« 2011年09月 | Main | 2011年11月 »
今、問われるローカリゼーション
パリ地域経済開発局主催により、パリ副市長ならびにパリで開催されるファッションとインテリアの見本市主催者がこぞって来日。記者会見・パネルディスカッションとレセプションがキャピタル東急にて開かれた。

昨年と同様、日本で活躍するフランス人ジャーナリスト、ドラ・トーザン氏を進行役にしたパネルディスカッションは、フランス側の主催者と日本側の出展者や関係者がそれぞれの立場からコメントするというもの。
今回は見本市別の構成だったが、出席者のエピソードを通して、見本市出展の背景にはいろいろなドラマがあることを興味深く聞いた。商売だけの割り切った関係ではないところに、この異質な二つの国の関わり方、その歴史の長さを感じさせた。

「パリ国際ランジェリー展」紹介の際に興味深かったのは、潟Aイ・ピー・エフ 中西社長(仏ブランド「シャンテール」などのインポーター)の以下のコメント。

「日本におけるランジェリーのインポートブランドの市場シェアはわずか1%以下。なぜランジェリーは日本で伸びないのか。フランスのものはそのままでは日本では売れない。これからはフランスからデザイナーが日本に来て日本市場に合うものを作り、生産はアジアというふうに考えていかないといけないのではないか」
ランジェリービジネスを始める前、フランスの赤井電機で仕事をしていた自身の経験をもとに「ローカリゼーション」(現地化)の大切さを説いたものだった。

主催者であるユーロベットのマリ=ロール・ベロン氏は、あとから「政治的には正しくない」とつぶやいていたが(今回のイベントのそもそもの目的は製品輸出の促進であるから当然である)、中西氏のコメントはある意味でリアリティがあると思った。

「ローカリゼーション」と聞いて、私がすぐ連想したのは、中国企業に買収されたレナウンの中国での奮闘ぶりを紹介した、先日のNHKのテレビ番組。
生き馬の目を抜くような競争が繰り広げられている中国においても、まだ日本のやり方を引きずっている様子に、親会社である中国側の我慢も限界という状況がありあり。徹底したローカリゼーションで躍進している韓国のアパレル企業に完全にやられている様子を伝えたものだった。
ファッションに夢のあった時代ははるかかなた(一攫千金の夢はあるだろうけど)。時代はまったく違う価値の方向に進んでいる。

ランジェリーにおいても、フランスのブランドはできればオリジナルなかたちでその文化を伝えてほしいという気持ちが、私も強いが、これほど時代が変わると、そうも言っていられない。オリジナルだけで数字を伸ばせといわれても限界があるのだ。
拡大路線でいくものと、小規模でオリジナルの良さをそのまま伝えるものというふうに、ブランドによって明確に戦略を分ける時代に来ているのではないだろうか。

マリ=ロール・ベロン氏がこう語っていたのも印象的だ。
「日本の偉大な企業であるワコール(同社フランス法人は「パリ国際ランジェリー展」の出展者)とも強力して、ランジェリー文化を日本で広げよう。日本にはフランスの強みであるモードを学んでほしいし、フランスは日本の企業の社会的責任や、快適性を作る技術力を学びたい」
 2011/10/31 23:57  この記事のURL  / 
市場に活気与えるインディーズ系
ハヴィーナの柴尾さんから、展示会のお知らせが届いた。
国内では珍しいランジェリーのインディーズ系ブランドで、オリジナルの他に、インポートブランドも扱っている。
さまざまなクリエイターがアトリエを持つ台東アートビレッジへ、出かけてみませんか。

以下は、案内状からの抜粋。


■HAVIENA 
SSのテーマは「芽吹き〜sprouting」。

震災を経験し、人々のマインドはそれまでと大きく変わってきたように思います。
一時期は節電、防災モードで消費も落ち込みましたが、美しいもの、ささやかな楽しみを求めるマインドを以前に増して感じます。

ファッションやショッピングを媒介に生まれる「見えないけれど大切なもの」へのニーズ、気づきも大きな動きとして存在しています。

泥まみれの瓦礫の山だった場所にも草木の芽吹きがあるように人々の気持ちにも芽吹きが必要です。

私たち日本人は自然の脅威に脅かされながら自然に生かされ、共存していく思想が根底にあります。

震災を過去のものにはまだできませんが、厳しい環境でも春に向かう日差しが確かに感じられるようになるその時期に一足早く芽吹きを感じさせるランジェリーをお届けしたいと思っています。


■Jesus Fernandez
アルゼンチンからのインポートランジェリー、Jesus Fernandez(略してJF)の新作テーマは「femme (女)」。
女性の強さ、やさしさ、情熱をロマンチンチックに表現。
もともと得意としていたヴィンテージイメージのカラーと、ロマンチックなカラーコーディネイトで、内面のグラムールな世界を感じていただけるはずです。

イタリア、BOSSELI(ボッセリ)社のファブリックやレースを用い、軽いフィッティングのトライアングルブラからワイヤーブラまで。


■cette
ベルギーのレッグウエア。クラシカルなガーター用ストッキングからエレガントなストッキング、カラフルなタイツまで。
弊社ストック分を一堂にご覧いただけます。


<展示会概要>
1 日時 2011年11月1日(tue)〜4日(fri) 13時より18時まで
(その他の時間をご希望の場合は応相談。11/3はお休みです。)
2 場所 台東デザイナーズビレッジ内弊社
          東京都台東区小島2-9-10  都営大江戸線 [新御徒町] 駅A4出口徒歩1分
3 展示ブランド 
HAVIENA (ランジェリー・日本)         ・・・11月末納品予定
Jesus Fernandez (ランジェリー・アルゼンチン) ・・・一部11月納品予定そのほか1月末納品予定
cette (レッグウエア・ベルギー)      ・・・即納

事前にアポイントいただけるとゆっくりとご説明できます。
ご予定わかるようでしたら早めにご連絡くださいませ。

<イベント予定>
■12/ 7(wed)-12/25(sun)伊勢丹本館2F「マ・ランジェリー」にて期間限定出店。
 クリスマス前の貴重な3週間、期間限定イベントをさせていただきます。
 オリジナルブランド、ハヴィーナをメインにアルゼンチンのインポートブランド(Jesus Fernandez)と一緒に販売。

 ★12/ 7発行の「伊勢丹通信」にもオリジナル【HAVIENA】掲載していただきます!
  是非チェックしてみてください。

HP http://www.haviena.co.jp 

Taito Designer's Village #104
2-9-10 Kojima Taito-ku Tokyo 111-0056  JAPAN
TEL/FAX +81-3-5809-2712

★イベント予定★
11/ 1(tue)-11/ 4(frie) 新作展示会@デザイナーズビレッジ〔11/3(thu)close〕
11/18 (fri) - 11/20 (sun) OPEN VILLAGE(デザイナーズビレッジ施設公開イベント)
12/ 7(wed)-12/25(sun) 伊勢丹本館2F「マ・ランジェリー」にて期間限定出店。

 2011/10/27 22:31  この記事のURL  / 
ファッションウィーク その2
海外組で強い印象を残したのが、合同展roomsLINKに出展していた「PROJECTO MENTAL(プロジェクトメンタル)」。

アンゴラ出身の若手デザイナー2人によるブランドで、アンゴラと同じ言語のポルトガルにショールームを持ち、ヨーロッパの都市で販売されている。
素材と縫製はイタリアだけあって、テーラリングの基本をおさえた質の高い物づくりとなっている。

アンゴラといえば、長い内戦の歴史を持つ国だが、その中で才能あるアーティストが生まれ、ファッションとアートの力で人々の渇きをいやそうという動きが生まれているという。
ブランドスタートから8年経つ「PROJECTO MENTAL」は、世界的なブランドへの成長の足がかりとして、東京を選んだ。
実は、前回のJFWへの参加を予定し、ちょうど東日本大震災の当日にはコンラッド東京の上層階で打ち合わせをしていたが、断念せざるを得なかったという経緯がある。

その惨状を身近に体験しながらも、今回改めて来日。
「日本の皆さんにハッピーな気持ちを伝えたい」と、今回は特に明るい色柄など、日本に向けたメッセージを込めたスタイルを集めている。
本当に、きれいな色にはパワーがある。

今回はメンズにしぼった紹介となったが、レディスも展開しているという。
現代的なアフリカのファッションコンセプトと、クラシカルでコンテンポラリーなヨーロッパのトレンドの融合。アフリカの「心」とヨーロッパのファッションの見事な調和――日本でもこの世界が好きな人は決して少なくないはずだ。

前回の〈その1〉でご紹介した「まとふ」は、日本の心と世界のファッション感覚の融合であるように、現代を生きる私たちには、この両面を兼ね備えたグローバルな感覚がなくてはならないものとなっている。
いいかえると、そういう文化性がある表現にしかもう惹かれなくなっているのだ。

中央の2人がデザイナー。Shunnoz Fiel(右) とTakasala Ma’at Nzinga(左)。左端はブランドのプレスオフィスを務めるHugo Tiburccio。




 2011/10/20 11:17  この記事のURL  / 
ファッションウィーク その1
1980年代末期から見てきた東京コレクションも、近年はJFWと組織を変え、さらに2012春夏シーズンの今回は、「メルセデスベンツファッションウィーク東京」と、スポンサーの名を掲げて、多角的に開催されている。

郊外に住まいを移したために、招待状が来るのがとだえてしまったり(それ以上に寄稿する媒体がなくなったり)、また以前のように、都心で夜遅くにスタートするファッションショーに行くことは不可能になったが、昨日は東京へ出かけた折に、ショーや展示会など、いくつかの会場をまわった。

ギャラリーでの展示会デビューの時代から見ているのが「まとふ」。今回は、表参道にオープンした直営店を会場にコレクションを発表した。テーマは「映り」――。
日本の美意識をベースに、日本ならではの素材や物づくりにこだわり続けているブランドだ。

プレス・バイヤーの回はどうしても都合がつかず、一般顧客に混ざって拝見したのだが、同ブランドの服を実に上手に着こなした30代と見られるおしゃれな男女が目に付く。特に男性のコート姿が新鮮で、時代の変化を感じた。

当初からずっと作り続けている重ねのコートに象徴されるように、服作りに対する一貫し真摯な姿勢は見ていてすがすがしい。

 2011/10/19 22:30  この記事のURL  / 
トリンプの新しい歩み
トリンプ・インターナショナル・ジャパンの記者会見(2012春夏事業戦略発表会)。
来年、2012年度は「ブレイクスルー実現の年」として、ブラジャーのシェア拡大をはじめ、いくつかの戦略を掲げている。

商品戦略とは別に、印象的だったのが、オフィス移転の報告。
同社の日本上陸以来、長年慣れ親しんだ地を離れ、来年早々には築地のオフィスビルに移るという。
トリンプといえば平和島の東京流通センタービルだったから、感慨深い。

毎シーズンのキャンペーンをサポートするイメージガールも、20年目を迎え、来年度は初めて2名体制に。
事業戦略発表会では、日本では2シーズン目となる「シェイプセンセーション」を身につけて、発表に臨んだ。
 2011/10/19 00:26  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード