« みどりえっせい | Main

ラメ糸屋9年目、ジャカードにふれる。
先日、ひさしぶりに兵庫県の西脇産地に行くことができました。

西脇は はじめて行った産地なので どうしても特別です。
いつも、初心をおもいだします。

シャツ生地の産元商社さんや、テーブルクロスのメーカーさん、染工場さんなど。
いろいろ伺わせていただきましたが大雨暴風の台風のさなかで
だいぶご迷惑おかけしました。

今年で 繊維業界(泉工業)にはいってみどりは9年目で、
はじめて西脇に行ったのは6年前です。
ラメ糸の話はけっこう色々積み重ねてきたのですが、
今回 全くはじめてのことがありました。

なんと、ジャカードの修理をさせてもらったのです!!



6年前からお世話になっている、大城戸織布さん
午前中は時間があるので、何かお手伝いありませんかという話をしていたら
「よし、ジャカード修理しよか!!」と言ってくださいました。

タテ針が割れてしまって、竜頭(りゅうず)がジャカードの中に引っかかっているという
たいへんなオペで 神経を使う作業なのに、
ネジをはずしたり、タテ針のガイドを引き抜いたり、といった
私でもやれそうなことを 体験させてもらいました。

◆ジャカードの構造 
http://mananano.exblog.jp/21039633/

◆タテ針のガイドのとりはずし
http://mananano.exblog.jp/21549304/

まなな先輩のブログ(上のリンク↑)がとても参考になります。





タテ針を交換する まなな先輩、もちろん手は油でベトベトに汚れます。
それなのに、良い笑顔。



ラメ糸は ジャカード織機で製織されることが多いので、
知識としては必須のものです。
しかし、その織機を しかもジャカードの仕組みを触れることなんて ありません。
しかも現役で動いている機械の修理とは!!!
みどりは不器用なので、機械をこわさないかドキドキしつつ、
ジャカードを触らせてもらえるようになったことに 感極まっていたのでした。

なにげなく時間がすぎて9年経ち、
それほど何も変わらない感じだったのですが
もしかして、大事な織機の修理をさせてもらえるようになったのは
この時間のおかげということなのでしょうか・・・!!!

そしてお手伝い(ほぼ見学だけども)のあと、
3年前くらいに 大城戸さんから注意されたことが、今わかってきました〜
というお話をしておりました。

積み重ねた時間は貴重です。
からまわっていた時もあったけれど、
ちゃんと時間は流れていてよかった。

石の上には3年といいますが、繊維業界は10年くらいいると
すこし成長できるものかもしれません。


http://mananano.exblog.jp/26001299/
http://mananano.exblog.jp/26004109

(↑まなな先輩にブログにまとめてもらいました )
2016年09月29日(木)  08:46  / 産地の記録  / この記事のURL

リンク集
2016年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/izumikingin/index1_0.rdf