« モード系中価格帯ブランド | Main | 年を取らないブランド »
ブラジルからの新しい風
Apex-Brasil(ブラジル輸出投資振興庁)主催の「ブラジルファッション展示会」をのぞいてきた。
ブラジルといえば、今年はオリンピックも開かれてより身近なものになり、アサイーなど食の分野では話題も少なくない。
今回のファッション展では、ビーチサンダルや新素材を使用したシューズ、ブラジル原産の素材を使ったアクセサリーなどと共に、ブラジルのファッションに欠かせないビーチウエアやランジェリーが並んでいた。

芥OPE(本社・愛知県豊田市)は、ブラジルと日本の両方の血をひく富沢チエコさん(写真左)が代表を務める会社。
社名と同じ主力のランジェリーブランド「HOPE」は、ブラジルで創業50年のメーカーで世界18か国の販売拠点、200の旗艦店を持つという。
もともとファンデーションの産地であることから、基本的な機能に忠実でありながら、下着に対する自由な文化が伝わってきた。

主力アイテムは、カラフルなモールドカップブラ(中価格帯)。

ランジェリーやコスメからリゾート地で映えるウエアの数々まで、バリエーション豊かな構成

 2016/11/27 10:45  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード