« 2011年07月 | Main | 2011年09月 »
ストラップレスブラ復活の兆し
インナーウエアの保守化は、いろいろな面で見られるが、パリで開催された「モード・シティ」の2012春夏コレクションで気になったのが、ストラップレスブラ(肩ひもが取り外せるブラジャー)の復活であった。

かつて、夏といえば、日本市場においては「ストラップレスブラ」がキャンペーン主力商品になる位に、夏に欠かせないアイテムであった。
それが近年は、肩ひもはどちらかというと見えてもいいもの、見えてもおかしくないものを開発する流れが続いていた(「ヌーブラ」のような特殊な商品は別にして)。

ここにきて再び、インナーウエアの原点にもどり、アウターウエアの見栄えを損なわないよう、外側の衣服からは見えないようにするクラシックな路線が復活しているのだ。

メーカーにとっては、ワンシーズンに限らない継続商品の開発は、安定したビジネスにとって欠かせない課題となっており、話題のシェイプウエアも、このストラップレスブラも、その有力候補にあげられる。


ストラップレスブラのトレンドは水着も同様だが、水着の場合は、日焼けの跡が気にならないようにという別の目的がある。


ラウンジウエアやリゾートウエアも、肩を出したスタイルが目立つ。こちらは婦人服のトレンドに密に連動したもので、バカンスにぴったり。
こういう中間領域もランジェリーの一環だ(写真は、elise aucoutulier)。



肩を出して、解放的に夏を過ごそう!
 2011/08/31 10:56  この記事のURL  / 
セミナー開催に感謝!
8月23日、大阪産業創造館にて、潟Aーク・スリー・インターナショナル主催、(社)日本ボディファッション協会ご協力のもと、恒例のトレンドセミナーが盛況のうちに終了した。

事前にお申し込みいただいた75人(正確にいうと1名欠席、1名追加出席)が全員いらしていただいただけでなく、すばらしかったのは遅刻が一人もなく、開始時間きっかりに始められたこと。最後まで皆さまの熱心な姿勢にパワーをいただいた。

今回のセミナーテーマは、”地殻変動”。
地球規模でおこっているさまざまな変化、変質のもとで、世界のインナーウエアも、単なるファッショントレンドという観点をはるかに超えた、根本からの変革がおきている。
このセミナーのために1カ月以上準備してきた私としても、そのリアルな時代の空気が少しでもお伝えできたとしたら本望だ。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
続きを読む...
 2011/08/25 10:59  この記事のURL  / 
シニア世代に向けたファンデーション
加齢に伴う筋肉の衰えで、姿勢や体型が変化してくるのが60代。そんなシニア世代に向けた高機能のインナーウエアが続々と発表されている。

ワコールは、“エイジングをハッピーに”を提唱する「グラッピー」から、「からだ3点サポート 姿勢しゃんと、ブラキャミ」が新発売。
背中、おなか、おしりの3点を優しく支えて(内側にパワーネットを使用)安定させ、姿勢をしゃんとさせるブラキャミ。ソフトに伸びのいい綿混ツーウェイ素材が使われ、従来のボディスーツより気軽に着用できる。
シニアの好きなパープル系カラー(グレイッシュローズ)がおしゃれな雰囲気。


トリンプ・インターナショナル・ジャパンでは、“ムリせず、楽して、美しく”をコンセプトにした「楽ラク係 姿勢キレイ」シリーズから新製品が発売される。
トップスは肩甲骨に沿ったテーピングで姿勢を意識させる「楽ラク係 肩甲骨から姿勢キレイ」、ボトムは仙骨部分を〈オーラわた〉であたためた「「楽ラク係 仙骨から姿勢キレイ」が、シニア世代の悩みに対応する。


新宿京王百貨店の盛況感からも分かるように、今、ファッション市場で一番元気のあるのは、実はこのシニア世代。ファッションへの夢が決して衰えていないこの世代は、まだまだ潜在需要が大きい。

 2011/08/18 11:35  この記事のURL  / 
「エンポリオ・アルマーニ」刷新
2008年からワコールが輸入販売を行っていた「エンポリオ・アルマーニ」のランジェリーを、2012春夏シーズンからジョルジオ・アルマーニ・ジャパンが直接行うことになった。
担当しているのは、同社リテールシニアバイヤーの本田福子さん。
かつて有楽町西武のバイヤーをはじめ、シャンテル・ジャパン、D&Gと、これまでのインナーウエアの幅広い経験に基づき、日本市場における同ブランドの立て直しに当たっている。

「エンポリオ・アルマーニ」のランジェリーというと、ブランドロゴをポイントにしたパーカやTシャツ&パンツ(ラウンジウエア)や、スポーティなブラ&ボトムを中心に、モノトーンでまとめられていた。それを、日本市場が求める“カワイイ”要素を本社の商品企画に提案し、ペールピンクや優しいプリントなども充実させ、合計約20グループの変化に富んだ商品構成となっている。

価格も、従来より3割近く引き下げることに成功し、ブラジャーの中心上代が7000円台と、ちょうど百貨店で隙間になっている価格帯に据えた。
若い人向けのカラフルでスポーティなモールドブラは、5000円台から。ショーツとのセットで8〜9000円におさまる価格帯を設定している。

これまで様々なセレブが登場してきた広告のイメージモデルには、歌手でモデルのリアーナが起用されるので、音楽ファンなど新しい層へのアプローチも進みそう。
そのシンプルで活動的なスタイルは、キャリア層のライフスタイルもぴったり。

主力販売チャネルは百貨店。メンズの方は既に100店以上の展開店舗を持つだけあって、レディスの拡大にも期待がかかる。


 2011/08/13 21:27  この記事のURL  / 
節電アクションイベント
連日猛暑が続く今週、新宿高島屋1階外のスペースで、「COOLBIZ TECH」イベントが開かれている。
これは経済産業省・資源エネルギー庁主催の節電協力イベントで、特に「衣」と「住」の分野において、最先端の技術といえる日本の高機能繊維製品でこの夏の節電をサポートしようというもの。7月末に東京ミッドタウンで開催されたものの第二弾だ。

インテリア製品とともにスペースが割かれていたのが、肌着コーナー。
通気性や吸汗速乾を特長にしたもの、ひんやりした接触冷感を特長にしたものの2つをポイントに、各社の製品が展示されていた。

肌着関係の参加企業は、素材メーカーが旭化成せんい、クラレ、富士紡ホールディングス、三菱レーヨンテキスタイル。製品メーカーは、アツギ、グンゼ、トリンプ・インターナショナル・ジャパン、ワコール、ルシアン(五十音順)。


 2011/08/12 09:20  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード