« 2013年06月 | Main | 2013年08月 »
バタバタと・・・
今日から中国における

日本国内のブランドの展示会施行&企画MD内容説明の仕事にいってきます。

色々バタバタとしていて

どうも本調子になれない7月ですが

8月に向けてしっかりと成功させてきたいと思っております。

ではでは


 2013/07/23 08:28  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
隙間をぬってニヤける仕事


秋の立ち上がり準備 14SS展示会準備の隙間をぬって

8月のホビーショーの打ち合わせ!!

本場アメリカや国産の専門メーカーから日々届く商品は

並べるだけでテンションが上がります。

この画像の車体なんかは このサイズで時速100キロくらいで走りますから

相当なスピードですよ!!



今日の目玉は 届いたばかりの


空撮専用の大型ヘリ

展示ブースの仕掛けを考えるだけで、今からニヤけてしまいます。

是非 東京ホビーショー来場下さいね!!

ではでは
 2013/07/22 22:31  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
知覚リスク
〜 人は得よりも損に敏感である 〜

最近、消費者が『お買い得』よりも、

買い物をする時点では、『如何に損しないか?』の方に敏感になっているという

『損失回避性』についてよく語られています。

また そのような商品行動の基となる考えや信念を

知覚リスクともいうのですが

いま まさに盛り上がりに欠けているSALE

そして、そのSALE商品なんて まさに知覚リスクの固まりのようなモノなんです。

まだ 価格が下がるかもしれないから、今買ったら損するかもしれない

せっかく安くしても、お客様にすると余計に損失を恐れる金銭的なリスクが高まったり、

在庫が沢山積まれているという事は、皆が受け入れがたいトレンドの商品であり

来年は着れないかもしれないというリスクや、着ていった先での恥ずかしい

思いをする社会的なリスクが生まれるかもしれない・・・・・


はたまた、返品交換が出来なければサイズや、コーディネートの心配なんていう機能的なリスクもあります・・・・

そう考えると お値引き 激安  格安  お得  お買い得  奉仕品  お値頃 etc

購入する事で、お客様が、お得になれる!!

売り手が本当にそう思ってかどうかは別にしても

そんなフレーズだけで 大々的にSALE商品を販売したり

SALE開催のタイミングをヤイヤイと論じているだけでは

お客様の『損失回避性』と知覚リスクは増すばかりだよな〜と思うのです。

皆さんも 損失回避性高まってませんか?

因みに私は じっくり検討して損失回避をしようとは思っていますが

目の前に 欲しいモノが並ぶと・・・・どうも我慢が出来ないようです、昭和世代ですね

ではでは






 2013/07/16 16:54  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
空撮
お疲れ様です 深澤です。

7月 8月 9月はルーティンのVMD業務の他に毎年 展示会のデザイン・施行・展示ディレクションをさせて頂くのですが

今年はDJI社の空撮ヘリコプターの展示ブーズに力を入れています。

この数年 ラジコンヘリの敷居がぐっと低くなり かなり低価格でも楽しめる

トイラジコンのヘリコプターが売れに売れまくっていますが

DJI社のヘリに関してはアメリカ ドイツでもかなり人気が高く

月間2000機以上を販売しているそうなんです。

この機体の特徴は 本格的なカメラが搭載出来る事と

操作性能(簡単さ)の高さ、また操縦鵜不能になった際には

自動飛行に切り替わり、無事に元の場所に帰還させる事が出来る事です。
*(サイトに投稿された動画を試しに見て下さいね)

日本でも今年から販売を開始したんですが、もうこの数ヶ月間で月間200機以上が売れており

現在は予約のみ受付となっています。

今年のホビーショウの注目の的となりそうですね。

*(アッ ホビーショウといっても おもちゃの方のショウですよ。)

さて そんなブースのコンセプトですが

とにかくブース内で機体を飛ばさなくてならない事と

海外のユーザーから投稿される この機体で撮影された動画をどのように見せて

『飛ばす・撮影する』 この2つの臨場感と扱いの簡単さをアピールして行くか・・・・

ここが我々の腕の見せ所です。

昨年は食品系の展示会ブースデザインでグッドデザインブース大賞も頂きましたので

今年もがんばろうと思っております。

大人も子供も楽しめる 9月に開催の東京ホビーショー

DJIブースを是非お見逃し無く!!

DON'T MISS IT ! !

ではでは


 2013/07/15 09:17  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
意外性と一貫性
新店舗を企画して行く際に必要なのは

意外性と一貫性この2つだと思っております。

意外性に関しては

既存客・新客共に驚きを提供しこれまでの繋がり方から、これかの繋がり方を期待させる

意外性を創造、提供して行く事が必要だという意味です。

器は新しくなっても驚きの無い店舗に魅力は感じませんし

ましてや現在 取り損ねている新客を獲得するなんて出来る訳がありません。

当たり前の事だと思うのですが、これまでの成功体験や

今、現在のメインとなっている顧客やこれに関連する諸事情が、あるかと思いますが

今一度 新店を作る意味と目的を思い返し

新しい驚きを作り出しましょう。

ポイントは、分かっていても、これまでやってこなかった

それを実行する事だと思います。


一貫性に関しては

店舗のコンセプトや主旨にそって一貫性を持った店舗にすべきか

そうではなく、

売り上を向上させるという事を最優先に一貫性を貫くのか?

このどちらかに現場のTOPに立つ方が明確な意志を伝える事にあります。

これがないと開店後に、顧客と店舗のマッチング修正を行う際にブレが生まれ

ハードは新しくなったが半年で
元の木阿弥になってしまう

こんなことが発生します。

どんな店舗でも、開店後に修正・改善は必要な事です。

この 修正改善時に向かう方向をぶれさせない為にも

どこに主軸をおいて、一貫性を持つのか?

貫く為の一言を暈さぬことですね。

秋に向けて新規出店や改装を控えているかも多いかと思います

是非参考にして下さい

ではでは





 2013/07/10 09:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード