« プリントの可能性に期待 | Main | 日本の女の歴史を »
今年の水着のトレンドは?
6月も終盤。本格的な梅雨に入り、何となく気分は晴れないが、子供時代を思い出して夏の楽しみを見つけてみたい。
“夏”というと、すぐイメージされるのは“海”。夏のライフスタイルに水着やビーチウエアは欠かせないのだが、バカンス文化の違い(それ以上に身体文化の違いかも)から、日本の水着市場は世界でも特殊であることは、昔も今も変わっていない。
ランジェリーと共に長年水着トレンドの変遷を見ている者としては、その情報をアウトプットする媒体や機会がほとんどないのは残念だ。

というわけで、せめてここで2017夏の水着トレンドをご紹介しよう。
来月には早くもパリ「モードシティ」展で来年2018年の水着トレンドが発表されるので、その前に。
イタリアはもとより、ヨーロッパや世界の多くのランジェリーメーカーが水着も展開しているので、両者のトレンドには多くの共通点があり、お互いに影響しあっている。もちろん水着専業も多数。
ファンデーションのモノづくりを基盤にしたナショナルブランドは体型補整機能の強みを持っているし、一方で独立系ブランドはそれぞれに個性的。着る人の体型や目的、シーンに応じて選択肢が幅広いのが特徴だ。

代表的なトレンドといえるものを以下セレクトしてみた。グラフィック感覚のデザインが増えているが、見た目だけではなく、どれも着心地がよさそう。

大きくクローズアップされていたのが“スポーツ”。ボディをカバー(プロテクト)するものが多い。全体的にカラフルで汎用性もあり、“アスレジャー”のトレンドに欠かせない。

婦人服市場ともクロスしているビーチウエア。まさに夏のライフスタイルを豊かにしてくれるものが充実している。今年は肩出しがポイントですね。

白やレースも人気。

未来的でモダンなテーマのファッションショー。体の躍動感が表現されていた。

 2017/06/26 10:32  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード