« 今年の水着のトレンドは? | Main | イメージキャラクターもグローバルへ »
日本の女の歴史を
ブックディレクターとして活躍している幅允孝さんに、インタビューをしていただく機会があった。
幅さんと会話をすることによって、自分が望んでいたこと、求めていたことがはっきり見えてきたような気がする。
それは、私はやはり日本の女の歴史を書いていきたいということだ。

このINNER通信のように、時代の流れの中でランジェリーのトレンドがどう変化しているかを発信することを続けながらも、やはり私の興味の核にあるのは、モノよりヒト、そしてその歴史。
しかも個を普遍化させること、つまり個の積み重ねである歴史について探求していきたいのだ。特に日本の女が世代を超えて受け継いでいっているものを。

常に、下着やファッションの枠を超えたいと思ってきたが、下着というのは本来自由であって、ほかのいろいろなものとつながることができる。
私はやはり下着の文化的側面に惹かれるのだ。
下着でなくてもいいが、下着というフィルターは実におもしろい。
下着というフィルターを通して、社会や時代を見ていくという立ち位置をいただいていることはありがたいと思っている。



 2017/07/02 22:06  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード