« 優しさの追求を進める「フリープ」 | Main | 「3D-BRA」が生まれる場所 »
物作りへの“愛”こそが
この時期、ファッションビジネスの世界では中小多くの合同展が開かれている。
明日26日まで、北青山の紀伊国屋の入っているビル「Ao」2階で開催されているのが、「クリエーション・アムール」。通常のファッションビルの一角のオープンな雰囲気の中で展示会というのは新鮮な印象だ。

会場には、イタリアのオーガニックなオリーブオイルや日本のだし、テーブルウエアやアクセサリー、たわしに至るまで、まさにジャンルを超えて上質なライフスタイルにかかわるものが集められている。

主催者の花園真理子さんは、カイタックインターナショナル、シェビニオンガール、アモナヴィーと、インナーアパレルとも縁のあるところでデザイナーやディレクターを経験してきた人で、今はフリーランスのブランディングプランナー。

最高品質の肌触りの良いリネンで、寝具を中心にじわじわと顧客を増やしているという「グランフォンブラン」。ルームウエアの一環としてソフトなブラジャーも登場し、憧れの世界観がますます充実している。


その横にあったのが、「オットデザイン」のウールタイツ。婦人服ブランドによるウエアリングに欠かせないタイツで、微妙な色合いや適度なフィット感が持ち味だ。

リネンのインテリア製品に、ウールタイツ――。どちらもかつてはヨーロッパの専売特許のようなアイテムだったが、今やこういったクオリティの高い天然素材の製品が、日本ならではの繊細な物作りのもとで丁寧に作られ、日本ブランドとして登場しているのが感慨深い。
その背景にあるのは、作り手の愛情に他ならないだろう。
 2017/10/25 10:15  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード