« 3つのモード展覧会 | Main | 日本の技術が光るパワー切り替え素材 »
エスモード卒業の安居院さん
今回の「モードシティ」展の模様は少しずつお伝えしたいが、まずとても幸せな気持ちになったのが、素材展アンテルフィリエールでの“才能あるランジェリーの世界”と名付けられたコーナーだった。

パリ・エスモード校の今年の卒業生の4人の卒業作品が並んでいたが、その中に「TOMOKO AGUI(安居院智子さん)」の名前があった。

彼女が日本の大学でグラフィックデザインを学んで卒業するかしないかの頃、いずれにしても
パリにランジェリーを勉強しにいく決意をかためた頃にお会いする機会があったのだった。
その言葉通り、エスモードでの3年間を終え、今年卒業したばかり。
しかも、ランジェリー科の最優秀賞(major de promotion)をはじめ、シャンタル・トーマス賞(本人の前でプレゼン)、さらにトレンドオフィス賞(プリンセスタムタムの創業者妹であるValerie Delafosse で、有名ブランド複数のデザインを手掛けている)の3つの賞を獲得した。

卒業作品のテーマは、“おばあさんの家の裏庭で(Dans l’arriere-cour chez grand-mere)”。
そのテーマの情景が浮かび、懐かしさや愛おしさがこみあげてくるような作品だ。
自分でストーリーを作ってリサーチを行い、製作、そして審査会に至るまで1年を費やしたという。
「ダイナミックさはフランス人にかなわないので、日本人ならではの繊細さを完璧に表現したいと、細かいディテールまですべて手縫いでおこないました」と安居院さん。
20人のクラスに日本人は一人だったという。

この3年で自分が変わったと思うことは?と尋ねると、「感謝ですね。両親をはじめ私を支えてくれている周りへの感謝の気持ちが強くなった」と話してくれた。
その謙虚なひたむきさ、フレッシュさは、最初にお会いした4年前と少しも変わらない。
今後、彼女がどう活躍していくかが楽しみになってきた。




 2017/07/19 21:20  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード