« 2014年07月 | Main | 2014年09月 »
台湾でMD・VMDの打ち合わせ中です
台湾のお客様先にて打ち合わせを行っております。

日本がコントロールをしてるブランドのVMDでのお仕事なんですが

ブランドのイメージ価格とローカルでの実性販売価格感の差や

商品のデザイン性 色の使い方など 日本お提案と現地の要望について

お互いの意見を出し合い幅広く今後の展開について議論しています。

現地での出店マーケットの戦略の弱さが、議論に大きく結びついてしまうのですが、

店舗数を増やしローカライズさせて行くことが正解なのか?

それとも、あくまでブランドの持つイメージをブラさず、コストから適正な価格を積み上げた上で

プライスラインに沿ったマーケットで戦って行くのか?

日本がコントロールするブランドとその価値の提供コントロール方法というのは

これが正解!! ここがお手本!!・・・・というような絶対的な強さを保有している企業がまだまだ少ないんですよね。。。。。。 

私的にはVMDに関しては一切のブレなく全ての国で提案方法を共通化していきたいのですが

中々そういう訳にはいかないようです。

これからを考えて行くと、これも非常に良い議論の場であり経験だと実感しております。

明日は香港に向かいます!!

ではでは


 2014/08/30 12:54  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
夏休みの課題
学生さん達は夏休みも後半戦

考えたくはないが、目の前には夏休みの課題が満載

現実逃避したくなる残りの日々・・・・・・

私も学生時代は、そんな夏休みを送っていたんですが、、、、

それは現在も・・・



自宅のリビングにまで持ち込んだ書類の山々

盆休みも結局は、出張中に出来なかった

企画・報告書の数々によって消えてしまいました・・・・・

まぁ〜この時間もこれからの血と肉になればいいか〜と割り切って頑張ります。

ではでは
 2014/08/18 10:00  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
伝えていること、伝わっていること
お疲れ様です 深澤です。
 
夏休みの私の課題という分けでもないのですが

先月まで集中して行っていた某化粧品メーカーのVMD研修会に参加して頂いた

150店舗の方々の研修事後課題の評価に取りかかっております。

この事後課題を見て行くと、出席者の方々が研修でお伝えした4時間の内容を

どの程度理解しているかを把握し、今後のステップアップとコントロールの仕方を

考える指標となるのですが、多くの方が非常に売場作りに興味を持ち

主体的に『売れる売場作り』を模索して頂けている状況であると考えます。

しかしながら、伝えていること伝わっていることには多少なりとも

ヒューリスティックや認知バイアスと言われる個人の

『適切な情報を無視し、現状の方法を正しいと思い込む傾向』
『個人的な主観によって伝えた内容とは異なる解釈にはしる傾向』
『不適切な情報に影響される傾向』

などが 取り組んで頂いた売場の写真の事実から数件見て取れます。

これは 感情的面や認知的な面から集団の中では必ず起こることなのですが

やはりこのような現状を少しでも起こさない為にも

1)目で見せ
2)耳で聞かせ
3)目の前でやってみせ
4)やらせてみせ
5)評価して
6)今一度 事実を共有し
7)さらにやって見せる

時間は掛かるのかもしれませんが、

こんな取り組みのメニューを効率的に研修やトレーニングの中に入れて行かなければ行けないということを実感しております。

また これは研修やトレーニングに関することだけでなく

店頭販売の際の接客や店頭SPツールの作成にも言えることで

現在企画している家電系の販売ツールのアイディアにも活かさなくてならないと考えております。

手間がかかることではありますが、事実とは異なる解釈や認知を起こさないことと

折角 時間やお金を掛けることですから

効果を追い求めると言う点で非常に重要なことだと考えております。


まだまだ 暑い日が続いて参りますが

日中の平均気温が28度を下回る日が一日でも訪れると

人の体は自然に秋の支度を体内でスタートさせ始めます。

今年も残暑は厳しいと考えられますが、一日一日の変化を敏感に感じて

過ごして行きたいものですね・・・ではでは



 2014/08/11 08:36  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
身の回りにおこるコトに関する安いモノ
先日 家電系商材のプロモーションプランを企画する仕事の一環で

埼玉県内あるショッピングモールに行ってまいりました。

3年程前に開業した物件だったと思うのですが

開業時には、目新しさやそれなりの感度もあったように記憶しておるのですが

先日伺った時には

あれれれれっれっという感じで

鮮度や感度は薄れ、商品量と価格が最優先的な、

いわゆる何処にでもある地方のショッピングモールになり下っていました。

このように書くと否定的な意見として受け止められる方がいらっしゃるかもしれませんが

そうではなく

結局 ショッピングモール自体の役割が

新しい・珍しい・希少性がるモノ・コトを

身近なコトに定着させる

安いモノにする

そして、品種の幅を増やし誰にでも選びやすくする

っていう3つの役割をもった業態なんだと改めて実感しました。

ただ、これがお客様に求められての活路なのか

それとも売る為の努力が足りなかった為に、店が生き残る

一番簡単な活路の答えとして、そうなって行ったのかは

店舗とそれを運営する人の考え方次第ですよね。

ではでは






 2014/08/01 08:38  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード