« ラウンジウエアでグランピング | Main | 今年の水着のトレンドは? »
プリントの可能性に期待
パリで開催される「2017モードシティ」の会期が数週間後に迫ってきた。
既にプレス向けに配布されている情報によると、今後のランジェリーの予測を見る上で欠かせないアンテルフィリエール(素材展)のイノベーションフォーラムのテーマは、“プリント”。
これまでエンブロイダリー、シルク、スポーツ、ウルトラライトと、インナーウエアの大きな方向性を提案してきたわけだが、今回はランジェリー、水着、スポーツエアに共通するものとして“プリント”がクローズアップされるということだ。

2017秋冬物の国内インナーウエアの展示会を見ると、プリントが特に増えているわけではないが、すっかり当たり前のように定着している。
その代表例を、ナショナルブランドの中からいくつか紹介しよう。

ワコールの主力商品「肌リフト」のトップスともボトム(ガードル)。たるみを引き上げたい部分には、昨年に引き続き花柄プリントが使われている。水着にも近い感覚

人気が拡大している新・快適系インナー「GOCOCHI」には、新たに袖付きタイプとプリントが登場していた

アクティブなシニアやミセス層向けのラウンジウエアとして発売されるウイングの「リズミックセンス」は、無地トップス×プリントボトムの多様な組みあわせが明るい印象

ブラジャー&ショーツやランジェリーにおいては、プリントとレースの融合がすっかり浸透している(トリンプ・インターナショナル・ジャパン「天使のブラ」)

 2017/06/21 12:12  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード