FETE〜textile performance2013を観て
糸から製品になるまでの距離って あまりにも遠くて、
その遠いみちのりを
ゆっくりと流れていく景色を
ありあまる想いの線があつまって
形になるまでの時間の遅さをもどかしく思っている。

おもいのたけが面となって、
わたしの気持ちを覆ってくれるのには、
何十万メートルの距離が必要なんだろうか。
線のうちはとてもとても弱いから
どこかがぷつっと切れてしまうだけで
積み重ねたものが届かなくなってしまったりする。

問題はどこにあるんだろう、
喜んでくれる人の顔はいつ見れるんだろう。
生まれてからながいながい間
不安をかかえながら、糸は張りつめているのだ。

糸が一部ではなくって、かけがえのない存在として
全身で感じてもらえることがあればきっと、
この子達を世に生み出した意味があったということだ、
幸せに生まれてくれたということ。

*****

textile performanceというイベントを教えてもらって、
会社に古くから残っていた きらきらした生地を
役立ててもらったらどうかなあと思った。

熱心な多摩美の学生さんが 
京都まで夜行バスで飛んできて
たくさんある生地から自分たちに必要なものを
注意深く選んで
もらって帰ってくれたのだ。

「ぜったい、いらないものとか、そういう表現をしてはいけない」
「生地の大切さを伝えないと 学生にとってかわいそうなことになる」
と、助言をもらっていたので
糸からみてもらって、
できるだけ 色んな難しさや大事さが伝わるように
雑にならないように
言葉を選んだつもりなのだけれど。


その学生さんたちは
テキスタイルの神様に育てられているような
繊維への純粋な愛情をもっている人たちで
専門の教育を受けずに、仕事をはじめてしまったわたしは
とてもうらやましかったのだ。

生地を穴があくほどみて
喫茶店のコースターの生地の
素材から染め方までをプロファイリングして、
ゆくところゆくところでハギレを買って
勉強のために帳面にまとめるらしい。

組帯をみれば
「これは織りじゃない、全く新しい組織だ」って
どよめいて

素敵な服があれば、
「先生が実際に着なさいっていってたよ」
って試着をして

その合間に目に映った景色は
写真に撮って
課題として提出されるらしい。

うわあ。未来は明るいどころではなくて
なんと まばゆいことだ。
繊維は愛されてるじゃないかと
すでに感動してしまったのだ。


そして本番の舞台を先日見せてもらったら
ほとんどの光る生地が
お渡しした状態から
色や柄や形が変えられていて
丹念に手が加えられてあった。
きらきらの生地って それだけで異質なので
そのまま使っても 成立したりするものなのだ。
わたしたち工場は、そのままだなって思うけど
一般的には 分からないものなのだ。
じゅうぶんきれいなのだ。

それが、どうやら染めたり
柄を載せたりしてくれてあって
あんなにたくさんの生地を
行くあてがなかった子達が
一枚一枚向き合ってもらったんだなぁと
生地にとっても 嬉しかったんじゃないかと感じている。

生地たちははばたいたり、
ふくれあがったり、たたかったり
うつくしくまとわりついたりしていて
魔法のじゅうたんが自由に
会場を飛び回っているようだった。

写真は、京都にきてくれたときのもの。
生地をみすぎて穴をあけているところと、
あまりに疲れて折りかさなって
電車で寝ているところ。




帰りみちに花梨の、
きいろくて丸い実が落ちていた。
良い香りがするからって
くちていくはずの花梨は拾われていったのだ。


きっとこの子は
花梨の身の生を終えても
いつか うつくしい黄色となって
テキスタイルの中に
生まれおちるのかもしれない。

そして誰かの目をまた 奪うのだろう。
言葉はなくても 
忘れられない輝きになるのだろう。


山田命音

2013年11月06日(水)  07:17  / ラメピスト_ミドリ  / この記事のURL

魔法のボビンと、光の国のデザイナー
デザイナーさんと出会いたいな出会いたいなって

春頃に思っていたら、
夏の間に怒涛の出会いをいただいて
ミドリびっくりしている。

もしかして
ラメ糸の巻かれたボビンをこすってつぶやくと、
願いが叶うのだろうか。
アラジンのランプのように。

ラメ糸が叶えてくれたお願いは、
やはりそのように
キラキラしたひとを連れてくる。

大阪のデザイナーさんで
キラキラ大好きなおふたり。

夜中にキラキラした布をミシンにかけていると、
光の世界に迷い込んでしまって、
合ってるのか間違ってるのか
よくわかんなくなるって
いわれていた。

とりあえず 手だけ縫わないように
気をつけてもらいたいけれど、
それはしあわせだなぁとおもった。

それはぜひうちに、
工場見学にきてくださいっていうことになって
日程を合わせていたら。

「◯日、いいですね!
あ、やっぱりダメだ。
いや…うーん。その日は ごめんなさい」

「その日、僕たち結婚式なんです。」



まさか結婚式当日に、
ラメ糸の工場見学を入れるか入れまいか
悩む余地があるとは。

「もしかしたら行けるかなって思いました」
って笑っていわれていたけれど。

キラキラを、なんで好きなのか考えたこともなかった
っていうかれらは、
すでにラメ糸ちゃんたちと同じ
光の世界に生きている。

そして だいたいこういう人たちは
終始笑顔なのだ。


東京の、黒い服をテーマにしておられる
デザイナーさんが来られたときも。
そのひとの持ち物がことごとく金色で。


「わたし、今まできづかなかったけど、金が好きみたいです!!」
と発見されていた。
あまりにも自分が発光していると、
気づかないんだなっておもった。
自分の顔は けして自分では見れないから。

いっしょにラメ糸工場を歩いていると、
もう廃棄されてしまう 
ボビンから取り外されたラメ糸のぐるぐる巻かれたのが、
紙袋にいっぱい入っていた。

普段わたしは
たまにそこからラメ糸をとりだして遊んでいたのだが、
ふとおもってデザイナーさんの腕にかけて
「キラキラの金の腕輪ですよ」
って言ったら、
「きれいね」っていわれて、
ずっと白いほそい腕にはめてもらっていた。


ことばではいえないけれど
なにか通じた気がして、
このひとたちのために頑張って働きたいなっておもった。

キラキラは、
業界の川上から川下なんて
かんたんに超えさせる力があるはずだ、
だって人をしあわせにするっていう
一番むずかしいことができるんだから。


今朝はいまから
夜中バスで揺られた学生さんが来るので
キラキラな未来をあげれたらいいなって考えている。


やまだめいね
2013年09月08日(日)  08:31  / ラメピスト_ミドリ  / この記事のURL

刺繍機メーカーさんからのご質問_ラメ糸の色って??
刺繍機メーカーさんから、
6・7月号メルマガの「蒸着」を読んだ上での
ご質問を頂戴しましたので、
参考のため、お返事させていただいた内容を上げておきます。

◆内容は、刺繍機と、糸・スパンコールの間の
摩擦でのラメ糸の「色落ち」への懸念です。


【ご質問】
>光沢ある色物も真空蒸着で着色するのですか?
>それとも塗料で色付けかな? 塗膜ならこすったらこそげ落ちる気がします。


はい。色は、塗料で色付けです!
しかし、塗料の色付けでも 場合によると
こすったら落ちる という状態です。

ラメ糸の色付けは、ほとんどが 
メルマガ5月号に出た
「着色」工程でつけられています。
http://www.izumi-kingin.com/mm/201305.htm

たとえば、「金色」のラメ糸が作りたい場合
「イエロー」に着色したフィルムを
「蒸着」に出します。

この場合、フィルム構造は

フィルム/イエローの塗料/蒸着金属 + (樹脂コーティングorフィルム)

という順番になり、「イエロー」はラメ糸の内部に
閉じ込められます。

あとは、金属が外に出ているので
それを保護するため、
フィルムを金属露出面に貼るか、
樹脂コーティングをして保護します。

弊社の「エンブライト」などは、とっても簡単にいいますと 
この、フィルムが両側に貼ってある状態です。
(詳しくいいますと、もっと丈夫な作りですが・・・)


ラメ糸の中には、
「蒸着」工程後に色をつけるものもあります。

フィルム/蒸着金属/イエローの塗料(樹脂コーティング)

上記のような構成のものは、多いです。
金属露出面にイエローの樹脂を塗りますので
金属の保護目的も果たしております。

しかし、摩擦にはとても弱く
カッターの刃で さっと削ると
ポロポロと、金属と イエローが落ちていきます。

結果としまして、
ラメ糸の色は「蒸着」でつけておらず
「着色(樹脂コーティング)」ですが
同じ薄膜ですので、双方 摩擦に弱いです。

これを 回避するために、金属面や 着色面を隠すように
フィルムを「貼り合せ(ラミネート)」しております。
http://www.izumi-kingin.com/mm/201204.htm
※↑ 昨年の4月号のメルマガですが、こんなイメージで積層しております。


ラメ糸によっては、染色で色をつけたものもございます。
「ダインテックス」などはポリエステル染めで
色を着けていると思います。
染色される時は、多色に染め分ける必要が
ある時が多いです。

と、いうことでラメ糸・スパンコールの種類により
摩擦に強いもの・弱いものが混じっております。
一般的に刺繍用の糸は
強いものが多いと思います・・


山田めいね
2013年07月22日(月)  21:29  / ラメ糸Q&A  / この記事のURL

「会いにいける」アイドルと「いま動いている」繊維業界。

「会いにいけるアイドル」っていうのがある。
とても親しみやすい感じがするし、
リアルに 好きなアイドルの声が聞けたり
笑顔が見れたりしたら 
とても嬉しいだろう。

ミドリは昔からひきこもり系なので
ひとりで本や漫画を良く読んでいて
結果 歴史や文学が ちょっと好きだ。

大河ドラマや 歴史系の番組をみると
登場人物は 教科書で名前をみたような偉人だらけ
その時代の中の世界では
普通に会話しあっていたり
いがみあって戦っていたり
はたまた 仲間になって
時代を切りひらいている。

その世界では当たり前だったろうけど
なんて、なんて豪華なメンバーなんだぁぁ〜!!
と思いを馳せる。
こんな素敵な人たちが同時代に固まっていたら

それは、歴史も動くだろう と。


ミドリは明治終わり〜昭和初期あたりの
世界観が好きで
その時代の作家や詩人や芸術家等々の交流は
すごく 羨ましい。
はたまたびっくりするくらいすてきな同時代なのだ。

よく 「誰々くんと集まってこんな話をした」
みたいな散文など残っているので
わくわくしながら読むと
文学界の偉人どうしがそうそうたるメンバーで
集まって 夜通し話していたりする
有名になる前や とても若いときのものであったりするので
当人たちは、後々こんなに有名になるなんて
知らなかったんだろうなと思い
ときめいてしまう。

そして、行間や欄外からなんとなく
ここに書いてない部分の半分は
ぜったい きゃっきゃとしょうもない話をしていたんだろうなと
確信している。

だって 基本は誰も変わらない、普通のひとだから。



今、繊維業界に生きていて
6年目にして 同世代くらいの人との交流が急に増えた。

川上のほうでは若いひとはあんま居ないって聞くけど
こころある若い人は川上から川下まで
ちゃんといるよ
だって、ずっとこの世界にいるかたにとっては
新鮮ではないかもしれないけれど
とても面白くて魅力的な業界だから。


そういう皆と会っているときや
「テキスタイル・マルシェ」みたいな
イベントにいるときは
心の中で 「そのとき歴史が動いた」
を見ているような気分になっている。
たまに こっそりトリップしている。

10年くらい経ったら いまも凄いマルシェの先輩たちは
偉人になってるだろうし
いま ミドリと同じくらいのひとたちも
ひとかどの 凄い人になってるかもしれない。

良い意味で、10年もしたら
こんな素敵なメンバー集まれないかもしれない。

10年どころではなく、
50年や100年経って
繊維やテキスタイルの勉強をしている人が
いまの時代をみると
とっても 羨ましがるかもしれない。

ああ、タイムスリップしたいな!!
生きている○○さんに会いたい!!
って 歴女のように願うのかもしれない。

いや、思うに違いないと
ミドリはさらに確信している。
だから、自分は後悔のないように
この時代の繊維業界を楽しまなくてはならないのだ。


イベントとか、SNSとか、なにかのきっかけで
「このひと素敵だな」っていう尊敬できる
業界のひとに出会う。

距離がとおかったり
お忙しそうだったり
有名すぎたりして
会いに行かなくてもいいかしら
しかもミドリ人見知りだし・・・
って思うのだけど、
これ以上恥かかなくてもいいかなって思うのだけど


「わたしの好きな偉人達は
一度も会うことはできなかったけど、
この人はたまたま同時代に生きている、
会える、
会いに行こう、声をかけよう」

って考えるのだ。


ああ、100年後の いまの繊維業界の再現ドラマに
緑色がちらっとでも映っていると良いなぁ。


そして、100年後の繊維業界が
様変わりしていたとしても
規模は縮小されていても
また 面白い世界が形成されていますように。

今日は七夕だったので
せっかくなので
お願いしておくことにしましょう。


山田命音















2013年07月07日(日)  16:53  / ラメピスト_ミドリ  / この記事のURL

ラメ糸Q&A〜寝装具メーカーさんからのご質問
こんにちは!
ラメ糸おたくであるミドリですが、
最近 お客様からのラメ糸ご質問が
どんどん、増えてまいりました
ご興味持って頂いてるんですね!嬉しいです

しかーし、3分くらいでお返しできるような内容ではなく
ラメ糸の根底から知ろうというような
がっっっつり したご質問が増えております

さっと返せる内容ではないので、しばらく熟成させて
1時間くらいかけてお返事しております。

その中で、いまお返事していた内容が
他のお客様にもお役立てできそうでしたので
ブログに上げさせて頂きます

※下の文章オタクすぎますので
なんとか絵文字で女子力をあげております

それでは、下記のご質問に
ご興味おありの方は ご覧くださいませっ
とても良いご質問を頂いたと思っております!!


寝装具メーカーさんからのラメ糸ご質問

@ラメ糸はタンブラー乾燥などで縮んだり熔けたりしませんか。

融点はどれくらいですか。

A、酸性、アルカリ性など洗剤に対しても強度は変わりませんか。

B、ラメ糸の透明フィルムの厚さは色々あるんですか。

C、ラメ糸を使用したときのお客様への取扱い注意点は

どのようなことをお伝えしたら良いでしょうか。



*********
>@ラメ糸はタンブラー乾燥などで縮んだり熔けたりしませんか。
融点はどれくらいですか。

ラメ糸(スリット糸)のベースは 
ポリエステル又はナイロンのフィルムです。
(ごくまれにそれ以外のフィルムであることもあります。)
よって、融点もその素材に準じます。

ベース、つまり「スリット糸」と呼ばれる
四角いフィルム糸 は、上記の素材ですが
大抵の場合、そこに他の「糸」が撚られています。
それは、ウールであったり レーヨンであったり
綿であったり、様々です。

家庭洗濯機の乾燥モードで実験したときは
ラメ糸のグレードに関わらず問題ありませんでした。
一度、コインランドリーでも実験したいなとは思っております。

◆以上を踏まえまして、タンブラー乾燥に当たっては
心配なことが2点あります。

1.生地中の「ラメ糸」と、他素材の糸 との収縮差の発生

2.「ラメ糸」として使用されている『ひとまとまりの糸』
の中での「スリット糸」と、撚糸されている他素材の糸 
との収縮差の発生

3.ラメ糸の使用された製品において、
タンブラー乾燥前に、
すでにラメ糸がダメージを受けている状態の時がある。
熱風で もみ乾燥をすることによって、
ダメージが促進され ラメの光沢消失や
形状変化が起こる。

>A、酸性、アルカリ性など洗剤に対しても強度は変わりませんか。

ラメ糸(スリット糸)自体は 前述いたしましたとおり、
ポリエステルか、ナイロンのフィルムですので
強度は変わりません。
しかし、それらと撚糸されている「他素材の糸」が
ウールだったり レーヨンだったり することがありますので
ラメ糸の入った生地の「素材混率」を
ご確認して頂き、それに準じてご使用頂ければ 
問題ないかと思います。

「ラメ糸の光沢変化」におきましては、
酸性・アルカリ性で 変化が出る可能性がございます。

『弱アルカリの洗剤』くらいでしたら
基本は大丈夫です。
しかし、『生地の製造工程』において
ラメ糸がダメージを受け、それに気づかれないまま
製品になっているというケースが少なくありません。
そのような場合は、弱アルカリの洗剤や
洗濯機で回す行為などだけでも 光沢消失などする
可能性がございます。

もし、そのような問題が起こるようでしたら
製品にされる際でのラメ糸チエックを厳しくしていただくか
生地を購入される際の、ラメ糸チエックを
厳しくしてください。

『漂白剤』はおすすめいたしません。
基本的には、酸にもアルカリにも弱いのがラメ糸です。

※洗濯堅牢度の試験は ほとんどのラメ糸で
取られているはずですので
基本的には、つどつど メーカーにご確認くださいませ。

>B、ラメ糸の透明フィルムの厚さは色々あるんですか。
何種類かございます。

ポリエステルフィルムでしたら
6ミクロン、12ミクロン、25ミクロン を弊社は よく使用します。

ナイロンフィルムは
12ミクロン、16ミクロン、25ミクロンが よく使用されます。

>C、ラメ糸を使用したときのお客様への取扱い注意点は

一般的に思い浮かぶことですと
1.(純銀蒸着をしたラメ糸の場合は)
天然皮革・ゴムなど 硫黄分を含むものに触れさせないでください。

2.漂白剤などの使用は お避けください。
(パールラメなどは塩素で白濁します。強アルカリ・酸にも影響を受けやすいです)

3.金属アレルギーを気にされる方がいらっしゃったら
それぞれのラメ糸に使用した金属を明示して差し上げたら
良いと思います。
(アルミニウム、純銀、錫 が衣料・寝装用のラメ糸のほとんどです、
ラメ光沢があっても 金属が使用されていないタイプのラメ糸もございます。)

などでしょうか・・・
生地に織り込まれたり、編みこまれているラメ糸の場合
『生地』として問題がなければ
その後も安定していることが多いように思います。
ダメなものは『生地』段階で 無理が発生しております。
製品となって お客様の元に届く前に
拡大鏡などで ラメ糸の光沢や形状変化を
見てあげてもらえると、一番安心です。
**************

泉工業株式会社
山田めいね
2013年06月10日(月)  21:04  / ラメ糸Q&A  / この記事のURL

前へ | 次へ
リンク集
2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ

http://apalog.com/izumikingin/index1_0.rdf