« 2010年09月 | Main | 2010年11月 »
中国進出で期待高まるPJ
今年、中国デビューを果たしたピーチ・ジョン。中国でも派手なショーを繰り広げている。
既に中国に3店舗を展開で、年内には4店舗目がオープン。来年はいよいよ北京に進出予定だという。

ところで、中国での売れ筋をいくつか。
まず、最大のヒットは「ポンパドールブラ」。パッドなしでバストアップする機能が普段使いに好評で、中国ではとくにコットンが支持されているとか。
「小胸」の人には、谷間のできる「マキシマムメイカー」や3種のパッドがある「ボムシリーズ」。さらに「ボムシリーズ」の応用版として登場した、軽い「ふわボムブラ」も人気。
さらに、ピンナップガールのように胸を前に突き出すタイプの「デコルタンブラ」も浸透中のよう。

中国といえば、おめでたい色として知られているのが赤。
欧米のクリスマスやバレンタインデーと同様、2月の旧正月には、赤の下着がよく売れると以前からよく聞く。

中国進出の勢いを想像させるように、11月8日発売の75号カタログの特集は、“The Woman un Red”。同社の冬物新製品は、赤のシリーズが充実している。

 2010/10/29 22:30  この記事のURL  / 
トリンプ新社長記者会見
トリンプ・インターナショナル・ジャパンが11月の展示会に先立ち、恒例の記者会見。
2011春夏の新製品発表と2011イメージガール発表を兼ねたもので、年度末を控えて2010年の総括にも触れるというもの。

今回は、8月に就任したばかりの土居健人社長の初めての記者会見だったので、最初の言葉が注目されたが、いきなり市況と具体的な商品戦略の話に入ったのに、ちょっとびっくり。
後で記者の質問を受けて、「抱負」を語られた。

同社は外資系企業とはいえ、今回のように外部からきた方が急に社長になるというのは初めて(いや、かつて、IBMからいらした社長がいらっしゃったことを思い出しました)。
人間臭い企業文化が積み重なったいるところに、いきなり入るというのも、大変なことだろう。
同社名物の「早朝会議」は継続するのか、聞き忘れてしまった。

2011春夏の一番の変化は、キャンペーンが従来のようにブラだけでなく、「涼快です!」を合言葉に、アイテム横断のグループになった点。
刻々と時代が変化している。
 2010/10/21 23:04  この記事のURL  / 
保温インナーの行方は?
ユニクロ「ヒートテック」、ワコール「スゴ衣」に代表される、アクリル系ニットの機能性保温インナー。
昨年がピークかと思われたが、今年はGMSのPBの仕込みもさらに増量、てがける業種もますます拡大し、一説によると、その総量は日本の人口に及ぶらしい。
こうなってくると、後がこわい…。


タンス在庫は一巡というところで、リード企業の次なるステップはアイテムの拡大。
ワコール「スゴリラ」


また、プロモーション戦略は異業種とのコラボへ。
 2010/10/20 23:28  この記事のURL  / 
潜在需要大きいスポーツブラ
インナーウエア市場で、最近の重要なキーワードといえるのが「スポーツ」。
厳しい商況の中でも、スポーツタイプのものに動きがあるという話をよく聞く。

昨今、ワコールはさまざまなかたちでスポーツブラの啓発に力を入れているが、この度は日本女子プロゴルフ協会(LPGA)とオフィシャルサプライヤー契約を結んでバストケアの啓発を行っていくと発表した。
同協会に所属するプロ、80名のフィッティングを行ったところ、プロでさえも機能性の高いスポーツブラを着用している人が少なかったという。

ゴルフに限らず、ヨガ、ウォーキング、トレッキング、ランニングと、多くの女性がスポーツを楽しむようになっているが、上に身に着けるものに比べて、下着には無頓着の人が少なくないようだ。
「CW−X コンディショニングストア」半蔵門店では、「CW−X」の販売だけではなくランナーのためにレンタルも行っているが、加えてスポーツブラをレンタルで試着し実際に走った人の多くが、その着け心地や機能性の良さを知り、多くの人が購入するという話を、以前、同店を取材した時に伺った。
つまりスポーツブラの良さを経験していない人がまだまだ多く、ある調査ではスポーツ時にスポーツブラを着用する比率はまだ3割だという。

ただ、スポーツブラを選ぼうとする時にいつも気になるのは、まだまだ選択肢が少ないこと。
サイズはもちろんのこと、肩ひもが調節できるアジャスト付のものが意外に少なく、私のような上背のある人にとっては、肩からバストトップまでの長さが限定されているタイプではバストの位置が合わず、運動中、ブラが上にずり上がってきて気になって仕方がなかったことも。
肩ひもアジャスト付きスポーツブラは、なぜかモールドカップが中心になっている。スポーツの種目によって求められる機能性が異なるし、バストの造形性をそれほど必要としない場合もあるだろう。

スポーツウエアの一番の基本、それは肌に密着しているインナーウエアであり、そこには不特定多数というターゲットはない。
 2010/10/15 22:07  この記事のURL  / 
女性の喜ぶギフトアイテム
ランジェリー売場に欠かせないのが、ギフトアイテムとしても重要な小物類。小さいものほど、作り手の命がどれだけ吹き込まれているかが一目瞭然でわかってしまう。

ランジェリーインポーター、パリスインターナショナルの展示会で目を引いたのが、イギリスからの新顔「Tallulah Love」。
軽やかなシルクのブラ&ショーツや、イニシャル入りのキュートなショーツやアイマスクなどを、アンティーク風のギフトボックスに入れて贈ることができる。
ギフトアイテムといっても、一枚物のブラだけでなく、ワイヤー入りのバルコネットタイプも得意。パイピングや小さなリボン飾りの配色など、隅ずみにデザイナーのこだわりがあらわれていて、1点物のアンティークのようにも見える。いかにもイギリスらしいブランドだ。

デザイナーのミッシェル・テイラーは、リテーラーやサプライヤーでの12年にわたるランジェリーデザイナーのキャリアを経て、今年、自分のブランドをデビューさせたばかりとか。
ブランディングやマーケティングのノウハウもさりげなく盛り込まれている。

50年代ヴィンテージスタイルの人気は来春も続いているが、その魅力は小物から。
ウェディングやバレンタイン、お誕生日のプレゼントに、こういうものを選ぶのはかなりおしゃれなセンスの持ち主に違いありません。


 2010/10/14 00:37  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2010年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード