人と同時に話すのが得意ではない。
(舞台上のパフオーマンスである、トークショーや講師業は、別物なので
なんとか大丈夫なのだけど)


せっかく人とお話しするときには、
目の奥や、まつ毛の動くのを見て、
声で空気が揺れる その潮流を感じながら、
ゆっくり話がしたいなぁと思う。


そういった時に 人によく 投げかけられる台詞がある。
「他人は あなたがが思うほど、あなたのことを気にしていないから」

これは、もう、本当に、
かなしい言葉だと思った。
とっても違和感があって、やりきれない気持ちになった。


興味のあるなしや、ひとによって視点が異なることや、
その出会いが運命であったかどうか、など様々だとしても。

みんなそれぞれ、自分の視点でもって気になるところを、
とっても気にかけて生きているのではないのか。
それは服だったり、顔だったり、言葉だったり、
声だったり、その人のまとう空気だったり。


すべての人をこまやかに見ることはできないとしても、
縁があったもの、手のひらに乗せたものくらいは、
掴めるものくらいは、自分なりに気にかけていたいと思っている。

わたしが発した言葉のすべては、あの人の中核には届いていないし、
あの人が向けている視線の全てを、わたしは預かり知らない。
でもその中で、たまに交錯する奇跡があって、

きらきらした滴がついているけど、雨にも降られたのかしら。
と思ってはたいたら、それがその人の気づかないで
内から輝いているものであったりして、
きっかけなんて ものすごくささいなものだから、
神経質なほど、こまかいところを注視していたいのだ。

そして、わたしと相対する誰かも、
きっと 他にはわからない 
細かい目線でわたしや世界を追っていて
驚くような出会いと 引き合おうとしている。



大雨がふって、その雨が体を濡らしたり、川を溢れさせたり
電車を止めたりして、不利益なことがあったとしても、
フェンスの網にしたたる雨の しずくの中には
きらきら光る世界があって。
虫眼鏡のように、意外な生き物を大きく見せたりして、
トンボ玉のように転がっていくのを
ささいな世界にある きれいなものを見逃さないように、
ずっと見ている。

雪は積もれば、
かたくつめたく動かし難くなっていくけれど、
それぞれの結晶はこまかくて美しくて、
いまにも壊れそうであって。

濁流の中でも、硝子をくだいた小石は
すこし削られながら流れていく。
水がひいたら、乾いた砂の中でまた
ひっそり埋もれている。

輝きというのは、舞台の上で照明を効率よく 
反射させるだけのものではなくって。
絢爛豪華に、自己主張するものではなく。

窓から穏やかに指す光であって、
つめたい朝露でもあって、
きれいに洗った白いお皿にも光は湛えられ、
ハンカチで磨いた林檎のおいしそうな表面にもあるもの。
鳴かない 蛍。


つまるところ、世界のすべてが
濃淡の光によって構成されているのであり
それをながめる あなたとわたしの瞳も、
ぬれたようにかがやいている。


わたしは、金や銀や、真珠のような光に
日々かこまれて仕事しているけれど。
それらから離れても、日常のなにをしても、
ことごとく世界は光っている。

わたしの仕事は、キラキラのないところに
キラキラを添加するのではなく、
世界の光沢の量を調整して、
いちばん魅力的にみえるように することである。

いつか、光と仲良くなって、
コントロールして 瞳にうつるけれど気づかない光を
もっともっと気づくようになりたい。


わたしはたぶん、かなりたくさんの信号を見逃して気にしないで生きているけど、
発光しているものなのか、瞬いているものなのか、
はたまた反射しているものなのか、燃えてゆらめいているものなのか。
ささやかで よくわからないもの目がけて生きている。

そうするうちに、目が合った人から意外な質問をされて
これからの世界が どんどん広がっていく、
「あなたは、そんなところを気にしていてくださったんですね」って。


山田命音


2014年08月10日(日)  18:19  / ラメピスト_ミドリ  / この記事のURL

リンク集
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/izumikingin/index1_0.rdf