« 武田尚子メッセージ | Main | 海外ブランド »
今年の水着のトレンドは?
6月も終盤。本格的な梅雨に入り、何となく気分は晴れないが、子供時代を思い出して夏の楽しみを見つけてみたい。
“夏”というと、すぐイメージされるのは“海”。夏のライフスタイルに水着やビーチウエアは欠かせないのだが、バカンス文化の違い(それ以上に身体文化の違いかも)から、日本の水着市場は世界でも特殊であることは、昔も今も変わっていない。
ランジェリーと共に長年水着トレンドの変遷を見ている者としては、その情報をアウトプットする媒体や機会がほとんどないのは残念だ。

というわけで、せめてここで2017夏の水着トレンドをご紹介しよう。
来月には早くもパリ「モードシティ」展で来年2018年の水着トレンドが発表されるので、その前に。
イタリアはもとより、ヨーロッパや世界の多くのランジェリーメーカーが水着も展開しているので、両者のトレンドには多くの共通点があり、お互いに影響しあっている。もちろん水着専業も多数。
ファンデーションのモノづくりを基盤にしたナショナルブランドは体型補整機能の強みを持っているし、一方で独立系ブランドはそれぞれに個性的。着る人の体型や目的、シーンに応じて選択肢が幅広いのが特徴だ。

代表的なトレンドといえるものを以下セレクトしてみた。グラフィック感覚のデザインが増えているが、見た目だけではなく、どれも着心地がよさそう。

大きくクローズアップされていたのが“スポーツ”。ボディをカバー(プロテクト)するものが多い。全体的にカラフルで汎用性もあり、“アスレジャー”のトレンドに欠かせない。

婦人服市場ともクロスしているビーチウエア。まさに夏のライフスタイルを豊かにしてくれるものが充実している。今年は肩出しがポイントですね。

白やレースも人気。

未来的でモダンなテーマのファッションショー。体の躍動感が表現されていた。

 2017/06/26 10:32  この記事のURL  / 
プリントの可能性に期待
パリで開催される「2017モードシティ」の会期が数週間後に迫ってきた。
既にプレス向けに配布されている情報によると、今後のランジェリーの予測を見る上で欠かせないアンテルフィリエール(素材展)のイノベーションフォーラムのテーマは、“プリント”。
これまでエンブロイダリー、シルク、スポーツ、ウルトラライトと、インナーウエアの大きな方向性を提案してきたわけだが、今回はランジェリー、水着、スポーツエアに共通するものとして“プリント”がクローズアップされるということだ。

2017秋冬物の国内インナーウエアの展示会を見ると、プリントが特に増えているわけではないが、すっかり当たり前のように定着している。
その代表例を、ナショナルブランドの中からいくつか紹介しよう。

ワコールの主力商品「肌リフト」のトップスともボトム(ガードル)。たるみを引き上げたい部分には、昨年に引き続き花柄プリントが使われている。水着にも近い感覚

人気が拡大している新・快適系インナー「GOCOCHI」には、新たに袖付きタイプとプリントが登場していた

アクティブなシニアやミセス層向けのラウンジウエアとして発売されるウイングの「リズミックセンス」は、無地トップス×プリントボトムの多様な組みあわせが明るい印象

ブラジャー&ショーツやランジェリーにおいては、プリントとレースの融合がすっかり浸透している(トリンプ・インターナショナル・ジャパン「天使のブラ」)

 2017/06/21 12:12  この記事のURL  / 
世界共通のトレンド
ファッションとデザインの国内最大級の合同展示会として、17年の歳月を重ねてきた「ルームス」。
国立代々木競技場第一体育館での開催は今回の34回目で最後ということもあって、昨日、会場を駆け足で一巡りしてきた。今日18時まで開催中。

混沌としたファッション・デザイン市場をそのまま表したような複合的な構成はさらに進んでいる。
インナーウエアというカテゴリ―で見ても、これまでにいくつものブランドがここを通り過ぎていった。新人として登場して、今もがんばっているところもあるし、その後は行方知らずというのもある一方、ナショナルブランドの新たな挑戦もあった。

今回、会場に入って間もなくして目に飛び込んできたのは、都会でヨガをするシーンのビジュアルが象徴的に使われていた、心地よいコットンのリラックスウエア「cohan(コハン)」。繊維商社、豊島によるブランドだ。
従来からのウエアに加えて、今回はインナーウエアも充実させているという。

このムードは世界共通の今の時代の空気といっていい。
皆、疲れているのだろう。

 2017/02/17 16:38  この記事のURL  / 
次回パリ素材展トレンドテーマ
12月も中盤に入り、年明け1月の21日から開催される「パリ国際ランジェリー展」の情報が続々と届いています。
同展は2017秋冬シーズンのランジェリーコレクションですが、併設の素材展「アンテルフィリエール」ではその次の2018春夏シーズンの素材です。そのトレンドテーマをこっそりお伝えします。

1/ Floral Garden:
Flower and leaf motifs of every kind, from naive to romantic to pictorial. The key word: Eclecticism!

2/ Erotic Garden:
A bounty of exotic sensuality and rich oriental and paradisiacal symbolism The key word: Fantasy!

3/ Garden of the Mind:
Fully aware creativity going beyond natural fibres and durability concepts. Reinvent everyday life. The key word: Longevity!

4/ Techno Garden:
From the concert stage to the gym, have fun reinventing new rhythms for living. The key word: Innovation!



 2016/12/12 21:29  この記事のURL  / 
花いっぱいのシーズン
別の連載でも紹介したように、世の中全般、国内外問わず、いろいろなところで花がクローズアップされている。
日頃ガーデニングに親しんでいる者としても、花ほど心を癒してくれるものはないと実感している。

連載のランジェリーエクスプレスは海外の話題だったので、ここでは国内の話題を。2016−17秋冬物展示会で目についたものを紹介しよう。

“新・解放系アイテム”と銘打ったワコールの重点商品、「SUHADA」のボトム版、「SUHADA肌リフト」もメイン商品が花柄。

ワコールは、ワコールブランドよりもウイングブランドの方が花に囲まれている印象。その代表は、ベターゾーンの「レシアージュ」。“JAPON”をテーマに、フラワーアートユニット・プランティカとのコラボ。

ちなみに今シーズンの2016春夏は、押し花アーティストとのコラボだった。

「後ろ姿キレイブラ」も、ボタニカルをイメージして、すっきりナチュラルに花を表現している。

また、ワコールブランドからの量販店チャネルへのアプローチである「ラジェ」も、コーナー全体がお花で埋まっている。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの新ブランドは、その名も花にちなんだ「フロラーレ」(詳細は近日中に紹介します)。
ノーブラ気分の新しいブラの領域「スローギー・ゼロフィール」では、花柄プリントのバリエーションが追加された。

「ワンダーメイク」機能も「ジュエリング」バージョンでは、こんな甘い花が楽しめる。

プレステージゾーンになると、また花の表現も異なる。
ワコールの「スタディオファイブ」は装飾性たっぷり。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの「ヴァリゼール」は、クラシックな中にもモダンなエッセンスが光る。

さらに、花の種類別にグループを構成しているところも。
「ランジェリーク」(カドリールインターナショナル)は、1920年代のフランスをイメージした“ラ・ヴィ・アン・ローズ”を展示会全体のテーマにしていた。


 2016/05/17 13:29  この記事のURL  / 
| 次へ
プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード