« エスモード卒業の安居院さん | Main | パワーアップする「ブラデリス」 »
日本の技術が光るパワー切り替え素材
今回のモードシティ展では、出展者も日本から有力なメーカーの動きがあった。
製品では、都市型百貨店で固定ファンをつかんでいる「ランジェリーク」が出展3シーズン目であったのに加え、「プルミエ」も初出展。
そして素材アンテルフィリエール展の方では、常連各社に加えて、デジタルプリントの「ビスコテック」で知られるセーレン(福井で大正12年に会社設立)の初出展が注目された。

ちょうど昨年、上海アンテルフィリエールで同社を取材させていただいたのだが、中国市場は香港事務所を拠点に順調に成長しているとのこと。次のステップとして欧米市場への進出を狙い、今回のモードシティ初出展に挑んだものという。

一番力が入れられていたのは、ビスコテックス技術を駆使したインナー・スポーツ用機能素材「VISCOMAGIC(ビスコマジック)」。
一枚のフラットな生地に数種類のパワー切り替えができるというもので、丸編み素材でありながら柔らかいのが特徴だ。ヨーロッパの業界でも最近注目度が高まっている接着技術の進化版といえる。
繊維を溶かしながらプリントするという技術をパワーコントロールの切り替えに使うのは同社ならではのものだが、その良さは生地のみではなかなか伝わりにくいために、今回は大手商社との連携によって製品でわかりやすく紹介している。
このほか、丸編みフリーカット素材の「Flex Move(フレックスムーヴ)」ももう一つの柱となっていた。

最大の課題は、「グローバルな納期にいかに迅速に対応していくか」と話すのは、同社スポーツ・インナー事業部インナー販売課の塩田清太郎課長。

メイドインジャパンの物づくりの強みをこのように世界に発信している姿勢は、来場者であるファンデーションのプロたちの大いなる興味を引いたようだ。
ファンデーションとスポーツウエアが次なるものを求めているこの時期に、非常にタイムリーな出展だといっていい。
 2017/07/27 11:40  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード