« 2017年07月 | Main | 2017年09月 »
プリントなど素材変化満載
7月開催の「モードシティ」展(春夏物)は、1月の「パリ国際ランジェリー展」(秋冬物)とどこが違うか。
春夏シーズンに欠かせない水着やビーチウエアが半分を占めているというだけではなく、併設された素材展アンテルフィリエールが充実していることがあげられる。

今年1月に、木のパルプを原料とするセルロース繊維、「ナイア」で初出展を果たした米イーストマン社は、今回が二度目の出展となった。この半年で、テキスタイルメーカーやデザイナーとのパートナーシップの輪がさらに広がったようだ。
「新素材として、前回は糸の紹介に軸を置いていたが、今回はニット・布帛あわせて素材変化の豊富さを打ち出した」(マーケティング・イノベーション戦略ディレクター、Glenda W. Elio氏)と話していた。

同社はプリント開発にも力を入れており、イノベーションフォーラムのプリントのコーナーでは3Dプリントを訴求。
また、アンテルフィリエールのトレンドファーラムに掲げられていた、「エレン・ヘーザー」の巨大なプリントスクリーンは、「ナイア」の生地にデジタルプリントを施したものだ。


Elio氏の話では、ユニクロの製品にもテキスタイルメーカー経由で「ナイア」の糸が使われているらしく、日本ではその素材名(商標)は一般にはまだ馴染みはなくても、知らないうちに身に着けているのかもしれない。

 2017/08/28 21:23  この記事のURL  / 
「そげ胸対策」トークショー
トリンプ・インターナショナル・ジャパンのロングセラー商品「天使のブラ」の新シリーズ「天使のブラ 魔法のハリ感」発売にあわせ、商品説明会&トークショーが開催された。

今回のトークショーのテーマは、“「そげ胸」対策”(それにしても「そげ胸」とはリアルな表現!)。
バスト専門の美容外科医である森智恵子先生と、NHK「あさイチ」でブラジャーコメントをしているインナーウエアコンサルタントのおぬまともこ氏という、それぞれ女性のバストに長年接してきた二人がそれぞれの立場から、「そげ」(たるみ)の原因や予防法を語るというもの。

特に森先生が、バストの構造をミカンに例えて解説しているのは説得力があった。
水分たっぷりのミカンの果肉(房)を包んでいる白い海綿状の筋に当たるのがクーパー靭帯。これがいったん壊れると、バストの張りは戻らないという。つまりブラジャーがクーパー靭帯の代わりの役割も果たしているというわけだ。

手術という手段を選ばずに「大人のキレイなハリ胸」をつくるには、毎日身に着けるブラジャーがいかに大事かということが結論。
サイズの大小に限らず、加齢と共に進むバストの下垂やたるみには抗えない。
顔もバストも、大切なのは日々の心がけ。美は一朝一夕にはならずなのである。

当初、若い人を対象にしていた「天使のブラ」も、時代と共にユーザー層が変化し、エイジングをテーマにした商品開発に移ってきているのは興味深い。
ただ、頑丈でがっしりしたブラカップは相変わらず。快適性全盛の時代においては、逆に新鮮でもある。

「そげ胸」対策の3か条は次の通り。
@ブラジャーでクーパー靭帯を保護する
A正しい姿勢で、バストの姿勢を高くキープする
Bぴったりサイズのブラジャーを正しく着ける




 2017/08/24 16:03  この記事のURL  / 
国際見本市は業界の縮図
恒例のトレンドセミナー開催が近づいています。
国際見本市(展示会)というのはまさに業界の縮図。
商品動向はもちろんのこと、今、世界のインナーウエア業界(アクティブウエアやリゾートウエアも含む)で何がおこっているかを感じてください。
お待ちしています。


 2017/08/21 14:54  この記事のURL  / 
パリの「ハンロ」ショールーム訪問
もう1か月以上前のことになってしまったが、「モードシティ展」取材後に、パリ・サントノーレ地区にあるハンロのショールームにお邪魔してきた。
同ブランドはパリのランジェリー展出展は1月のみなので、7月はパリに来る各国のバイヤーは、このショールームで来年の春夏コレクションを見ることになる。
ちょうど昨年はオーストリア本社に伺ったのだが、こうしてパリの中心地(クラシックな高級アパートの中)でゆっくりコレクションを見るのもしっくりくる。

グローバルで安定した伸びを見せているブランドだけに、特にここ数シーズンはそういう勢いのようなものがコレクション全体から感じられる。

2018春夏カタログの撮影場所として選ばれたのは、昔からオーセンティックな海のリゾート地として知られる西仏のビアリッツ。
まさにそういう場所で過ごすヴァカンスで身に着けたいと思わせる、リッチでリラックスしたランジェリーやラウンジウエアが充実していた。

ハンロらしいソフトブラやテディ風のボディスーツ、ミックス&マッチで上下の組み合わせ自由なナイトウエア、家の中や海辺や街でといろいろな場面で着こなすことのできるラウンジウエアと、大人を満足させるシンプルで上質なものならお任せという感じ。

「ハンロ」が好きというだけでその人の趣味の良さとか、”いい女”度、”いい男”度が連想されるようなブランドだ。
日本国内でも着実にファンを増やしているが、これからはますますその輪が広がっていくに違いない。

今や「ハンロ」の伝道師として世界を飛び回る、同社国際セールスエリアマネージャーの小山さんと

 2017/08/17 20:28  この記事のURL  / 
異なるものをメランジェ
巷はお盆休みなので、ここでもほっと一息できる画像をお届けしたい。

「モードシティ」の会場の中でもこういうコーナーに出会うと、優しい気持ちになれる。
製品のトレンドを分かりやすく見せているトレンド&セレクションフォーラムのあるテーマにあった一角。テーブルの上には花のモチーフのアイテムが集められている。ランジェリーは1点のみ。

こういうふうに異なるアイテムをミックスさせる見せ方の手法は、実にフランスらしいと思う。フランスの雑誌などでもこういう編集の仕方は昔からよく見られる。

来年1月までパリで開催されている「ディオール展」においても、このフランスらしい「メランジェ」のゾーンがあった。
アイテムや時代の違いに関係なく、色別グルーピングでいろいろなものがギャラリー風に展示されていた場所。一つ一つ宝物のようなものがぎっしり。
モードの魅力がいっぱいで、おしゃれはやっぱりいいなと思わせてくれる。
この多様性こそモードそのものなのではないだろうか。


 2017/08/11 16:33  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード