« 2013年08月 | Main | 2013年10月 »
完全無縫製の袖付きインナー
シームレスと一言でいってもいろいろな手法があるが、縫い目を極力減らすということは、生産上の省力化、効率化はもちろんのこと、着る側に立つと、縫い目のストレスなく均等に肌にフィットすることや、アウターに響かないなど、さまざまなメリットがある。
モールドカップのブラをはじめ、丸編みや切りっぱなしのインナー、接着技術によるショーツなどはもうすっかりおなじみだが、この度、グンゼからはアームホールも縫い目ゼロの完全無縫製の袖付きインナーが登場した。

業界初の立体カーブの接着技術を確立したことによって、袖付きインナーでは初めて無縫製が実現。
更年期世代を対象にした「KIREILABO」から、縫製部分に違和感やかゆみを感じる敏感な肌のための低刺激インナーとして発売されている。
洗濯絵表示も転写でプリントされているので、今までタグのチクチクに悩まされていた人にも朗報だ。

なお、同ブランドでは、「肌ストレス解放計画、はじまる。」として10000人キレイラボ体験!モニターキャンペーン中(9月25日〜11月30日まで)。
キャンペーンサイトから応募された方の中から10000人に「のびの美8分袖インナー」または「完全無縫製ショーツ」のプレゼントがある。

 2013/09/26 13:23  この記事のURL  / 
なりたい自分になる
9月も中盤を過ぎ、季節の移ろいとともに、バタバタと走り続けていた私の身辺もようやく落ち着きを取り戻している。

定期化しているパリのランジェリー展取材の報告を軸にしたトレンドセミナーも終わり、何とか責任が果たせた思いでいる。
おかげさまで、セミナーは大阪、東京ともに、大勢の方々にお集まりいただいた。

今回のトレンドセミナーのテーマは、「なりたい自分になる」――。
参加者の方々には、このテーマに込めた意味がおわかりいただいたと思う。
パリというのはランジェリーやファッションの本質というものに向き合うことができる場所。
日本のことも俯瞰して見つめることができるから、私にとってはやはり欠かせないものなのである。

既に次回大阪開催のセミナー日程も、3月12日(東京開催はその次の週の予定)と決まっている。
まだまだ先(いや、すぐやってきそう)だが、それに向けて私もがんばっていきたい。


 2013/09/21 10:34  この記事のURL  / 
生活シーンに密着した肌着
国内下着大手メーカーでは、他社に先駆けて、先週、グンゼが2014春夏物の展示会を開催した。

メンズもレディスも、かなり大きな変化が見られるシーズンといえるのだが、中でも興味を引いたのが、春夏の主力ブランド「クールマジック」の婦人肌着コーナー。
肌着のグンゼらしく、今までは物性面での機能性を訴求することに力が入れられていたが、今回は消費者の生活シーンにぐっと寄った訴求法になっていた。

従来からの夏肌着に欠かせない機能に加え、素材加工の切り口に女性の実感が反映され、特に働く女性のライフスタイルを意識した対応がされている。
商品のディスプレイも、ドラッグストアの店頭のような親しみのある演出になっていた。
生活に密着した量販スーパーを主力販路とする同社にはぴったり。

「下着でなんとかしましょうよ!」を合言葉に、“外出応援”は「着る日焼け止め」(UPF30の日焼け止め効果)、“洗濯応援”は部屋干し・夜干しの「部屋干しクイック」と「洗いたての香り続く」の2種類で、合計3タイプに分かれた構成。

それにしても3つめの香りについては、人々の嗜好の変化に驚くばかり(世代によっても明確に異なる)。
最近、洗剤の売り場に行くと、香りの強いタイプが増えて、昔ながらのベーシックなタイプが隅に追いやられている。
ほのかな石鹸の匂いが好きだった日本人が、いつからあのようなアメリカンタイプの人工的な強い香りを好むようになったのだろう。
その匂いを持続させる機能性がこのようにクローズアップされる位だから、その市場は小さくない。ただ、あの匂いが苦手という層もそれ以上にいることも確かである。




 2013/09/15 22:09  この記事のURL  / 
新しいプロポーションの時代
ランジェリーモードの時代が帰ってきていることは間違いないのだが、それ以上に新しいプロポーションの時代が到来しているように思う。

それは服の新しいバランスを反映しているだけでなく、リアルな肉体というものを肯定的にとらえているような気がする。

来週火曜日、9月10日は東京の文京シビックセンターで、恒例のトレンドセミナーを開催します。
まだ申し込みOKです。
 2013/09/05 20:36  この記事のURL  / 
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード