« 2015年02月 | Main | 2015年04月 »
アミューズメントパークだってVMD
お疲れ様です 深澤です。

今日は某大手アミューズメントパークで行ったVMD提案の事例をご紹介します。

ご依頼の内容は こんな感じのクレーンゲーム器の周辺や見え方を



何とか改善したというご依頼・・・・

クレーゲーム・・・・うーーーん

ゲーム器の商品が大きかったり サイズが揃っていたり

沢山利用できたりするとなんとかなるんですが・・・・・・・

それが難しい状況

お客様からは もっと若い女性のイメージを前面に出したいという要望

ということで先ずはゲーム機上部に ステージとクレーン型のディスプレイを設置↓




さらにここからステージの空きスペースが寂しいので、

女の子イメージの装飾を施していきます。

ステージを作った分、設置する装飾品は格安に100円均一も利用し

あまりお金が掛からぬようにすると↓



こんな感じに

盛り盛りの賑やかなイメージで!!っていうことですから

吹き出しPOPも沢山付けつつ





楽しい現場でした!!


ではでは
 2015/03/24 17:12  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
VMDの理をもっと追求しなくては
3月も沢山のご依頼 お問い合わせを頂きありがとうございます。

久々のVMDブログ投稿ではありますが 最後までよろしくお願い致します。

昨日 テレビを付けっ放したまま別の作業をしている際に

こんな言葉が耳に飛び込んできました

『料理の理は理論の理』

誰が言ったのか、どんな番組であったのか?

それも分からないのですが

味覚という感覚的なことだからこそ、疑ってかかる

だから 徹底的に理を積み上げていくこと

それは食材や味だけではなく、食事をする人の口の構造や

行動力学・脳科学まで徹底的に突き詰めた上で味のロジックを納得のいくものに仕上げていく。

そのような内容だったと記憶しております。

売場作り VMDに関して僕は何処までできているだろうか?そんなことを考えると

少し耳に入ってきただけの内容ですが、今になってもその言葉が耳から離れません。

商品の魅力を引き出し、お客様を惹き付けることでモノが売れる

これを常に再現していく為の 理の部分

物を売るための売場作りのロジック  提案のロジック 計画・展開のロジック 
売場で起こる顧客の脳・心理・行動のロジック

 『色んな角度から徹底的に理を積み上げる、そして成功の再現性を完璧なモノにする』

これが僕らの仕事なんですよね。

そう考えると

やはり、よくある売場のビフォー&アフターの画像や、他人が作った売場画像を並べて

『きれいになったでしょ?みやすくなったでしょ?』『あれはダメ ここはVMDをやっている』

なんて、なんの根拠も感じない曖昧な言葉で

その効果をお客様に示さぬよう 

これからも精進してまいります。

ではでは





 2015/03/21 21:45  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード