« 2012年03月 | Main | 2012年05月 »
お客様を誘惑する仕掛け
一緒にお仕事をさせて頂いた

海外ブランドのVMDマニュアルや売場のレギュレーションを見ていると

必ず出てくる言葉があります。

『お客様を誘惑する売場を作ること』

この『誘惑』  allurements temptationという単語が必ず出てきます。

日本のVMDマニュアルにはあまり出てこない表現だと思います。

今日は午後から某アクセサリーブランドの社長さんと一緒に都内・横浜の売場を見て廻っていたんですが

ふと、この『誘惑』という言葉のことを思い出しました。

GW前 さらに給料日前ということも重なって

どこを見て廻っても新規開店した施設以外は閑散とした状況だったのですが

それ以上に 売場の仕掛けを見ていくと

『誘惑』出来ていない。

もっと分かりやすく言うと

売れそうな商品・売れている商品が直ぐに分かる仕掛けは、各社殆どの店舗の店頭で力を入れているのが分かったのですが

お客様に欲しくなってもらう仕掛け まさに『お客様を商品で誘惑する仕掛け』にはなってないように思えるんです・・・・・・


アイテムでもテーマでも無く あと一押し  VMDで表現するシズル感

売場で表現するファッションのシズル感

ここなんだよね〜〜ここをどう表現するかが売場が、商品が『お客様を誘惑する』に繋がるんだと感じます。
 
如何でしょうか?

誘惑出来てますか?

ただ、売れているアイテム  何となくの季節テーマに乗っけただけのMD提案になってませんか?

ぼくも偉そうなことばかり言ってはいられませんから

明日の現場から創意工夫です!!

ではでは
 2012/04/24 22:10  この記事のURL  /  コメント(1)  / トラックバック(0)
通販サイトからのメルマガ
この土曜日・日曜日 これまでに無いくらいに
各種通販サイトからのメルマガが届いている!!

僕自身はそんなにWEBの通販は利用しないんですが
結構な数のメルマガが届いている。

金曜日にTシャツの通販サイトのミィーティングに参加したんですが
売上は落ちてはいないんですが、広告料はガンガンに上がっている状態。

実店舗同様に全体での客数が減少しているんでしょうね。


考え方は色々ですが、
お客様の動向は遅れている訳でも
前倒しになっている訳でもなく

少なくなっているっていう事実をしっかり受け入れて
仕掛けを考えないと、あっというまにシーズンは終わりを告げそうですね。
 2012/04/22 20:33  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
正しいコト
業界の常識や正しいと思われていることだけを積み上げていくと

いつしか不安感や不足感と一緒に

つまらないという感情が生まれる。

勿論 新しいことや、変わったことをしたいという思いだけで こんな話をしている訳ではありません。

ベタなことを続ける もしくはベタなことの大切さも十分わかっているのですが
正しい事とベタは別物で

ベタを現場で行われるセオリー

正しいコトというのが、机上で実践を知らずにモノを言う人たちの理論と位置づけるなら

業界内の常識 定石 正しいと言われていることに

違和感を感じることが多くなった・・・・年取ったのかな?
 2012/04/18 16:37  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
もっと外から中を
昨日は原宿・渋谷でのお仕事の後

〜現状の日本のアパレル業界を見る〜をテーマに

渋谷・台場など新規開業の施設を『ファッションは昔から好きだがアパレル業界は意外に体質が古くて全く興味が無い』という

某遊戯系企業の部長さんと数人の飲食関係の社長さん達と

視察させて頂きました。

東急プラザ・台場等、話題の施設を見て廻ったのですが

私は特に何か魂を揺さぶられるような『うぉ――!!』という感動も無かったので

コメントは差し控えますが

他の業界の方々が口にしていたのは

飲食系の方々は

『皿を変えて同じメニューを色んな店で食べさせられてる感じだね』
『どの店舗も商品を見せて買うという、基本的なベクトルに変化が無いから驚きが無い』など

遊戯系の方は

『一人のお客様の来店頻度が高くなる仕掛けが少ないよね』
『可処分所得の低いお客様がずっと長くいられる仕掛けが少ない』など

それぞれの業界の視点で私にとっても耳の痛い話を沢山聞くことが出来ました。

帰りについでと言ってはなんなんですが

東京駅に出来た東京お菓子ランドによってみたんですが

皮肉にもココが一番盛り上がってましたね



揚げたての 『じゃがりこ』



これには今日一番ときめかされました。

店の中だけに居るのも業界の中だけに居るのも、規模が違うだけで同じようなコトなんだと思うのですが

どうしても中からの視点だけで考えていると、外の変化や、外からの視点を掴めなくなってしまいますし

逆に、外から見ているだけでは中の苦労や事情を知らぬままに

言いたいことだけを行ってしまう結果に陥ります。

MD・VMDの関係にも似ていますが

中から外を、そして外から中を見て、来店されるお客様が何に驚き、ときめき、そして購入するという

評価を与えて下さるのかをもっともっと考えなくてはなりませんよね。

今日の様な別の分野でお客様から評価を頂いている方々と

中を見るっていうこと改めて大切だと感じました。


ではでは
 2012/04/18 09:21  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
書ける時に書いとけという感じで
以前にも一度取り上げた韓国の駅中広告です。





これが日本に出来てきたら、もう何所でも店舗になりますよね。

最近デジタル表示の自動販売機はよく見るようになりましたが

ここまでのモノはまだ日本にはありませんよね。

生鮮食品まで購入できるんですが

便利というよりも、純粋に見ているだけで楽しいですよね。

昨日は新しい機能ベネフィットの良い例の話でしたが

今日のこれは、僕的には情緒ベネフィットととして

楽しいと思える買い物の新しいカタチだと思います。

商品じゃなくて、買うっていうコトに関しては 便利だ楽だ早いだ・・なんだという機能よりも

どうせ同じ金額を支払うなら、楽しいと思えるカタチとして世の中に提案してほしいですよね。





 2012/04/15 23:01  この記事のURL  /  コメント(0)  / トラックバック(0)
| 次へ
リンク集
プロフィール
深澤 智浩(ふかさわ ともひろ)
大学卒業後、大手SPA企業にてヘッドトレーナーとしてVMD戦略に携わる。2003年、VMD TOTAL SUPPORT OFFICE 深澤企画設立 。 現在、複数のカジュアルブランドの店舗運営のサポートとVMD業務に携わる傍ら、生鮮食料品の店舗ビジュアルも手掛ける。年間、深澤企画として100店舗以上のVMDクリニックを行っている。

深澤企画.NET
更新順ブログ一覧
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
T-hara
ONE (2012年03月13日)
ヤマ
ブレない答え (2011年11月23日)
Ruby
富士登山 (2011年09月01日)
VMD深澤
トリコロール (2011年07月27日)
りん
トリコロール (2011年07月26日)
mochi
自ら考えて行動する売場作り (2011年07月21日)
Yuko Shigenaga
復興支援TEE (2011年07月02日)
最新トラックバック
島 耕作メンバー (2008年04月02日)
めがねブログ (2006年06月10日)
月別アーカイブ

http://apalog.com/fukasawa/index1_0.rdf
QRコード
アパレル業界の情報満載の「アパレル携帯版」
右のQRコードで読み取ってアクセスしてください。こちらからも自分の携帯URLを送れます。 QRコード