« シドニーミステリーツアー笑 Newtown の紫禁城に潜入! | Main | Fashion shooting for Nichigo- Press!喧噪のGeorge Street にて。 »
シドニーのクリーニング代は高い!なので。。。
MY DETERGENT SUNDAY
....Perfect day for washing clothes and cleaning the house today.
No time to go to beach for me. Got some Japanese "stylish clothes detergent "( it says so on the package) to wash sensitive garments.
and then went to Victoria Basement in Artermon and got lots of detergent to clean the house , and no time to clean the house as I got too tired in Chatswood too much food shopping afterwards.
豪州のクリーニング代はメッチャ高いんです。
知らないでDVFのワンピースを三枚クリーニングに出したら105ドルでした。
それからわたしは洗えない服は着るのをやめて、
おしゃれな服は時々しか着ないで
半年ごと、日本に持って帰ってクリーニングしてたもんね、アホみたい!
しかし前回日本帰ったときにデザイナー横森美奈子先生に
デリケート素材のお洗濯の仕方を(こんなことはアパレル業界の人間にとっては、常識だそうですが、なんと、私は知らなかったです!)丁寧に教えていただきまして、
それからは、恐れないで、気に入った服を洗うようにしております.
今日は暑くてビーチとかに行くのが良いんでしょうけど、そんな時間はもったいなくって、日頃たまっていた高級素材の服を日本から持って帰ってきたおしゃれ洗いで洗いまくりました.
面白いくらいに汚れが落ち、一寸シルクとかは潤いを失っちゃったかね感も有りますが、たんすでカビ生やしているより、洗って清潔に、あきるまで着倒した方が服にとっても良いでしょう!
そして洗いまくって、一息ついてたら
近所の友達元気に登場、
彼女のでっかいJEEPにのってアターモンのVICTORIA BASEMENTやら、
チャッツのスーパーにて
マンモスショッピング。。。つっても家の掃除の洗剤やら韓国食材とか
肉ををがんがんかったんだけどね。
も〜今週はタンスと家を綺麗にして、
幸運を呼び込みます!
ビーチに行くのは家が綺麗になったらだね...
きゅっきゅ〜🔥

 2015/02/08 20:17  この記事のURL  / 


プロフィール
里村 英恵 (さとむら はなえ)
東京生まれ。多摩美術大学卒。
バブル全盛期に西武百貨店に入社。
景気の波に乗って同社NY駐在部でのバイヤー研修をきっかけにNYファッションの虜に。
93年よりザギンザNYブランドを担当、DKNY ANNASUI、ジルスチュワートなど当時まだスターになる前のデザイナーを見つけるのがとても楽しいバイヤー時代を過ごす。エポカ ザ ショップチーフバイヤー、バーバリージャパンMDマネージャーを経て現在はフリーのコンサルタント。
Diane Von Furstenberg の日本での業務展開、ファッション記事の執筆などをこなしながら、最近は嶋田ちあき氏の指導のもとメークアップアーティストのライセンス修得したのちシドニーに移住。
ビューティーとファッションを通して楽しくいきるためのヒントを追求中。

カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
更新順ブログ一覧

http://apalog.com/hanaesatomura/index1_0.rdf
リンク集
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパログ携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード