« 懐かしの「ツェルマット」復活 | Main | 「朽ち果ててゆく花の美しさ」 »
「SUHADA」ブランディング強固に
2018春夏物展示会の大トリのように、今週はワコールの新製品展示会が開催された。チェーンストア(量販店)向けがベルサール・渋谷ガーデン、ワコールブランドが渋谷ヒカリエでと、前回に引き続き2か所の同時開催。
衣料品全体としては厳しい市況の中でも、オールワコール戦略としての構造改革が奏功し、堅調な動きを続けている同社。企業としてのヴィジョンと実際の商品企画のレベルの高さがバランスよく調和し、安定した強さを見せていた。

快適性へのニーズがより高まっているのに対応し、同社では“新・解放系”インナーが一つのジャンルとして既に確固たる地位を築いている。
主力の「SUHADA」ブランドがさらに強化され、来シーズンは新商品「SUHADA ONE(スハダワン)」が登場。ノンワイヤーでありながら、ブラ前中心に内蔵された新開発の小さな樹脂フレーム・マイクロフレームでバストを持ち上げ、フラットな設計の脇がからだにフィットする造りとなっている。
カップ部分はかなりしっかりめで、解放系というならもう少しソフトでもいいかなというのが個人的な感想だが、“新・解放系”インナーのワコールブランドにおけるもう一つの柱である「GOCOCi(ゴコチ)」との明確な違いを出すには必然性があるのかもしれない。

展示会場のメインに設置された「SUHADA」コーナーは、ボトムの「SUHADA 肌リフト」も含めて美しいビジュアルにまとまっていたのが印象的。
同社の強みである機能性だけではなく、エレガントなレース柄プリントをはじめ、見た目にも非常に洗練されたグループとなっている。



 2017/11/10 13:33  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード