« エルメスの手しごと展 | Main | 海外で講師の初体験 »
「きめ細やかな桃源郷」を彷彿
来週から東京ファッションウイークとなるが、インナーウエアもいよいよ国内メーカーの2017秋冬物展示会がスタートした。

いつもの代官山ヒルサイドテラスを離れ、中目黒の撮影スタジオに会場を移した「ランジェリーク」。
会場に入ると、美術館に展示された彫刻のようなブライダルインナーのディスプレイが目を引いた。

ブライダルというセレモニーのスタイルもドレスそのものも、時代とともに変化しているのに対応し、同ブランドの母体であるカドリールニシダのノウハウを活かしながら、「ランジェリーク」ならではのテイストで対応したもの。
背中が大きく開いたドレスに合うビスチェなど、フィット性に優れたものを完成させるまでに時間を要したという。

2階にあがると、パリで既にお披露目された2017秋冬シーズンの新作を囲んで、多くの来場者でにぎわっていた。

今シーズンのイメージソースとなっているのは、19世紀イギリスの植物画家・マリアンヌ・ノースが体験した日本。
明治初期の横浜、東京、神戸、大阪、京都がそれぞれ5グループのMDに落とし込まれている。素材のセレクトやオリジナルのレース開発に始まり、デザイナーの稀有な感性がコレクション一つ一つに生きている。

デザイナーの有馬さんの視点を通した、その「きめ細やかな桃源郷」が、確かにそこに存在していた。

 2017/03/18 10:42  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード