« ヒップのたるみをどうにかしたい | Main | 新しい風感じた合同展 »
ATSUGIが元気
先週は、神奈川県海老名市にあるアツギ東京本社で開かれた、2018春夏物展示会に伺ってきた。シーズンテーマは、“ていねいに、きれいになる”。

同社の歴史を感じさせるその社屋であたたかく迎えていただく度に、日本の製造業の伝統と底力のようなものを感じる。特に今回は、好調な伸びを見せている同社インナー部がまた次のステップを踏み出したような、新しい取り組みが見られた。

近年の好調をリードしているのが、「クリアビューティ・アクティブ」。
幅広い年代のアクティブな女性を対象に、各種スポーツを楽しむためのインナーを、ファンデーション機能とトレンディなスタイルを特長に展開しているもので、全7ライン。ブラをはじめ、ボトムの選択肢が広いのにも注目したい。何より2000円前後という価格帯は、まとめ買いを促される。
最近は量販店インナー売り場での展開にとどまらず、ヨガフェスタ横浜といったイベントへの参加、ドラッグストアやコンビニ業態への拡販など、積極的な仕掛けを行っている。





次なる打ち出しとして目についたのは、アウターにひびかない基本的なアイテムを集めた「ヌードメイク」のブランドリニューアル。
ノンワイヤー、ソフトワイヤー、フリーカット、レースライン、同社らしい靴下編み機によるホールドフィットのシームレスといった各種ブラをはじめ、ボトム、肌着、ランジェリーも揃う。黒とスキンカラーに加え、エレガントなグレージュが効いて大人っぽくまとまっている。

さらに、アツギの真骨頂「ハイジュニ」も大幅にブランドリニューアル。
10歳から17歳のティーンズのライフスタイルをカバーするもので、特に部活や習い事に対応した「ハイジュニスポーツ」に力が入れられている。
大人顔負けの洗練されたデザイン、店頭POPに導入されるアニメイラストも効果的で好感がもてる。


スポーツというインナーウエアのグローバルトレンド。これが最も反映されているのは、日本の場合は百貨店や下着専門店ではなく、生活圏に最も近いところにあるこの量販店チャネルのようだ。

 2017/10/09 11:36  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード