« パワーアップする「ブラデリス」 | Main | パリの「ハンロ」ショールーム訪問 »
異なるものをメランジェ
巷はお盆休みなので、ここでもほっと一息できる画像をお届けしたい。

「モードシティ」の会場の中でもこういうコーナーに出会うと、優しい気持ちになれる。
製品のトレンドを分かりやすく見せているトレンド&セレクションフォーラムのあるテーマにあった一角。テーブルの上には花のモチーフのアイテムが集められている。ランジェリーは1点のみ。

こういうふうに異なるアイテムをミックスさせる見せ方の手法は、実にフランスらしいと思う。フランスの雑誌などでもこういう編集の仕方は昔からよく見られる。

来年1月までパリで開催されている「ディオール展」においても、このフランスらしい「メランジェ」のゾーンがあった。
アイテムや時代の違いに関係なく、色別グルーピングでいろいろなものがギャラリー風に展示されていた場所。一つ一つ宝物のようなものがぎっしり。
モードの魅力がいっぱいで、おしゃれはやっぱりいいなと思わせてくれる。
この多様性こそモードそのものなのではないだろうか。


 2017/08/11 16:33  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード