« 2015年11月 | Main | 2016年01月 »
心身の疲れを癒してくれる下着
冷え込みが急に厳しくなった昨日、ある一回り年下の女性が家を訪ねてくれた。
10年以上も前にお世話になった編集者で、毎年年賀状だけでつながっていた間柄だったが、私と同様、お母様を亡くされたばかりですっかり意気消沈している様子で、ぜひ会いたい、小田原に来たいとメールをくれたのだった。
ところが、いろいろ話を聞いていくと、お母様はある特殊な事情で亡くなり、生前仲の良い親子関係だった彼女は、何もできなかった自分を非常に悔やみ、その精神状態はかなり危険な状態になっているのだった。

そんな彼女と話をしながら数時間を過ごし、冷蔵庫の中にあったもので作った芋煮汁で質素な夕食を用意し、そして東京に帰っていく彼女に合うのではないかと、ちょうど手元にあったいただきものの下着を渡した。スマイルコットンを使った島崎の「フリープ」の、カップ内蔵型のブラとはきこみの深いショーツの上下だ。
そのささやかな贈り物を彼女は、「ホルモンのバランスが崩れて内心焦っていたが、これで気持ちが上がりそう」と早速メールをくれた。

いきなりディープな書き出しになってしまったが、「フリープ」はそんなふうに心身の疲れた女性、元気になりたいと思っている女性にぴったりの下着のような気がする(もちろん、既に元気で健康的な女性にも合うが)。

話はがらりと変わり、11月に行われた同ブランドの2016春夏シーズンの展示会では、従来からの定番を軸に、シンプルシリーズにはライム、ファッションシリーズにはミントやブルーグレーと新色が追加。

また人気のサマーシリーズでは、レースとカラーのリニューアルに加え、レースのないシンプルなデザインも登場していた。
ベア天竺のコンフォートシリーズは、ヨガや運動、旅行などのアクティブなライフスタイルにフィットするスタイル。
すべてのシリーズに共通して、肌に当たる部分、見えない部分にきめ細やかな心配りされているのが「フリープ」の特徴だ。


敏感肌で悩む女性に支持されているブランドだが、どんな女性にとってもこういう下着を求めている時は必ずあると思う。
時には、自分のからだと心を優しくいたわりたい。
 2015/12/29 21:56  この記事のURL  / 
下着もリサイクルですっきり
2015年もあと1週間となり、既にカウントダウンに入ったようなあわただしさとなった。家の大掃除と共に衣類の整理も始めて、不要になったブラや下着の処分に困っている人も少なくないのではないだろうか。

年末や新年の準備に合わせて、大手メーカーではリサイクルキャンペーンを実施中。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンでは、“Find The One(あなただけのベストフィット体験を)”の一環として、下着リサイクルキャンペーンを11月から12月末まで開催。メーカーを問わず、またアイテムもブラジャーだけではなく(ショーツ以外の)下着全般を対象にしている。
中身が見えない専用回収袋(強粘着シール付)を店頭で配布し、封をしてキャンペーン実施店舗に持ち込んでもらうという流れ。

また、ワコールでは11月から来年3月末までの長期にわたって、「ワコール ブラ・リサイクル」を全国800店舗で開催中。店舗から同社流通線センターに届けられ、その日のうちに処理工場に運ばれるという。
同キャンペーンも今回で9回目。2012年からは他社製品の回収も始め、推計で112万枚以上の実績となっている。


共に、回収したブラは固形燃料(RDF)にリサイクルされる。
 2015/12/24 12:07  この記事のURL  / 
年明けにスパイラルで展覧会
公私ともにバタバタしていたら、あっという間に12月も半ば。このINNER通信もしばらくお休みしてしまった。
今年2015年は、私個人も、国内インナーウエア業界も、この国全体も、ひいては世界も、流れが根本から大きく変わった。

国内インナーウエアとしては、何といってもブラジャー新時代の到来があげられるが、それと並行して「ランジェリーの活性化」を目指した新しい動きがある。ここでいう「ランジェリー」とは、広義のそれではなく、スリップやキャミソールに代表される装飾下着の分野。機能性主導のブラジャーに対して、モード性や非日常性が重視される分野である。

今、改めてランジェリーの魅力を広く世の中に知らせたいと、一般社団法人日本ボディファッション協会(NBF)では、《秘密のワードローブ》という名の展覧会を年明けに開催する。場所は青山のスパイラル。
ランジェリーの展覧会開催に当たっては、7月から実行委員会による企画会議を進めてきた。会員企業各社の委員から構成されたものだが、私は唯一の外部要員としてコンセプト立案や企画への助言、実際の会場構成などに当たってきた。

時間も予算もごく限られた、ないないづくしの厳しい環境下で開催される今回の展覧会。いよいよ会期まで1か月となった。
どのような完成を見せるかまだ不安ではあるが、皆様、乞うご期待!



 2015/12/13 10:11  この記事のURL  / 
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード