« 2013年06月 | Main | 2013年09月 »

刺繍機メーカーさんからのご質問_ラメ糸の色って??
刺繍機メーカーさんから、
6・7月号メルマガの「蒸着」を読んだ上での
ご質問を頂戴しましたので、
参考のため、お返事させていただいた内容を上げておきます。

◆内容は、刺繍機と、糸・スパンコールの間の
摩擦でのラメ糸の「色落ち」への懸念です。


【ご質問】
>光沢ある色物も真空蒸着で着色するのですか?
>それとも塗料で色付けかな? 塗膜ならこすったらこそげ落ちる気がします。


はい。色は、塗料で色付けです!
しかし、塗料の色付けでも 場合によると
こすったら落ちる という状態です。

ラメ糸の色付けは、ほとんどが 
メルマガ5月号に出た
「着色」工程でつけられています。
http://www.izumi-kingin.com/mm/201305.htm

たとえば、「金色」のラメ糸が作りたい場合
「イエロー」に着色したフィルムを
「蒸着」に出します。

この場合、フィルム構造は

フィルム/イエローの塗料/蒸着金属 + (樹脂コーティングorフィルム)

という順番になり、「イエロー」はラメ糸の内部に
閉じ込められます。

あとは、金属が外に出ているので
それを保護するため、
フィルムを金属露出面に貼るか、
樹脂コーティングをして保護します。

弊社の「エンブライト」などは、とっても簡単にいいますと 
この、フィルムが両側に貼ってある状態です。
(詳しくいいますと、もっと丈夫な作りですが・・・)


ラメ糸の中には、
「蒸着」工程後に色をつけるものもあります。

フィルム/蒸着金属/イエローの塗料(樹脂コーティング)

上記のような構成のものは、多いです。
金属露出面にイエローの樹脂を塗りますので
金属の保護目的も果たしております。

しかし、摩擦にはとても弱く
カッターの刃で さっと削ると
ポロポロと、金属と イエローが落ちていきます。

結果としまして、
ラメ糸の色は「蒸着」でつけておらず
「着色(樹脂コーティング)」ですが
同じ薄膜ですので、双方 摩擦に弱いです。

これを 回避するために、金属面や 着色面を隠すように
フィルムを「貼り合せ(ラミネート)」しております。
http://www.izumi-kingin.com/mm/201204.htm
※↑ 昨年の4月号のメルマガですが、こんなイメージで積層しております。


ラメ糸によっては、染色で色をつけたものもございます。
「ダインテックス」などはポリエステル染めで
色を着けていると思います。
染色される時は、多色に染め分ける必要が
ある時が多いです。

と、いうことでラメ糸・スパンコールの種類により
摩擦に強いもの・弱いものが混じっております。
一般的に刺繍用の糸は
強いものが多いと思います・・


山田めいね
2013年07月22日(月)  21:29  / ラメ糸Q&A  / この記事のURL

「会いにいける」アイドルと「いま動いている」繊維業界。

「会いにいけるアイドル」っていうのがある。
とても親しみやすい感じがするし、
リアルに 好きなアイドルの声が聞けたり
笑顔が見れたりしたら 
とても嬉しいだろう。

ミドリは昔からひきこもり系なので
ひとりで本や漫画を良く読んでいて
結果 歴史や文学が ちょっと好きだ。

大河ドラマや 歴史系の番組をみると
登場人物は 教科書で名前をみたような偉人だらけ
その時代の中の世界では
普通に会話しあっていたり
いがみあって戦っていたり
はたまた 仲間になって
時代を切りひらいている。

その世界では当たり前だったろうけど
なんて、なんて豪華なメンバーなんだぁぁ〜!!
と思いを馳せる。
こんな素敵な人たちが同時代に固まっていたら

それは、歴史も動くだろう と。


ミドリは明治終わり〜昭和初期あたりの
世界観が好きで
その時代の作家や詩人や芸術家等々の交流は
すごく 羨ましい。
はたまたびっくりするくらいすてきな同時代なのだ。

よく 「誰々くんと集まってこんな話をした」
みたいな散文など残っているので
わくわくしながら読むと
文学界の偉人どうしがそうそうたるメンバーで
集まって 夜通し話していたりする
有名になる前や とても若いときのものであったりするので
当人たちは、後々こんなに有名になるなんて
知らなかったんだろうなと思い
ときめいてしまう。

そして、行間や欄外からなんとなく
ここに書いてない部分の半分は
ぜったい きゃっきゃとしょうもない話をしていたんだろうなと
確信している。

だって 基本は誰も変わらない、普通のひとだから。



今、繊維業界に生きていて
6年目にして 同世代くらいの人との交流が急に増えた。

川上のほうでは若いひとはあんま居ないって聞くけど
こころある若い人は川上から川下まで
ちゃんといるよ
だって、ずっとこの世界にいるかたにとっては
新鮮ではないかもしれないけれど
とても面白くて魅力的な業界だから。


そういう皆と会っているときや
「テキスタイル・マルシェ」みたいな
イベントにいるときは
心の中で 「そのとき歴史が動いた」
を見ているような気分になっている。
たまに こっそりトリップしている。

10年くらい経ったら いまも凄いマルシェの先輩たちは
偉人になってるだろうし
いま ミドリと同じくらいのひとたちも
ひとかどの 凄い人になってるかもしれない。

良い意味で、10年もしたら
こんな素敵なメンバー集まれないかもしれない。

10年どころではなく、
50年や100年経って
繊維やテキスタイルの勉強をしている人が
いまの時代をみると
とっても 羨ましがるかもしれない。

ああ、タイムスリップしたいな!!
生きている○○さんに会いたい!!
って 歴女のように願うのかもしれない。

いや、思うに違いないと
ミドリはさらに確信している。
だから、自分は後悔のないように
この時代の繊維業界を楽しまなくてはならないのだ。


イベントとか、SNSとか、なにかのきっかけで
「このひと素敵だな」っていう尊敬できる
業界のひとに出会う。

距離がとおかったり
お忙しそうだったり
有名すぎたりして
会いに行かなくてもいいかしら
しかもミドリ人見知りだし・・・
って思うのだけど、
これ以上恥かかなくてもいいかなって思うのだけど


「わたしの好きな偉人達は
一度も会うことはできなかったけど、
この人はたまたま同時代に生きている、
会える、
会いに行こう、声をかけよう」

って考えるのだ。


ああ、100年後の いまの繊維業界の再現ドラマに
緑色がちらっとでも映っていると良いなぁ。


そして、100年後の繊維業界が
様変わりしていたとしても
規模は縮小されていても
また 面白い世界が形成されていますように。

今日は七夕だったので
せっかくなので
お願いしておくことにしましょう。


山田命音















2013年07月07日(日)  16:53  / ラメピスト_ミドリ  / この記事のURL

リンク集
2013年07月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/izumikingin/index1_0.rdf