« 2012年02月 | Main | 2012年04月 »
「コットンを信じている」
世界のロイヤルファミリーをはじめ、映画スターなどのセレブにもファンが多いことで知られる、スイスのニットインナーメーカー「HANRO(ハンロ)」(創業1884年)。
日本上陸30周年を記念して、ブランドの舞台裏を見せるイベントが、東京・青山で開催された。


「物づくりに関しては妥協を許さず、常にコンサバティブな姿勢を継続していること、そして世界各国のトップ店で販売していることがが、ハンロの成功の原因。今後は単に機能面だけでなく、ライフスタイル製品として、もっと売り場におけるブランドの露出度を増やしていきたい」

本国から来日したマネージングディレクターのステファン・ホフマン氏(左)は、このように語った。

特に印象に残ったのは、「I believe in cotton(コットンの可能性を信じている)」というコメント。
天然素材、ことにコットンの魅力を最大限に活かし、質の高い製品を提供し続けている同ブランドならではの姿勢といえる。


日本市場における輸入販売を行っているワコールは、長年のパートナーシップの上に立ち、今後5年で3倍の売り上げ規模に拡大することを計画しているという。
今後はワコールブランドと合わせた売り場展開にも力を入れていく方針で、両者それぞれの強みがいいかたちで引き出されることを期待したい。


自社のアーカイブを参考に、新しいデザインをおこすことも。会場ではその創作過程をあらわす展示が見られた。



 2012/03/26 22:57  この記事のURL  / 
ブラのチェック法を伝授
体に合ったブラジャーをつけることの大切さは分かっていても、どこをどうチェックしていいか、自分ではなかなか分かりづらいもの。

ワコールでは、ブラジャーのチェックポイントを分かりやすく表現した「ブラチェック体操」のTVCFを、3月22日(木)から31日(土)の間、放映する。

店頭やWEBでも、連動したキャンペーンを実施。
特定の商品のPRではなく、ブランド横切りの取り組みとして大いに注目したい。



 2012/03/23 12:10  この記事のURL  / 
「自己ベストボディ」の実現
トリンプ・インターナショナル・ジャパンの「シェイプセンセーション」が、モデルのSHIHOをイメージキャラクターに起用し、CMが全国放映されるということで、昨日はその発表会が開かれた。
出産後初の仕事だったというSHIHOだが、プロポーションの美しさと明るくキュートな個性は相変わらず。

新CMで注目されたのは、その中で下着姿にもなるモデルたち(10数人)が、すべて日本人(東洋人)であったこと。これは画期的なことだと思う。
しかも、外資系下着メーカーらしく、キャンペーンガール以外は今まで金髪の外国人モデルが中心だった同社において。

「年齢や体型を問わず」という商品コンセプトを、複数の女性で表現しているわけだが、かつてこれだけの集団で下着姿を披露することがあっただろうか。
日本においては、水着には抵抗なくても、下着姿になるモデルやタレントがいないといわれて久しかった。時代が変わったのだなと、感慨深かった。

アイテムがぐんと広がった「シェイプセンセーション」の商品構成に合わせ、体型別診断のシステムを導入しているのも興味深い。
女性の体型シルエットをアルファベットのYSIOAの形に見立て、5タイプに分類。それぞれの体型に合う下着選びをサポートし、一人一人の「自己ベストボディ」を実現するとしている。

CM放映は、明日3月23日(金)から。


 2012/03/22 11:02  この記事のURL  / 
ナイトウエアのお好みは? 続編
スリップというアイテムも、ヨーロッパではデーランジェリーというより、ナイトウエアの1アイテム。
もちろん昼間にアウター感覚で着られるものも。

左から、massana, save the queen, cyell

キュートなキャミソールやベビードール(minuit douze)

シルクサテンにレースの、古き良きイタリアンクラシック。色をモダンに(paladini)

そして、自分自身にとっての永遠のナイトウエアのスタイルといえば、白コットンにドロンワークやピンタックなどの手仕事が施されているアンティーク感覚のナイトウエア(thea)
 2012/03/19 11:37  この記事のURL  / 
ナイトウエアのお好みは?
最近、ちょっと疲れているせいか、着心地のいいナイトウエアやルームウエアを着てゆっくりしたいという欲求がふつふつと沸いている。

さて、先日のパリ国際ランジェリー展のラウンジウエアコレクションから、いくつか気になるスタイルを紹介しよう。
何といっても、肌触りのいいものがいい。色なナチュラルなミネラルトーンで。

左下は「lanui」、右下は「hanro」


トレンド感も大切。冬には何かと便利なウールのポンチョ(weiss)


フォークロア感覚が新鮮(pluto on the moon)

人気のスポーツアイテムをおしゃれに(skiny)

ヨガウエアも欠かせない(yu-feelwear)



 2012/03/18 22:54  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード