« 2011年10月14日 | Main | 2011年10月20日 »
ファッションウィーク その1
1980年代末期から見てきた東京コレクションも、近年はJFWと組織を変え、さらに2012春夏シーズンの今回は、「メルセデスベンツファッションウィーク東京」と、スポンサーの名を掲げて、多角的に開催されている。

郊外に住まいを移したために、招待状が来るのがとだえてしまったり(それ以上に寄稿する媒体がなくなったり)、また以前のように、都心で夜遅くにスタートするファッションショーに行くことは不可能になったが、昨日は東京へ出かけた折に、ショーや展示会など、いくつかの会場をまわった。

ギャラリーでの展示会デビューの時代から見ているのが「まとふ」。今回は、表参道にオープンした直営店を会場にコレクションを発表した。テーマは「映り」――。
日本の美意識をベースに、日本ならではの素材や物づくりにこだわり続けているブランドだ。

プレス・バイヤーの回はどうしても都合がつかず、一般顧客に混ざって拝見したのだが、同ブランドの服を実に上手に着こなした30代と見られるおしゃれな男女が目に付く。特に男性のコート姿が新鮮で、時代の変化を感じた。

当初からずっと作り続けている重ねのコートに象徴されるように、服作りに対する一貫し真摯な姿勢は見ていてすがすがしい。

 2011/10/19 22:30  この記事のURL  / 
トリンプの新しい歩み
トリンプ・インターナショナル・ジャパンの記者会見(2012春夏事業戦略発表会)。
来年、2012年度は「ブレイクスルー実現の年」として、ブラジャーのシェア拡大をはじめ、いくつかの戦略を掲げている。

商品戦略とは別に、印象的だったのが、オフィス移転の報告。
同社の日本上陸以来、長年慣れ親しんだ地を離れ、来年早々には築地のオフィスビルに移るという。
トリンプといえば平和島の東京流通センタービルだったから、感慨深い。

毎シーズンのキャンペーンをサポートするイメージガールも、20年目を迎え、来年度は初めて2名体制に。
事業戦略発表会では、日本では2シーズン目となる「シェイプセンセーション」を身につけて、発表に臨んだ。
 2011/10/19 00:26  この記事のURL  / 
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード