« ファッションウィーク その1 | Main | 市場に活気与えるインディーズ系 »
ファッションウィーク その2
海外組で強い印象を残したのが、合同展roomsLINKに出展していた「PROJECTO MENTAL(プロジェクトメンタル)」。

アンゴラ出身の若手デザイナー2人によるブランドで、アンゴラと同じ言語のポルトガルにショールームを持ち、ヨーロッパの都市で販売されている。
素材と縫製はイタリアだけあって、テーラリングの基本をおさえた質の高い物づくりとなっている。

アンゴラといえば、長い内戦の歴史を持つ国だが、その中で才能あるアーティストが生まれ、ファッションとアートの力で人々の渇きをいやそうという動きが生まれているという。
ブランドスタートから8年経つ「PROJECTO MENTAL」は、世界的なブランドへの成長の足がかりとして、東京を選んだ。
実は、前回のJFWへの参加を予定し、ちょうど東日本大震災の当日にはコンラッド東京の上層階で打ち合わせをしていたが、断念せざるを得なかったという経緯がある。

その惨状を身近に体験しながらも、今回改めて来日。
「日本の皆さんにハッピーな気持ちを伝えたい」と、今回は特に明るい色柄など、日本に向けたメッセージを込めたスタイルを集めている。
本当に、きれいな色にはパワーがある。

今回はメンズにしぼった紹介となったが、レディスも展開しているという。
現代的なアフリカのファッションコンセプトと、クラシカルでコンテンポラリーなヨーロッパのトレンドの融合。アフリカの「心」とヨーロッパのファッションの見事な調和――日本でもこの世界が好きな人は決して少なくないはずだ。

前回の〈その1〉でご紹介した「まとふ」は、日本の心と世界のファッション感覚の融合であるように、現代を生きる私たちには、この両面を兼ね備えたグローバルな感覚がなくてはならないものとなっている。
いいかえると、そういう文化性がある表現にしかもう惹かれなくなっているのだ。

中央の2人がデザイナー。Shunnoz Fiel(右) とTakasala Ma’at Nzinga(左)。左端はブランドのプレスオフィスを務めるHugo Tiburccio。




 2011/10/20 11:17  この記事のURL  / 

プロフィール
武田尚子(たけだなおこ)
ジャーナリスト・コーディネイター

ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。
ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。
また、セミナー講師やコンサルタント業務も行っている。
武田尚子プロフィール
リンク集
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ

http://apalog.com/inner/index1_0.rdf
アパレルウェブ
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード