Main | 2010年01月 »
F70のシンプルなブラ
いよいよ2009年も終わりを告げるカウントダウンが始まりました。
このあわただしい時に何ですが、「INNER通信」の新企画、一般ユーザーのこんなもの欲しい、あんなものあったらという声にお答えする、インナーウエアのQ&Aコーナーです。
悩み多きブラジャーだけでなく、ニットインナーやナイトウエア、ランジェリーの着こなし方、ヨガウエアやストッキングなど周辺アイテムまで、ランジェリーならどんな悩みにも、この武田尚子がお答えします。いや、努力します(汗)ので、画面右側の「問い合わせ」から質問をお寄せください。
「そういうものならうちが得意」と、各メーカーの方々にもふるってご協力いただけるとうれしいです(記事右下「この記事のURL」をクリックしていただいて、書き込みしてください)。

さて、その初回。時々、下着の話題になる友人のMさん(40代前半・美容サロン経営、セラピスト)から、次のようなリクエストが届きました。
Mさんは、アンダーバスト70でFカップのグラマーさん。ボディは細身なのに豊かなバストの女性というのは少なくないので、需要は多いはずですが、合うブラを探すと意外に少ないないようなのです。

【Q】
Mさん
サイズはF70。カップは小さくても深い(高い)方がフィットします。あったら嬉しいのは、カップに縫い目のないTシャツブラ(アウターにひびかないもの)&肩ひもが見えても大丈夫なブラ。スポーツブラも欲しいです。レースはついていないシンプルなデザインが好きですが、休日用にプリントのものは欲しいです。肌に優しい素材なら天然素材にはこだわりません。ワイヤーは入ってるほうが安心です。 
色は 焦げ茶や 落ち着いたパープル モスグリーン オリーブ 楽しい柄物 などだと嬉しいです。今持ってる物でサイズが合ってるものは、ベージュか黒なのでつまらないのです。
これらの条件を満たしている物で、手の届く値段だったらとっても嬉しいです。高くて1万2800円までですが、この値段ならしばらくは他のブラが買えなくなるので、もう少し安い方がうれしいです


【A】
Mさんの好みから判断すると、トリンプ・インターナショナル・ジャパンの「ヴァリゼール」ナチュレルシリーズ、またはヘインズブランズジャパンの「プレイテックス」が合うかと思いますが、いずれも現在のところはEカップまでしか展開していないようです。
カップに縫い目のないシームレスのモールドタイプで、大きなサイズを探すのはなかなか難しいですね。

私が実際に展示会を見ている中で、F70を展開している国内メーカーは、Mさんもフィットすると話していたワコール「サルート」や、スタディオファイブ。美光が百貨店向けに展開している「ヴィヴァルール」にも、(通常、Fカップはアンダー85以上になってしまうところ)シンプルなモールドシリーズならF70 があります(価格は6500円・7500円)。
インポート物にもMさんに合うものがあると思いますが、サイズ表示が国内と異なってくるので、プロフェッショナルなアドバイザーのいる店で実際にいろいろと試着して確かめてみるのがいいですね。

また、グラマーサイズ専門のランジェリー通販サイトも登場しています。
http://www.ruiglamourous.jp
ブラジャーの中心価格が3800円! この価格帯でこれだけのデザインバリエーションがあるのはすごい。
どちらかというと装飾的なかわいいデザインが中心ですが、レースのつかないプリント物もあります。
Mさんは、プッチ調の「ブリアンブラ」や水玉柄の「エルフブラ」が目に留まったようです。


        写真は、美光「ヴィヴァルール」(この商品は〜E70・F85〜)

続きを読む...
 2009/12/30 21:40  この記事のURL  / 
大人のナイトウエア
“A happy day… a happy night…”をコンセプトにする、ドイツのナイトウエアブランド「weiss(ヴァイス)」。デザイナーのCornelieから、早くも2010ウインターコレクションの写真が届いた。
来年1月23日から開催される「パリ国際ランジェリー展」で発表されるものだが、それより一足先に情報を送ってくれたというわけだ。

ハイクオリティなモダルライクラを中心に、シルエットのきれいなニット系ナイトウエア・ラウンジウエアを得意とするデザイナーブランド。
今、ルームウエア(ホームウエア)市場は世界的に注目を集めているが、本家本元の専門ブランドとしては、もう一度、寝るための心地良さに立ち戻り、着やすそうなアイテムをそろえている。
「ハッピーホーム」パンツと称したサルエルパンツや、組み合わせのきくレギンスなど、ボトムに変化が見られる他、ラップ型のTドレスやジャケット、ローブなどがエレガントでいい雰囲気。

おなじみの白、グレーに加えて、シャーベットトーンの優しいピンクがこのシーズンの顔。


私が個人的に普段愛用しているナイトウエアといえば、こういうロング丈のTドレス。ストンと着られて、寝ていてもごわごわしない。日本にはなかなかないんですよね、このタイプ。
色はシーズンカラーのナイトブルー。



話は飛躍しますが、国によって寝具もいろいろだってご存知ですか?
フランスやイタリアは毛布文化の国ですが、ドイツは日本と同じ布団文化の国。ホテルのベッドにも、毛布ではなく、羽毛布団がかけられています。
だから、ナイトウエアに求められるものも日本とドイツは何か共通点があるように思うのですが…。
 2009/12/25 19:06  この記事のURL  / 
2010春の顔「リボンブラ」
国内インナーウエア市場に多大な影響力を及ぼしてきたのが、毎シーズン繰り広げられる有力ナショナルブランドメーカーのキャンペーン。
今日のように市場が複合化し、多くのブランドや商品が存在している中でも、シーズンの顔であることには変わりない。

ワコールが2010SSの主力商品に打ち出しているのは、『朝の谷間、ながもち、リボンブラ。〈LALAN(ララン)〉』。
カップ下辺には、人気のリボンモチーフがあしらわれているが、これはただの装飾ではなく、胸の谷間を長時間キープするという仕掛けが隠されている。
優しく控えめなデザインは、服と合わせるうえで出番が多そう。

年明けから全国での販売が本格化する。


 2009/12/22 15:27  この記事のURL  / 
パリからクリスマスカード
パリ国際ランジェリー展の素材展(アンテルフィリエール)で長年お世話になっているプレスのエリザベスから、心あたたまるクリスマスカードがメールで届きました。
あまりにすてきなので、皆さんにもおすそ分け。

http://www.jacquielawson.com/viewcard.asp?code=2059849832076&source=jl999>
 2009/12/22 11:15  この記事のURL  / 
きらり光り続けるデザイナーブランド
婦人服と同様、大きな企業に属さずに独自の企画・販売姿勢を貫く、独立系のデザイナーブランドというジャンルが、ランジェリーにもある。百貨店や量販系小売店というより、個性豊かな各種ブティックにセレクトされていることが多い。

ヨーロッパやアメリカでは、ランジェリーデザイナーが自分のブランドを立ち上げることも珍しくないが、日本にはこういったブランドが本当に少なくなってしまった。
その中で、日本を代表する独立系デザイナーブランドの地位を地道に築いてきたのが、「ラ・ヴィ・ア・ドゥ」。
鈴木社長とデザイナーの松村さん、ご夫婦で創業して、既に23年。下着ビジネスにありがちな規模の拡大を狙わず、年3回の展示会を軸とする受注生産のスタイルで、クリエイティブなブランドの個性を打ち出している。すべて日本国内生産というのも希少。

今日と明日、展示会が開催されている。
ファッション好きの女性たちを刺激し続けてきた同ブランドだが、2010春物は、「下着っぽい」レース使いで新鮮さを。とはいえ、大げさなところのない軽やかさがこのブランドの持ち味だ。

上品なインケミカルレース。



ドビー入りスパンサテンに、スイス製チュールレース。


おなじみプリント物も、配色が絶妙。


コンビネゾンなど、ルームウエアもひと味違う(左・パイル、右・ワッフルプリント)。
 2009/12/21 18:51  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード