« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
TOKYOの好きな場所5 MJ night @Trump Room!!
日曜日はリラックスするためにヨガをやっています。

恵比寿の先生のおうちで木々のこもれ日を見ながらリラックス・・



そのあと!

マイケルジャクソンナイトが TRUMPROOMで行われるというので

ヨガウェアーをバッグに入れたまま 直で渋谷に行きました。


あらためて マイケルの人気にびっくりです! 


普段はスノッブなイベントでいくTRUMPROOMですが、


今日は老若男女がみんな笑顔でおどっています!

マイケルのおそろいのTシャツスニーカーできたちびっ子軍団、


親子やら遠くからわざわざ来たおばちゃんおじちゃん・・・

マイケルそっくりさん





夕方4時からのイベントだったけど十分。。DJもみんなよかった。
今夜はロックウィズユーでした!






 2009/11/30 23:17  この記事のURL  / 


« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
Whats lux? 3- ラグジュアリーファッションの欲望
東京都現代美術館に ラグジュアリーファッションの欲望 

という激しいタイトルの展覧会を見に行きました。

少し中目黒から電車に乗って、さらに駅から12分くらい歩くという
不便さです。
一緒に行った男子らが疲れるからタクシーに乗りたいとつぶやいていましたが・・・

下町の商店街の方の親切な道案内でついた、
この美術館のスペースは大きい!まさに箱がラグジュアリーです。

展示はいきなり豪奢なマリーアントワネットの世界のコスチュームから始まり、
ラグジュアリーって何なのさ? を歴史を追って見せていきます。

着飾る、盛る、光らすの貴族ファッション
→そぎ落とす、洗練の20世紀へ
→冒険、ユニークさを追求の現代

というファッション背景の順番にあるけば 16世紀から今日のギャルソン、マルジェラからマークジェイコブス、VICTOR and ROLF の作品までが印象深く残る・・・すごくオーガナイズされたわかりやすい展示でした。


しかし・・静かな会場ですね。 
コレクションを無音で見ることに慣れていないからなんでしょうね。

それぞれの時代のコレクションの後ろに、こんな音楽が流れてきそう・・・などと
考えながら
二階のベトナムカフェで食べたコーヒーとおやつがおいしかった・・・
ミュージアムショップではギャルソンの小物が一杯販売されていました。

写真は わたしが見つけた秘密の東京のラグジュアリーミニスポットです。

1) 青山のモード地蔵 いつも新しい服を着ています。最近はFUR。


2) 代官山と渋谷の間に出現したミステリー畑


自分がラグジュアリーだと思うものをたのしめれば気分は十分満たされ・・・です。



 2009/11/28 08:28  この記事のURL  / 


« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
新宿伊勢丹のウィンドーは
いますごくファンタジックでいい感じです。
なんだか不思議の国のアリスみたいな・・・


この後近くでやっている

パイレーツロックという60年代後半の
英国の
最高にクールな違法ラジオ局を舞台にした映画を見ました。

新宿はめったに来ません。
伊勢丹と見たい映画があるときだけ・・・・

帰りにご飯食べるところがみつからなくて
うろうろしちゃいました。

質問:新宿のいけてるBARはどこでしょう?!



 2009/11/21 17:04  この記事のURL  / 


« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
Whats lux? 2 Damiani x Sharon Stone
シャロンストーンがDAMIANIでメンズのジュエリーをデザイン、
このコレクションをひっさげて!来日したシャロンが有楽町マリオンに登場。

シャロンストーン目当ての男性ファン?が会場にたくさん・・・

おもしろい!と思ったのは

男らしい、オ ト コ って感じのジュエリーを作りたかったの!

女が男に買ってあげる ダイヤモンド があってもいいじゃない・・・?

・・なんと すべてを手に入れた女性が男に贈る、ジュエリーなんですね。

土から掘り出したばっかり・・・という感じの磨かないラフなダイヤモンドや、
不景気を考えて、
シルバーも使って価格をおさえることもかんがえたのよ・・・

イエローゴールドは焼いて、いぶした感じを出してみたわ・・・

自然な不完全さを持った、セクシーな男性に贈ってあげたくなるようなコレクションでしょ。

光るレギンスの足を大胆に組み替えながら・・・語るシャロンは

強くて自信にあふれていました。


このジュエリー本当にどんな女性が買うのかな・・・絶対見てみたい・・・。


ジュエリーを作るきっかけになったのは彼女が長年たづさわってきた
米国AIDS研究財団、

そして数年間サポートしている
アフリカの人々に清潔な水を飲ませるために井戸を掘るプロジェクト
に資金を提供するため。

きれいな水を飲んだことがない人々がたくさんいるウガンダで
井戸を掘る手伝いをする、
すっぴん、ノーブラTシャツ、の彼女の姿
が映画でうつりました。男らしくて素敵でした。


写真は青山に出現した、ある秘密?の池の写真です。
フェンスに覆われ、立ち入り禁止になっています。


鳥があつまり、オアシスになっています。

埋められなければいいけどと思って
毎日横をとおっています・・・










 2009/11/21 08:04  この記事のURL  / 


« 2009年10月 | Main | 2009年12月 »
one night in Omotesando
Diorで点灯式!があるとのことでのぞきにいってきました。
クリスマスにむかって、ビル全体が赤きジュエリーボックスのように輝いて・・・

なんだか静かな式典でした。
コスメを赤いディスコティークに仕立てども
大人のセレブゲストたちはみんなチャンパン片手にゆっくりお話中・・・
クラシカルなかんじですね・・・

その中に黄色いJKのドンさん発見!


そのあとニューオープンのナイキに歩いていきました。
こっちはやんややんやのミートパッキング状態。
ポップコーンを片手にビール飲んで

かっこいいストリートキッズみたいな男女でごったがえし!
よくよく見れば有名なフォトグラファーとかちらちら・・

生ハムとメロンの味がするんだよ、と手渡してもらった
一気に飲める宇宙食みたいなおつまみ・・・
超フューチャリスティックです!


一緒につれてってくれたRYOTAさんありがとう。






 2009/11/14 13:26  この記事のURL  / 

| 次へ
プロフィール
里村 英恵 (さとむら はなえ)
東京生まれ。多摩美術大学卒。
バブル全盛期に西武百貨店に入社。
景気の波に乗って同社NY駐在部でのバイヤー研修をきっかけにNYファッションの虜に。
93年よりザギンザNYブランドを担当、DKNY ANNASUI、ジルスチュワートなど当時まだスターになる前のデザイナーを見つけるのがとても楽しいバイヤー時代を過ごす。エポカ ザ ショップチーフバイヤー、バーバリージャパンMDマネージャーを経て現在はフリーのコンサルタント。
Diane Von Furstenberg の日本での業務展開、ファッション記事の執筆などをこなしながら、最近は嶋田ちあき氏の指導のもとメークアップアーティストのライセンス修得したのちシドニーに移住。
ビューティーとファッションを通して楽しくいきるためのヒントを追求中。

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/hanaesatomura/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード