« 「そげ胸対策」トークショー | Main | 「夢」あるロング丈のナイトウエア »
プリントなど素材変化満載
7月開催の「モードシティ」展(春夏物)は、1月の「パリ国際ランジェリー展」(秋冬物)とどこが違うか。
春夏シーズンに欠かせない水着やビーチウエアが半分を占めているというだけではなく、併設された素材展アンテルフィリエールが充実していることがあげられる。

今年1月に、木のパルプを原料とするセルロース繊維、「ナイア」で初出展を果たした米イーストマン社は、今回が二度目の出展となった。この半年で、テキスタイルメーカーやデザイナーとのパートナーシップの輪がさらに広がったようだ。
「新素材として、前回は糸の紹介に軸を置いていたが、今回はニット・布帛あわせて素材変化の豊富さを打ち出した」(マーケティング・イノベーション戦略ディレクター、Glenda W. Elio氏)と話していた。

同社はプリント開発にも力を入れており、イノベーションフォーラムのプリントのコーナーでは3Dプリントを訴求。
また、アンテルフィリエールのトレンドファーラムに掲げられていた、「エレン・ヘーザー」の巨大なプリントスクリーンは、「ナイア」の生地にデジタルプリントを施したものだ。


Elio氏の話では、ユニクロの製品にもテキスタイルメーカー経由で「ナイア」の糸が使われているらしく、日本ではその素材名(商標)は一般にはまだ馴染みはなくても、知らないうちに身に着けているのかもしれない。

 2017/08/28 21:23  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード